玉ねぎを食べ過ぎるとリスクはあるの?

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎを食べ過ぎると?

玉ねぎは基本的に副作用のあるような野菜ではありません。

ですから玉ねぎを食べ過ぎることで健康を害する心配はありません。

ただ玉ねぎに限らず、どんな食べ物でも偏食は体を壊す元になります。

ですから玉ねぎだけを食べ続けるのは止めておきましょう。

また玉ねぎの薬効成分を享受するには生のまま食べると良いといいますが、生玉ねぎを食べることで胸焼けを起こしてしまう人がいるようです。

これは玉ねぎに含まれる硫化アリルやアリシンが消化酵素の分泌を過剰にして胸焼けを起こしてしまうようです。

生玉ねぎが食べられないという人はこれらの成分が体質的に合わないのかもしれません。

玉ねぎに熱を加えると辛味が消え、甘味が出てくるのは硫化アリルなどの硫化化合物が熱に弱いからなのです。

ですから生玉ねぎを食べて胸焼けがするという人は加熱調理した方が良いかもしれません。

加熱調理することで硫化アリルなどの辛味成分がメルカプタンという成分に変性するので食べやすくなります。

それから玉ねぎを食べ過ぎた場合のリスクをもう一つ、それは体臭がきつくなるという点です。

特に生で玉ねぎを食べる場合は食べ過ぎに注意した方が良いかもしれません。

玉ねぎはにんにくと同じユリ科の植物であり、臭いの原因は硫化アリルとされています。

硫化アリルは酸化すると強烈な臭いを発するので、食べ過ぎには注意しましょう。

さて生玉ねぎには血液サラサラ効果がありますが、臭いや胸焼けといった副作用があるのも困ったものです。

そこで生玉ねぎの栄養成分を摂取し、かつ臭いや胸焼けを防げないものでしょうか。

それには玉ねぎ茶や玉ねぎサプリメントを活用するという方法があります。

これらは玉ねぎを皮ごと使用しているものであれば効果も期待できますし、何より気になる副作用が無いのも嬉しい点です。

玉ねぎで胃もたれするのは何故?

玉ねぎを生で食べると辛味が強いですが、これは玉ねぎに含まれる硫化アリル(アリイン)と呼ばれる成分が原因です。

強い殺菌力を持ち、植物の中にはこういった成分を持つことで害虫や細菌から身を守っているものがあります。

一般的に玉ねぎや長ネギ、にんにく、にら、ラッキョウなどは硫化アリル(アリイン)を持つとされ、強い辛味が特徴的な食べ物です。

硫化アリル(アリイン)は体内の酵素によってアリシンという成分が作られ、血液中の脂質(コレステロール)の増加抑制、血栓の生成予防にも役立つとされています。

同時に強い殺菌力によって細菌や寄生虫を駆除したり、ビタミンB1の働きを促進して疲労回復に効果があります。

このように硫化アリルは人体にとって有益な働きをする一方で、強過ぎる効能ゆえ人体を傷つけてしまうこともあります。

例えば玉ねぎを切ると涙が出たり鼻がツーンとしますが、これは硫化アリルが揮発して目や鼻の粘膜を刺激しているからです。

同時に硫化アリルは胃腸の粘膜も刺激する可能性があるので、胃腸が弱っていると胃壁や腸壁に強い刺激を与えてしまうことがあり、胃もたれや腹痛を引き起こすことがあります。

特に生のまま玉ねぎを食べるとこのような症状が出ることがあります。

お腹が張ったり、げっぷの量が増えるのも玉ねぎの副作用かもしれません。

胃腸が弱っていたり、体質的に硫化アリルを受け付けない人も稀にいるようですから、そのような方は生のまま玉ねぎを食べない方が良いかもしれませんね。

あるいは普段何ともない人も、玉ねぎを生のまま過剰に摂取すると胃腸などの消化器官に負担を与えてしまいますから、気を付けてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*