玉ねぎで元気になる?夏バテ予防におすすめレシピ

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎで男性ホルモンが増える?

更年期障害は女性だけの悩みではなく、男性にも起こりうるのをご存じでしょうか。

男性の場合は女性ホルモンではなく、男性ホルモンの減少によって更年期障害になりますが、20代を過ぎると男性ホルモンは徐々に減少していきます。

男性ホルモンは別名テストステロンと呼ばれ、不足すると体に色んな不調が出てくるようになります。

男性ホルモンは筋肉を発達させたり、男らしさを引き出すホルモンです。

別名モテフェロモンとも呼ばれますが、女性を引き付けるホルモンでもあります。

しかし男性ホルモンは何も男性だけに分泌されるわけではありません。

男性ホルモンは女性も持っているもので、人間の心身を正常な状態に保つ重要な役割を持っています。

ですから男性ホルモンが不足すると骨や筋肉が衰えたり、肥満になりやすくなるようです。

というのも男性ホルモンが低下すると内臓脂肪が付きやすくなり、メタボリックシンドロームのリスクも高めるようです。

ですから同時に高血糖や高血圧のリスクも高めることになります。

また最近の研究では男性ホルモンの不足によってやる気が低下し、うつ症状を引き起こしやすくなることも分かっています。

最近疲れやすい、気分がぱっとしない、やる気が出ないという人はもしかしたら男性ホルモンが不足しているのかもしれません。

放っておくと動脈硬化や心筋梗塞、脳こうそくの原因ともなりえます。

さて、そんな男性ホルモン、別名テストステロンの分泌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

一番大切なことは生活習慣の改善です。

睡眠時間を十分取ることでテストステロンの分泌が増えることが分かっています。

反対に睡眠時間が慢性的に短い人はテストステロン値が低いという研究結果も出ています。

ですから如何に睡眠が大事かお分かりいただけるでしょう。

それからテストステロンの値を高めるには玉ねぎなどのネギ類も有効と言われています。

何故玉ねぎがテストステロンの分泌を促すかといえば、その秘密は玉ねぎの成分にあります。

玉ねぎには硫化アリル、アリインといった成分が含まれているのですが、これらの成分がテストステロンの生成を促すようです。

男性ホルモンが多すぎると髪の毛が薄くなる、体毛が濃くなるなどマイナスなイメージをお持ちの方が多いですが、健康にとって大事なホルモンであることはお分かりでしょう。

男性ホルモンの減少をストップさせるためにも、睡眠時間の確保と玉ねぎの摂取が必要です。

夏バテ予防に玉ねぎを食べよう

あなたは夏バテしたことがあるでしょうか。

夏バテは体の疲労が取れなくてだるい、食欲が無い、熱っぽい、目まいや立ちくらみがするなど、症状は人によってさまざまです。

夏は暑くて湿気の高い日が続きますから、体は体温を調整しようといつも以上に体力を消耗します。

体の中から水分がどんどんと排泄されますし、それに加えて食欲が低下する人が多く、エネルギーが不足してしまうというわけです。

夏バテを予防するには食事や水分補給が大切なのですが、冷たいうどんやおそばばかり食べていませんか?

冷たい食べ物や飲み物は胃腸を冷やしてしまいますから、消化機能を低下させてしまいます。

また炭水化物は人間のエネルギー源ですから、炭水化物の摂取はとても大事です。

しかし炭水化物だけを摂取していても、体内でエネルギーに変換されませんから、炭水化物を効率的にエネルギーに変えるためにビタミンB1やB2を摂取するのです。

特に夏場はたくさん汗をかきますが、ビタミンB群は水に溶けやすいため、汗をかくとどんどんと体外へ逃げていってしまいます。

ですから夏は普段よりビタミンB群が不足しやすく、夏バテしてしまうのです。

ではどうすれば良いか、ビタミンB1やB2を多く含む食品、つまり豚肉やうなぎ、豆腐や枝豆を普段よりたくさん食べれば良いのです。

さらにこれらの食べ物と一緒に、玉ねぎを食べると、ビタミンB群の吸収をさらに高めると言われます。

豚肉と玉ねぎって本当に相性が良く、よく一緒に調理されますね。

味の相性もあることながら、栄養面からも豚肉と玉根の相性はよく、非常に理にかなった料理といえます。

普段から夏バテしやすいという人は特に、玉ねぎを食べて疲れを吹き飛ばしましょう。

玉ねぎを生で食べるなら鰹のたたき

玉ねぎは加熱すると一定の栄養分が失われてしまいます。

そのため生で玉ねぎを食べた方が良いのですが、生の玉ねぎと相性の良い食材が鰹です。

鰹の旬は夏というイメージがありますが、正確には初夏と初秋が旬の時期となります。

初夏に出回る鰹は初鰹、初秋に出回る鰹が戻り鰹といい、どちらも鰹を美味しく召し上がれる時期といえます。

どちらかといえば、初鰹は脂身が少なくあっさりしていて、戻り鰹は脂がのっているという印象を受けます。

ですので、戻り鰹はどうしても初鰹よりカロリーが高めになってしまいます。

夏場はどうしても食欲が減退してしまいますから、鰹のたたきに玉ねぎを添え、ポン酢をかけて食べると、食欲も増進され、あっさり食べられるのでおすすめです。

鰹はマグロ同様、運動量が多く、身が引き締まっているので、良質なたんぱく質を補給するにはおすすめの食材です。

またカツオの血合いにはビタミンB1やB2、B6、B12といったビタミンB群が豊富に含まれています。

ですからビタミンB群の吸収率を高める玉ねぎが非常に相性が良いのです。

またカツオのたたきにはにんにくを乗せると思いますが、にんにくと一緒に食べることで臭みが気になりませんし、玉ねぎ同様に硫化アリルがビタミンB1の吸収を促進するので、こちらも相性抜群です。

かつおをそのまま捌ける人はそんなにいないと思いますから、かつおのたたきのパックを買ってくれば良いと思います。

玉ねぎはスライスにするなど薄切りにして、かつおのたたきと一緒にお皿に乗せ、ポン酢をかければ完成です。

なお玉ねぎは水にさらすと栄養価が落ちるので、空気に10分、20分触れさせるだけで辛味は抜けます。

またカツオには、にんにくやショウガを刻んで乗せるとさらに美味しさも栄養価もアップします。

鰹にはアンセリンというアミノ酸やタウリンが含まれており、疲労回復効果が抜群にありますし、抗酸化作用もありますから、玉ねぎと一緒に食べることでアンチエイジングしたい方にもおすすめの食材となるのです。

なお加齢臭が気になる人にごぼう茶がおすすめです。

最近枕が親父臭いと思う、あるいは言われた経験のある方はごぼう茶をお試しください。

もやしだけじゃない!玉ねぎを入れてナムルを作る

皆さんは焼き肉店などに行くとナムルを食べることがあると思います。

絶妙な塩加減とごま油の香りが食欲をそそり、お酒も進みますので、おつまみとしても最高です。

ナムルと聞くと、もやしを思い浮かべると思いますが、もやしだけではなく、玉ねぎも入れると食感も様変わりして、味にアクセントが付き、栄養価もアップします。

作り方は簡単、玉ねぎをスライスして、もやしを茹でるときに一緒に玉ねぎも茹で、もやしと一緒にたれに混ぜ合わせるだけです。

たれの作り方はごま油とにんにく、塩、白ごまを混ぜるだけです。

それぞれの比率ですが、もやし1袋に対して、ごま油と白ごまはたっぷり大匙1杯、塩とにんにくは味を見ながら適量入れていきます。

目安としては、塩は小さじ1杯、にんにくは1片をすり潰すか、チューブを1cm程出していれれば良いでしょう。

後は茹でたもやしと玉ねぎとたれを混ぜ合わせるだけです。

玉ねぎはシャキシャキ感を残すために、1分程茹でればOKです。

もやすはお好みですが、2,3分茹でれば生ではなくなりますし、丁度良い食感になります。

もやし自体は低カロリーですし、100gで10kcalくらいしかありません。

ナムルにしても50,60kcal程度でしょう。

玉ねぎを入れても100kcal前後かと思います。

昔からもやしっ子と言われるように、もやしは水分ばっかりで栄養価が無い、と思われますが、そんなことはありません。

カルシウムや食物繊維、カリウム、ビタミンCなんかも含まれていますし、スタミナが付くアスパラギン酸も含まれており、疲労回復効果も見込めます。

ちなみに大豆もやしは普通のもやしよりもカロリーが高めですが、栄養価もその分高いです。

用途に合わせて選んでください。なお疲労回復には高麗人参もおすすめです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*