楽天で売れているスピードクーラージェルマットの口コミ

氷
Pocket

スピードクーラーの口コミを徹底分析

モダンデコさんの販売しているSPEED COOLER(スピードクーラー)という商品をご存じでしょうか。

冷却ジェルマットなのですが、塩化カルシウム6水和物という相変恒温素材を使っており、温度が上昇せず常に冷たい状態を維持してくれます。

 

30度で結晶化と水溶化を繰り返す、塩の特性を生かしたジェルマットで、吸熱と放熱を繰り返し、触れた瞬間だけでなく、長時間ひんやり感が続きます。

楽天でも売れているようですが、実際のところ寝心地はどうなのでしょうか。

スピードクーラーの特徴

スピードクーラーの冷却効果は確かに本物で、寝ころんだ瞬間から体の熱をスーッと瞬間冷却してくれます。

しかも電気も冷蔵庫も不要で、長時間体が触れていても温度が上昇することなく、ひんやり感が持続します。

 

一般的な冷感寝具より確かに冷たいですし、火照った体を冷やし、夏の暑さによる寝苦しさを軽減してくれるでしょう。

昔からよくある冷却ジェルマットは時間が経つと温度が上昇して、マットに触れている部分に熱がこもるという欠点がありました。

 

その上ジェルを包んでいる素材が防水性に優れているため、汗をかいても吸ってくれませんから、かえって寝苦しくなります。

しかしその点、スピードクーラーは温度が上昇しないため、ずっとひんやり感が続きます。

 

ジェルをくるんでいる素材はもちろん汗を吸ってくれませんが、そもそも汗をかきにくいので、蒸れにくいというわけです。

これも塩を原料とした、相変恒温素材のおかげなのでしょう。

 

さらにジェルが偏りにくいよう分割縫製になっていますし、汗をかいても水洗いが可能です。

カバーに防水性の高いポリ塩化ビニール100%を使っているため、ちょっとした汚れなら濡れたタオルでさっと拭けばきれいになります。

 

タオルを敷けば寝心地も快適

スピードクーラーはそのままジェルマットの上にも寝ることも可能です。

ただ硬いので寝心地が悪いのと、人によっては冷たすぎると感じることもあります。

 

寒すぎて風邪を引いてしまったり、腰が痛くなるという人もいるかもしれません。

その場合、タオルを上に敷けば冷たさも和らぎますし、寝心地も柔らかくなります。

 

汗をかきやすいという人はタオルが汗をしっかり吸ってくれるので、蒸れ対策にもなるでしょう。

またジェルが入っている分ずっしり重いので、畳んだりしまったりするのが大変です。

 

スピードクーラーの実際の口コミ

ではスピードクーラーを実際に使っている人の口コミを見てみましょう。

まずは評判の良い口コミからです。

 

ホントにヒンヤリで気持ち良く眠る事が出来て迷いに迷って購入を考えていたのでもっと早く購入すればよかったと思いました。冷感敷きパットとは段違い。

8月中旬の日本中が猛暑の中、岐阜も午後8時で30度を超える気温でしたが、ひんやりとした製品であり、この製品によって寝付くまで快適な時間を過ごせました(小生の部屋にはクーラーが設置されていません)。

エアコンの効いた部屋に数時間おいたあと、布団に敷いて横になったところ、予想以上にひんやり!!でした。何年か前にジェルマットを購入したことがありますが、ここまで冷たくなかったような・・・進化しているんですね~扇風機を併用すると少し寒いくらいでした。

冷え感の持続力は驚くほど長いので寒過ぎwwwと思うくらいです。他社の製品だと常に冷えている場所を求めてしまう事がありましたが、この製品は温かさを求めてしまうくらいの衝撃の冷えごこちです。

 

口コミを見てもひんやり感は確かになるようです。

冷感敷きパッドとは段違い、少し寒いくらいという口コミもあるようで、冷たくないということはなさそうです。

次に少ないですが、悪い口コミもありましたので、参考にしてみてください。

 

汚れないように自分でカバーを作ったところ、1枚ならまだ冷えますが、その上にさらにタオルなどを敷くと冷たさはあまり感じません。

ひんやりが気持ちいいですが、朝方冷えで目覚めるほどでした。

とっても 涼しいです! ただ 凄い重たくて(笑)ビックリ どっしりって感じです。

最初はおーっかなり冷えてる!と思いましたが、やはりエアコンのない部屋では厳しいと思います。

以前、購入した物と比べるとかなり薄手。最初はいいが、すぐに温まる。

商品が届くのは早く、商品自体も熱をとってくれて気持ち良いですが、固まりができるのが早いのでそれは気になりますね。

 

このように悪い口コミも少ないですが、ありました。

カバーやタオルを敷いている人もいるようですが、敷きすぎると冷たさがなくなってしまうようです。

 

また冷たいのは最初だけ、固まりができる、ずっしり重い、エアコンがないと厳しいという口コミもありました。

そんなに冷たくないと感じている人もいるようですね。

 

もちろん個人差はありますので、みな満足しているわけではないようですが、冷たいと感じる人は多いようです。

価格もそんなに高くないので、一度買ってみても良いと思います。

 

特に暑がりと自負している人は、満足できる可能性が高いのではないでしょうか。

エアコンや扇風機では電気代が気になるし、身体に悪そうと感じている人は重宝するかもしれません。

 

シングルサイズはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:3990円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)

 

 

ダブルサイズはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:5990円(税込、送料無料) (2018/3/30時点)

 

 

失敗しない冷感寝具の選び方という記事も参考にしてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*