シミや色素沈着ができる原因と対策

ニキビ
Pocket

シミ・色素沈着はなぜできる?

シミ・色素沈着は何故出来るのでしょうか。

よく紫外線を浴びるとシミができる、メラニン色素が影響しているというのはよくききますね。

若い頃はできないのに、年をとるとなぜシミができてしまうのでしょうか。

シミにも種類がある?

しみと一口に言っても、その種類はいくつもあるのをご存じですか。

それぞれシミができる原因も違いますから、まずはシミの種類について理解すると良いでしょう。

 

まず多くの方がしみと認識しているものは「老人性色素斑」と呼ばれるもので、紫外線などの影響でメラニン色素が沈着して出来るものです。

若い頃は日焼けをしても、ターンオーバーによってメラニン色素が排出されるので、シミにはなりませんが、加齢とともにターンオーバーが滞るようになると、シミが出来てきます。

 

日光を浴びることが多い人は早くて20代後半ぐらいからこのシミが出来てくるようです。

初期の段階であれば、美白化粧品で薄くすることも出来ますし、レーザーで除去することも可能です。

 

次に肝斑と呼ばれるシミですが、こちらは頬骨周辺などに左右対称に出来るシミで、妊娠や閉経とともに出来る女性が多いようです。

男性よりも女性に出来ることから、女性ホルモンが影響していると考えられます。

 

老人性色素斑とよく似ていますが、レーザー治療で除去することが難しく、かえって悪化させることもあるので注意してください。

それから雀卵斑と呼ばれるシミは、俗にいうそばかすのことで、遺伝的要因が強いとされています。

 

先天的なものなので完全に除去することが出来ず、レーザーで除去しても再発する可能性があります。

他にも炎症性色素沈着と呼ばれるものは、皮膚が傷つくことで一時的に出来るシミで、時間の経過とともに消えていきます。

 

こちらは美白化粧品で薄くすることも出来ますし、ピーリングで除去することも可能です。

他にも脂漏性角化症や花弁状色素斑と呼ばれるシミもありますが、それぞれ発症する原因が異なりますし、シミを消す方法も異なります。

 

まずは自分のシミがどのタイプに当てはまるか判断し、適切な処置を施さないと効果がないばかりか、悪化する危険すらあります。

必ず独断で判断せず、病院で受診すると良いでしょう。

 

シミができる仕組み

皮膚は表皮と真皮から出来ていますが、シミや色素沈着の原因であるメラニン色素を生成するのは、皮膚の表皮にあるメラノサイトという色素細胞です。

よく紫外線を浴びると、シミや色素沈着が起きやすいといいますが、これは紫外線によって、メラノサイト内でメラニン色素が作られるためです。

 

本体メラニン色素は、紫外線から皮膚を守るために生成されるのですが、新陳代謝の機能が低下していくと、メラニン色素がいつまでも表皮に残ってしまうために、シミ、色素沈着となってしまうのです。

通常新陳代謝は28日周期で古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるようなサイクルを作り出しています。

 

新しい細胞が出来ると、古い細胞はアカとして、体外へ排出されていくのです。

ですから、メラニン色素が出来ても慌てる必要はなく、皮膚の代謝が良好であれば、シミや色素沈着を引き起こすことがありません。

 

若いころに日焼けをしても、シミや色素沈着に悩まされることはなかったでしょうが、年を取ると代謝機能が衰えていきます。

また紫外線を長期間浴び続けると、皮膚の再生能力が低下するため、ターンオーバーが正常に行われなくなる危険性もあるでしょう。

 

メラニン色素は紫外線だけでなく、タバコやストレスによって、体内に活性酸素が多量に作られることによって、メラノサイトが刺激を受けることでも生成されていきます。

メラニン色素が多量に生成されないようにする、かつメラニンの排出を遅らせるような生活習慣を心がける必要があるでしょう。

 

アトピー性皮膚炎の改善方法にも生活習慣の見直しが紹介されています。

またごぼう茶を飲むと代謝が向上するので、ごぼう茶は肌荒れに効果があるようです。

一度試してみると良いでしょう。

 

ストレスでシミができる?

シミは紫外線などの外的要因ではなく、ストレスが溜まるなど内的な要因によってホルモンバランスが乱れると、シミが出来ることがあります。

ストレスが過剰に溜まると、自律神経が正常に働かなくなり、ホルモン分泌が正常に行われなくなります。

 

ホルモンの中には代謝に関係しているものもあり、新陳代謝が遅れると肌トラブルの元になると言われます。

さらには紫外線を受けることで発生する活性酸素は、ストレスによってもたくさん発生するのです。

 

年をとるとシミやシワが増えるのは、活性酸素を除去する力が弱まったことが原因です。

いくら若い方でも過剰にストレスを受けると、活性酸素が許容範囲を超え、シミやシワ、肌トラブルを引き起こします。

 

活性酸素は体内に酸素が取り込まれると、酸化して発生するものですが、細菌など身体に有害な物質を攻撃してくれます。

しかし過剰に増えた活性酸素は身体に有害なものだけでなく、健常な細胞まで攻撃してしまうことがあります。

 

同様にシミの原因とされるメラニン色素も紫外線などの外部刺激に対抗するために生成されるものですが、過剰に生成されると、シミを作り出してしまいます。

活性酸素は肌を健康に保つコラーゲンをも破壊してしまうので、ターンオーバーを妨げることに繋がります。

 

活性酸素はストレス以外にもタバコでも発生します。

健康的な生活に気を付けて、活性酸素を増やしすぎないように注意しましょう。

 

また玉ねぎがシミ対策に効果があるのはご存じでしょうか。

玉ねぎの抗酸化作用でアンチエイジングはこちらをご覧ください。

 

シミを防ぐ対策法ってあるの?

シミ対策としては紫外線に浴びないことは大切です。

日差しの強い日は日傘や衣類でガードする、日焼け止めクリームなどを塗って御出掛するなどの対策も効果はあるでしょう。

 

しかし全く日光を避けてしまうことはお肌の健康を害するばかりか、刺激に弱いお肌になってしまうのも事実です。

シミの出来にくいお肌になるには、新陳代謝を活性化させることが重要です。

 

デトックスという言葉を聞いたことがあるでしょうが、体に溜まった毒素や老廃物を適切に排出していると、体の循環が円滑に行われるため、代謝も活発になります。

一番手軽にできる代謝の活性化のための方法は半身浴です。

 

半身浴は胸より下の部分だけをお湯につかる入浴法ですが、心臓に負担をかけず、体を温めて血流をよくしてくれる効果があります。

ぬるめのお湯に長時間浸かることがポイントですが、これによって代謝が活発になり、皮膚に溜まったシミを体外へ排出することが出来るようになります。

 

新陳代謝が活性化すると、シミや皺の改善だけでなく、美容や美肌、健康にも有効とされています。

また美肌のためには栄養バランスの良い食事を心がけることも重要です。

 

特にビタミン類は、メラニン色素の生成を抑えたり、皮膚の水分を保持して、潤いと弾力を与えてくれます。

また血行を改善して新陳代謝を高めたり、女性ホルモンの分泌を促したり、活性酸素の発生を防ぎ、老化防止にも繋がります。

 

それから根本的な話ですが、日々の健康管理と規則正しい生活はシミ対策としては有効です。

美白効果のある化粧品には、抗酸化作用やビタミン類も配合された商品がありますから、色々試してみてください。

 

特に女性は男性よりも皮膚が薄く、シミや皺が出来やすいので、化粧品でスキンケアすることは重要です。

 

UVケアで紫外線対策

やはり紫外線対策はシミを作らない上で大切です。

紫外線が美肌の大敵とは誰しも知っていることでしょう。

 

紫外線の怖さはそれがお肌の老化を早める点にあります。

紫外線を浴びるとお肌の内部でメラニン色素が作られます。

 

排泄が上手くいっていれば、メラニン色素に怯える必要はありませんが、年を取ると代謝力が衰えるので、それがシミの原因になります。

また紫外線の恐ろしさはメラニン色素だけではありません。

 

紫外線はお肌の奥、真皮にまで到達してコラーゲンを傷つけることもあります。

コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つ上で欠かせない成分ですから、コラーゲンが傷ついたり、減少するとシミやたるみの原因にもなります。

 

ですから紫外線対策をすることは、5年後、10年後の肌質を大きく変えることに繋がります。

日差しの強い日は紫外線を浴びていることを否が応でも感じますが、紫外線の怖いところは暑さやまぶしさを感じないところにあります。

 

燦々と晴れていない日や曇りの日でも、長袖の洋服を着ていても、日蔭や部屋の中にいても、私たちの肌は紫外線を浴びているのです。

油断していると、ある日突然お肌の老化を引き起こすことになります。

 

紫外線対策には日焼け止め化粧品でUVケアすることが大切です。

日焼け止め化粧品の表示を確認すると、「SPF」や「PA」という表示をご覧いただけると思います。

 

どちらも数値が高い、あるいは+の数が多い程、紫外線をカットする効果が高いことを意味します。

両者の違いは紫外線のA波をカットするのか、B波をカットするかの違いです。

 

A波とB波はどちらもお肌の老化の原因になりますから、UVケアにおいてはどちらもカットする必要があります。

数値の高いものほど紫外線のカット効果は確かに高いのですが、逆にお肌への負担になることもあります。

 

また使用感の良さかたジェルタイプやローションタイプの日焼け止めが人気ですが、こちらは紫外線吸収剤がたくさん入っていることがあるので注意が必要です。

紫外線吸収剤はお肌の上で紫外線を化学変化させることで紫外線の影響を和らげるものですが、お肌にとって刺激になることがあります。

 

ですからなるべく紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶと良いでしょう。

また日焼け止めを塗ったら、上からパウダーファンデーションを塗ることも紫外線対策になります。

 

ファンデーションに含まれる色粉は紫外線散乱剤と似ており、紫外線を跳ね返す効果があります。

ですから日焼け止めの上に塗ることでUVカット効果が高まります。

 

紫外線は日々浴びている量がわずかでも、蓄積されるとシミやシワの原因になります。

日々紫外線対策を講じるようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*