コーヒーやたばこ嗜好品が抜け毛に及ぼす影響とは

煙草
Pocket

抜け毛とタバコ、コーヒーの関係

タバコは人体にとって有害な煙を発生させます。

健康に悪影響を与えるとわかっていて吸っている人は多いものです。

 

一方でコーヒーはどうでしょうか。

コーヒーはポリフェノールが入っているので健康に良いという意見もあります。

 

コーヒーとタバコ、ともに嗜好品ですが抜け毛に与える影響はあるのでしょうか。

煙草が抜け毛に与える影響

タバコは頭皮環境にも影響を与え、抜け毛を引き起こすと言われています。

抜け毛の原因は頭皮や毛根に十分な栄養や酸素が行き届いてないことが考えられます。

 

いくら食事に気を使い、サプリメントなどで栄養補給しても、喫煙が栄養の運搬を阻害するのです。

何故ならタバコに含まれるニコチンは神経に作用し、血管を収縮させると言われます。

 

当然血行も悪くなりますし、肝臓にも負担をかけます。

毛根は毛細血管とつながっているので、毛細血管が収縮すると必要な栄養が届けられませんね。

 

さらにタバコはビタミンを大量に消費します。

ビタミンは美容成分の一つですが、頭皮環境を整え、細胞分裂を促して毛髪を成長させる作用があります。

 

健康な頭皮と毛髪の維持、成長にはビタミンは欠かせないのですが、タバコ数本で一日に必要なビタミンはほぼ奪われてしまうでしょう。

最近髪の毛が細くなってきたという方や、髪のパサつきが気になるという方は、髪に十分な栄養が行き届いていない可能性が高いです。

 

タバコを吸っていてもいいことは何一つありませんので、今すぐ禁煙しましょう。

禁煙で薄毛が治る可能性は十分あります。

 

しかし急にタバコを止めることの方がストレスという人もいます。

禁煙によってストレスが溜まり、かえって抜け毛を進行させてしまうかもしれません。

 

その場合、少しづつでも良いのでタバコの本数を減らすなどしてみてはいかがでしょうか。

抜け毛が改善するなど成果が見られれば、タバコを止めるモチベーションも上がるかもしれませんね。

 

コーヒーが抜け毛に与える影響

コンビニがコーヒーの販売を始めて大ヒットしましたが、コーヒーがお好きな方は多いと思います。

私もコーヒーが好きで一日2,3杯は飲んでいます。

 

ネット上にはコーヒーは抜け毛を増やすとか、逆に抜け毛を減らすなど正反対の意見が飛び交っていますが、実際はどうなのでしょうか。

抜け毛を減らすという説の根拠は、コーヒーのクロロゲン酸というポリフェノールが血行を良くするから、栄養や酸素が頭皮まで円滑に運搬され、当然髪の毛の発育にも良いというものです。

 

それだけではありません。

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインには利尿作用があります。

 

男性が禿る原因の一つにAGA(男性型脱毛症)というものがありますが、AGAの原因の一つにジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモン物質による影響があります。

男性の中にはこのホルモンが分泌されるために毛が抜けてしまうという人がいるようです。

 

遺伝による影響もありますが、全てが解明されているわけではありません。

しかしこのジヒドロテストステロンはカフェインの利尿作用によって体外へ排出されることが分かっています。

 

そのためコーヒーを飲むことでAGAの原因物質であるホルモンが排出されるため、抜け毛のリスクを減らすことが出来るというわけです。

一方でコーヒーが抜け毛を加速させるという説の根拠はこうです。

 

カフェインには覚醒作用があり、摂取しすぎると睡眠障害を引き起こすことがあります。

人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、睡眠の質が低下すると当然髪の毛の発育には良くないということです。

 

それだけではありません。

髪の毛が生成されるには毛母細胞を活性化させる亜鉛が必要なのですが、コーヒーに含まれるタンニンには亜鉛の吸収を阻害する働きがあるようです。

 

いくら亜鉛を摂取しても、吸収されずに排出されてしまっては健康な髪の毛も生えてこないというわけです。

どちらも説得力がありますが、結局コーヒーは抜け毛を防ぐのか、それとも増やしてしまうのでしょうか。

 

個人的な見解ですが、コーヒーは抜け毛予防、発毛に良い影響を与える一方、過剰摂取はかえって逆効果になる恐れがあるということだと考えています。

つまり過ぎたるは及ばざるが如しということですね。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*