紫外線対策に帽子をかぶると抜け毛が増える?

帽子
Pocket

帽子をかぶると髪の毛が抜ける?

最近オシャレな人が増え、帽子をかぶっている人もたくさん見かけます。

でも帽子をかぶると通気性が悪くなるし、頭皮にはあまり良さそうではありませんよね。

 

昔から帽子ばかり被っているとハゲるよと良く言われたものです。

実際のところ、帽子をかぶっていると抜け毛や薄毛の原因になるのでしょうか。

結論から言うと帽子は抜け毛、薄毛の原因にはなりえます。

特に通気性の悪い帽子や頭を締め付けるような帽子は、毛根への酸素や栄養の供給を妨げてしまう可能性があります。

 

それに頭皮を締め付けるようなタイプの帽子は毛根にダメージを与えてしまうこともあるでしょう。

特に室内でも室外でも帽子をかぶっている、一日の大半を帽子を被って過ごしているという方は要注意かもしれません。

 

しかしながら帽子も使い方によっては頭皮環境を守る有効な抜け毛対策にはなります。

例えば紫外線はお肌にダメージを与えるものですから、日中外を出歩くときは帽子を被ることで、紫外線の影響を和らげることが出来ます。

 

特に夏場の紫外線は強いので、通気性の良い帽子を被って頭皮を保護してあげることは重要です。

メッシュ加工のキャップなどは通気性も良く、頭皮を締め付ける心配もないので、夏場の使用がおすすめです。

 

また冬場など気温の低くなる時期も、帽子で頭皮を保温、保湿してあげることは頭皮環境を維持する上で大切です。

寒いと血管が収縮して、血液の流れが悪くなり、血行不良になる人がたくさんいますが、頭皮に関しても同じことが言えます。

 

帽子で頭を温めてあげることで、頭皮の血流が促進し、栄養を酸素の供給がスムーズになります。

また保湿効果もあるので、頭皮の乾燥を防止することが出来るでしょう。

 

冬場は通気性よりも、保温効果、保湿効果のある帽子を選ぶと良いでしょう。

ただ長時間帽子を被り続けるのはもちろんよくありませんし、メリハリを付けて、外出時に帽子を着用する、室内では帽子を取るなど、被り方にも注意しなければなりません。

 

紫外線から頭皮を守る

紫外線はお肌の大敵、シミやシワの原因になると言われますが、頭皮にとっても有害なものです。

夏場など紫外線を浴び続けると、髪の毛が細くなったり、パサついたりする経験があると思います。

 

また頭皮や毛根にもダメージを与え、抜け毛を引き起こすこともあるでしょう。

ですから紫外線対策というのは、抜け毛を防止する上でも大切なのです。

 

では何故紫外線によって抜け毛や薄毛を引き起こすのでしょうか。

まず紫外線がお肌にとって良くないのは、紫外線を浴びると大量の活性酸素を発生させるからです。

 

活性酸素自体は細菌やウィルスなど外敵から身を守る重要な物質です。

しかしながら活性酸素は増えすぎると細胞を錆びさせたり、破壊してしまうのです。

 

また紫外線自体、お肌には有害なもので、紫外線を浴びると毛根や毛乳頭細胞もダメージを受けます。

毛根や毛乳頭細胞は毛髪の生成や成長を司っている細胞です。

 

ですから毛根や毛乳頭細胞の機能が紫外線によって低下すると、ヘアサイクルが乱れる恐れがあります。

そうすると健康な髪の毛が生えにくくなったり、抜け毛が進行するというわけです。

 

また髪の毛がたんぱく質で出来ていますが、紫外線によって髪を構成するたんぱく質が破壊されることがあります。

髪の毛がパサついたり、細くなったり、切れ毛が起きてしまうのは、紫外線によって髪の毛のキューティクルが破壊されるからです。

 

このように髪の毛にとって紫外線は有害ですから、帽子を被る、日傘を差すなどしてUVカットをしなければなりません。

夏場はもちろん冬場でも紫外線が強い日がありますから、油断は禁物です。

 

また抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノールを含んだ食品を摂取するなども、抜け毛対策には有効でしょう。

活性酸素はどうしても発生してしまうものですから、抗酸化作用の優れた食品を取って、活性酸素に対抗していきましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*