ケアが難しい?首にできるアトピー

疑う女性
Pocket

首はアトピーができやすい?

アトピーは首に出来やすく、治ったと思っても、また再発しやすい場所です。
首は汗が溜まりやすく、衣類の襟がこすれて刺激を与えやすい場所でもあるからです。

首のアトピーは慢性化すると、首筋が乾燥し、皮膚が固くなったり、色素沈着して黒ずんだようになっている人が多い気がします。
人の目にも触れやすいので、精神的負担にもなりやすいといえます。

首のアトピーの原因と対策

また首は両手が掻きやすい場所でもあるため、就寝中などは無意識に両手で掻きむしってしまうため、炎症も治りにくいのです。
当然引っ掻いても一時的に痒みが治まるだけで、症状は悪化するだけです。

また首は汗をかきやすく、汗が溜まりやすいのもアトピーが悪化する原因です。
引っ掻いて傷ついた皮膚からは汗が染みて痒みを引き起こしたり、汗で湿潤するとカビや細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。

対策としては普段から清潔なタオルを常備し、汗をかいたらこまめに拭きとることが望ましいです。
タオルも綿の肌に優しい素材を使用し、乱暴にゴシゴシ拭くのではなく、優しく水分を吸い取るように汗を取り除くことが大切です。

激しく擦ると、炎症や傷口を悪化させたり、広げるだけなので、注意してください。
また首のアトピーに関しても、こまめな消毒やスキンケアを心がけてください。

アトピーになる人の肌は細菌に対する抵抗力が低下しているため、細菌が繁殖しやすいと言われます。
また外気に触れないようにタオルを巻いておくのも効果的です。

こうすることで汗を吸収し、アレルゲンの侵入を防ぐことにも繋がります。
また就寝中もタオルが首を守ってくれるので、無意識に首を掻きむしる心配がありません。

お風呂で首を綺麗に洗い、その上でスキンケアで保湿し、タオルを巻くとアトピーの炎症も治りが早くなります。
ただ再発もしやすいので、ケアには気を付けてください。

プロペトは使わない方が良い?

アトピーの治療によく用いられるプロペトですが、個人的には使わない方が良いと考えています。
というのもプロペトはワセリンをされに精製したもので、原料は石油です。

何故プロペトを塗るのかというと、お肌を保湿するためではなく、お肌を保護するために使うのです。
油ですので、皮膚表面に塗ることで油膜を張り、お肌を保護することが出来ます。

保湿剤ではないので、正しい使い方としてはプロペトを塗る前にしっかりと保湿しなければなりません。
プロペトを塗ることで水分の蒸発を防ぐという効果はありますが、油なので酸化しやすく、さらに熱がこもるので炎症やかゆみがひどくなります。

代謝を阻害する可能性もあるので、あえてプロペトは使わずに保湿剤だけの方が十分アトピーは改善すると思います。
あくまで個人的見解ですが、プロペトで症状が改善したという人はいると思うので、個人差はあると思います。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*