やり方次第で即効性がでる酵素ダイエット

ダイエット
Pocket

即効性のある酵素ダイエット

酵素ダイエットはその即効性も人気の秘密といえます。

ダイエットというとどうしても時間がかかるというイメージがあります。

 

短期間で体重を落とすとリバウンドのリスクも高まります。

もちろん断食という方法であれば、一時的に体重が落ちるでしょうが、健康を害してしまいますし、長続きしません。

何故酵素ダイエットが即効性があるかというと、酵素を摂取することによって、基礎代謝が上がるからです。

とかく太りやすい体質の人は代謝が低下していることが多いです。

 

しかしながら代謝を上げるというのはそう簡単なことではありません。

例えば運動をして筋肉を付けて代謝を上げるにしても時間がある程度かかります。

 

酵素ドリンクには酵素や豊富な栄養が含まれており、毎日続けると毒素や老廃物が効率的に排出されるようになります。

その結果体重が減り、かつ痩せやすい体質になるといわれます。

 

1ヶ月で5キロ痩せることも可能なのです。

デトックス効果といいますが、酵素の力でダイエットだけでなく、美容や美肌にも影響してきます。

 

また便秘が治ったという人も少なくないでしょう。

実際にお通じがよくなるだけでも体重が落ちることがあります。

 

酵素ダイエットは1日1食の置き換えダイエットが無理なく継続してできるのでおすすめですが、即効性を求めるのであれば3食置き換えるという方法もあります。

断食はよくないイメージがありますが、1日ぐらいであれば問題はないと思います。

 

また酵素ドリンクで栄養はしっかり補充できます。

断食後は発酵食品を食べるのも効果的です。

 

このプチ断食によって、体内の老廃物がすっきりするので、体の循環がよくなるというメリットもあります。

1日くらいのプチ断食ならなんとか耐えられるでしょう。

 

ただ体重を落とすだけでなく、痩せやすい体質に変わっていくので、その後のダイエットも効果が実感しやすいでしょう。

ダイエットをする上で食事制限は大切ですが、無理な食事制限は体調を崩してしまうだけです。

 

不足する栄養を酵素ドリンクで補いながら短期間で代謝を上げてみてはいかがでしょうか。

ただ生理中は効果が出にくいことも知っておきましょう。

 

>>酵素ドリンクおすすめランキングはこちら

 

夕食置き換えのメリット

置き換えダイエットが効果的な酵素ダイエットですが、朝食と夕食のどちらを置き換えた方がより効果が高いのでしょうか。

こればかりはどちらもメリット、デメリットがあるため、自分が続けられる方法を選択した方がよいでしょう。

 

結論としては夕食置き換えでも十分ダイエットできるわけです。

多くの方が朝食時に酵素ドリンクを飲んでいるようですが、朝は胃腸が目覚めたばかりで十分に活動していません。

 

そのため、朝食にがっつり固形物を摂ってしまうと、消化がしにくいのです。

そこで酵素ドリンクなどの液体であれば、消化がしやすいというメリットがあります。

 

しかし午前中はアクティブに活動している人がほとんどでしょうから、お腹が空いて昼食まで持たないという人もいるようです。

逆に夕食を置き換えるという方法ですが、夜は消化活動が低下する時間帯です。

 

そのため、あまりドカ食いをするのはダイエットに限らずおすすめできません。

また運動量も減り、カロリーを消費しにくい時間帯であるため、食べた分が脂肪になりやすいのです。

 

そこで夕食に酵素ドリンクを飲むようにすると、胃腸を休め、代謝を良好にするというメリットがあります。

また空腹に耐えられないようであれば、寝てしまえばよいのです。

 

デメリットはお腹が空きすぎて眠れないということでしょうか。

それに飲み会好きには耐えられないかもしれません。

 

このように一長一短のあるものですから、朝食と夕食、お好きな方を選んでもよいということでしょう。

さらに酵素ダイエットが慣れない内は、間食を置き換えるという方法もありますので、お試しください。

 

効果をアップさせる発酵食品

酵素ダイエットの効率を上げるために気を付けたいポイントがあります。

いくら毎日酵素ドリンクを飲んでいても、冷凍食品やレトルトなどの加工食品を続けていると、体に毒素が溜まり、リバウンドしやすい体になってしまいます。

 

食事において意識したいのが、酵素とビタミン、ミネラルです。

もちろんたんぱく質や炭水化物、脂肪も私たちの体を構成する重要な栄養素ですが、摂り過ぎには注意しましょう。

 

また酵素の働きを活性化させる食品に発酵食品があります。

発酵食品とは、キムチや味噌、ヨーグルト、漬物などです。

 

これらは酵素を活性化させ、酵素ダイエットを成功しやすくさせてくれます。

「マゴハヤサシイワネ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

これらはビタミン、ミネラル、酵素をバランスよく含んだ食品群の頭文字を取ったものです。

マは豆類、ゴはゴマ、ハは発酵食品、ヤは野菜、サは魚、シはシイタケ、イはイモ類、ワはわかめなどの海藻類、ネはネバネバした食品のことを指します。

 

食材選びに自分でルールを作るのもダイエットをする上では有益です。

痩せやすい体を作るには、このような食事を心がけるとよいでしょう。

 

生理中は効果がでない?

授乳中や妊娠中も飲める酵素ドリンクですが、生理中は飲めるかという口コミを見かけます。

酵素ドリンクは生理中も飲めますが、ファスティングや置き換え食はおすすめしません。

 

ただでさえ体調が悪くなる時期に食事を摂らないというのはもはや苦行です。

さらに血液が足りなくなるので、目まいや頭痛に悩まされることもあります。

 

また生理中というのは、酵素ダイエットの効果はあまり見込めません。

生理中はホルモンの影響で体が水分を溜めこもうとする時期です。

 

結果、代謝機能が低下し、いくら酵素を摂ってもなかなか痩せません。

しかも生理中というのは、ホルモンバランスが崩れるため、些細なことで苛々したりと精神的にも不安定です。

 

そのようなときに断食を行うと、精神的にも相当辛いものです。

周りにも当たり散らして、人間関係が破たんしてしまうかもしれません。

 

ダイエット中は精神的にも余裕を持って、長期に渡って行った方が効果が出やすいのです。

そのため、酵素ダイエットをするのは、生理が終わってからにした方がよいでしょう。

 

ただ酵素ドリンクにはビタミンやミネラルなどの栄養分が豊富ですから、断食はせずに飲むことは支障がないと思います。

生理中も酵素ドリンクを継続しておけば、その後のダイエットの効率もアップすることでしょう。

 

何度もいいますが、ダイエットに無理は禁物です。焦っても成果は出ないので注意しましょう。

 

食生活の見直し

酵素ダイエット中は食事の内容を見直すことで、さらなる効果が期待できます。

毎日酵素を摂っているけど、大した効果がないという方は食生活にも注意をしてみましょう。

 

本来酵素ダイエットというのは、人間のデトックス作用を利用して痩せるというものです。

正しいやり方を身につければ、健康で美しく、疲れにくい体作りをすることが出来ます。

 

そこで今回はダイエット中に食べ過ぎない方がよい食品を挙げてみたいと思います。

酵素を摂取すると同時に、体に悪影響を及ぼす食べ物を極力減らし、太りにくい体を手に入れましょう。

 

ダイエット中に摂取を控えたい食品は、お肉などの動物性食品、フライドポテト、天ぷら、ファーストフードなどの揚げ物です。

それからトランス脂肪酸を使用したマーガリン、インスタントラーメンなどです。

 

カフェインを含むコーヒーやアルコールも摂取量を減らした方がよいでしょう。

これらは体内で活性酸素を発生させるため、老化の原因ともなり得ます。

 

また肌荒れやニキビの元ともなるため、美容にもよくありません。

もちろんお肉に含まれるたんぱく質は生命活動を維持する上で大事な成分ですし、適切な量であれば、ダイエットにも効果があると言われます。

 

野菜不足の方は特に食物繊維を多く含む野菜や果物は是非摂取してほしいのですが、大事なのは栄養のバランスです。

食事の時間も大切です。

 

夜は代謝が活性化する時間ですから、この時間にドカ食いをすると消化酵素の働きが活発になり、代謝が正常に働かなくなるので、夜食はほどほどにしましょう。

次に砂糖です。

 

上白糖を使用しているご家庭は多いと思いますが、ダイエットをする上では、黒砂糖やオリゴ糖、きび砂糖などで代用するとよいと言われます。

酵素ダイエットの効率を高めるために、食生活を見直すことも重要です。

 

>>酵素ドリンクおすすめランキングはこちら

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*