禁煙で薄毛が治るって本当?タバコと髪の毛の関係

薄毛
Pocket

禁煙と薄毛の関係とは

喫煙している方でも髪の毛ふさふさの方はたくさんいますが、タバコは薄毛の原因になりえます。

というのもタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の流れを阻害します。

 

血液は全身を巡っているので、血流が悪くなると頭皮に十分な血液が流れず、栄養や酸素の不足を引き起こしてしまいます。

髪の毛が健康に育つには当然栄養が必要なので、栄養不足になった頭皮から髪の毛が生えにくくなり、さらには髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

タバコが薄毛を引き起こす?

禁煙によって頭皮まで栄養が行き渡るようになると、少なくとも髪の毛が育ちやすい環境になります。

タバコには一酸化炭素も多量に含まれているので、ヘモグロビンと結合して酸素の供給を滞らせる原因にもなります。

 

またとある研究では喫煙によって男性ホルモンが過剰に分泌されるようになることが明らかになりました。

女性よりも男性の方が薄毛になりやすいことはご存じだと思いますが、AGAという病気もあるぐらい男性ホルモンは毛根を刺激して、薄毛になりやすい関係にあります。

 

元々男性ホルモンが多い方は禁煙したぐらいで薄毛の悩みは消えないかもしれませんが、少なくともタバコを吸わない人よりは薄毛になりやすいといえそうです。

 

こんなに怖い?喫煙のリスク

タバコを止めても薄毛が治る保証はありませんが、喫煙によって健康を害したり、体臭の元になることは間違いありません。

喫煙指数が高い程、ガンになりやすいことは誰しも知っていることでしょう。

 

さらには癌だけでなく、呼吸器系の疾患や心筋梗塞、脳血管障害を引き起こしやすくなります。

特に1日の喫煙本数と喫煙年数が多ければ多い程、病気を発症するリスクは高くなるのです。

薄毛の問題だけでなく、健康のためにも禁煙をするメリットを考えてみてください。

 

またごぼう茶には癌予防の効果もあるので、禁煙と同時に始めてみてはいかがでしょうか。

ごぼう茶は中性脂肪が気になる方にもおすすめです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*