乾燥肌の保湿の鍵はセラミドにあった

ニキビ
Pocket

 お肌を保湿する方法

アトピーの人は共通してお肌が乾燥しています。
乾燥したお肌はひび割れた状態で、低下したバリア機能を高めるために保湿は大切な対策です。

健康な人の皮膚は約20%程度の水分が保持された状態であり、20%を切ると乾燥肌と言われ、アトピー肌の人で、特に乾燥している人は水分量が数%という状態です。
しかしお肌を保湿するにはただ水分を補給するだけでは足りません。

アトピーはセラミド不足している?

セラミドは別名「角質細胞間脂質」と呼ばれ、角質層の細胞と細胞の間のすき間を埋める、いわば糊付けのような役割を担っています。
セラミドが細胞のすき間を埋めることで、水分の蒸発を防いでいるといえるでしょう。

そのためお肌を保湿した上で、水分が蒸発しないためには、セラミドをしっかり補給する必要があるのです。
ちなみにアトピー肌の人は共通してセラミド成分が不足した状態にあります。

そのため皮膚が乾燥しやすく、いくら保湿をしても水分はどんどんと逃げていってしまうのです。
乾燥した皮膚はバリア機能が弱く、生活の中からアレルゲンが侵入しやすい状態です。

しかしセラミドは食事から摂取しても、中々増やすことが出来ません。
そこでセラミドを配合した美容液や乳液を使うのがおすすめです。

保湿成分にはヒアルロン酸も有名ですが、セラミドと並んで強力な保湿物質といえます。
炎症や湿疹がひどい状態では保湿だけでは中々治りませんが、ある程度治まった状態では保湿をするだけでアトピーの症状の緩和、予防が出来ます。

特に炎症はないが、かゆみや鳥肌が目立ってきたら、アトピー予備軍といえます。
バリア機能が低下している状態なので、早めの保湿で対策を打ちましょう。

またセラミドを効率的に増やすには質の高い睡眠が必要です。
快眠の美容効果はこちらもご覧ください。

乾燥を防いでバリア機能アップ

アトピー性皮膚炎の患者は例外なく乾燥肌であるという特徴を持っています。
乳幼児の場合は湿潤性であることが多いですが、大人になると大抵皮膚は乾燥しています。

非常に神経が敏感であるため、外部からの刺激や体温の上昇などにより、かゆみが生じます。
夏に症状が悪化するという方もいますが、冬に悪化するという方は、空気の乾燥により、皮膚の乾燥が促進されるためです。

さらにストレスを感じてかゆくなるという方は、血流が増えることに起因します。
皮膚のかゆみは掻き壊しを招き、炎症、かゆみのさらなる悪化を招きます。

そのため、まずは乾燥肌をケアする必要があります。
乾燥肌の原因は体質であることもありますが、皮脂の不足、水分保持力の低下が挙げられるでしょう。

簡単に乾燥肌を治し、バリア機能を向上させる方法はスキンケアです。
皮脂が不足しているようであれば、保湿剤を使って、皮膚をしっとりと保湿させます。

スキンケアのポイントはいくつかありますが、まずは皮膚を清潔な状態にすることが大切です。
入浴後などに保湿をするとよいでしょう。

保湿をすると、水分が補給されるだけでなく、水分の蒸発を防ぐ効果があるので、一石二鳥です。
また外部からのケアだけでなく、生活習慣の改善による内部からのケアも必要になります。

食事の見直しなどが考えられますが、一番簡単で効果のあるのは、睡眠です。
睡眠は何よりも大切なスキンケアといえるでしょう。

夜更かしは免疫力の低下や代謝の低下をもたらし、皮膚の乾燥を招きます。
免疫力を強化することでアレルギー反応が起こりにくくなり、代謝の向上は新しい皮膚細胞の生まれ変わりを促進します。
スキンケアのし過ぎはよくないと言われますが、そんなことはありません。
保湿は毎日必ず行うようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*