平日にできる半日プチ断食で酵素ダイエット

食事
Pocket

平日半日プチ断食とは

私が実際にダイエットに成功した半日プチ断食の方法をご紹介します。

週2日のプチ断食は丸一日何も食べないので辛い、1日何も出来ないという方にも半日であれば、普段の生活にそれ程支障がありません。

 

そのため平日を使ってプチ断食を行うことが出来ます。

初めは食べ過ぎた日の翌日に、カロリーを抑える意味で半日プチ断食を始めましたが、2週間で3キロのダイエットに成功しました。

半日なので時間で言うと12時間何も食べないことになります。

しかし睡眠時間を考慮すると、実際には断食をしているという感覚はありません。

 

前日の夕食と翌日の朝食を食べないというだけの方法です。

なお前日の夕食は18時前に食べるなど、早めに夕食を食べるのであれば、食事を抜く必要はありません。

 

そうすると翌日のお昼まで18時間空くことになります。

消化吸収には意外にも18時間かかるとされていますので、胃腸を休ませる意味で18時間の断食を行う必要があるのです。

 

もちろん夜食や間食も胃腸を休ませることが出来ないのでNGです。

ただ断食中は水分をたっぷり摂った方が良いので、酵素ドリンクを夜と朝に飲みます。

 

断食の最大のメリットはデトックス作用による排泄の促進です。

酵素ドリンクには便通をよくし、宿便の排泄にも繋がります。

 

善玉菌を繁殖させて腸内環境も正常化するので、病気予防や美容にも効果があります。

また断食後の昼食と夕食は食べ過ぎないようにします。

 

半日プチ断食を行ってもその反動で食べ過ぎてしまっては効果半減です。

回復食とまではいきませんが、軽めの食事を腹八分程度で行います。

 

動物性脂肪の多いお肉は当日は止めておきましょう。半日プチ断食は週1回行っていましたが、2週間で十分痩せられました。

身体にもそれ程負担がなく安全に痩せられるのでおすすめです。

 

夜9時以降は食べない方が良い?

夜9時以降に食べると太ると昔から言われています。

でも何故なのでしょうか。

 

簡単に言えば、人間は夜は身体を休める時間だからです。

自分が夜型だろうが昼型だろうが、身体のメカニズムとしては夜9時以降は代謝の時間なのです。

 

また昼間のように身体を動かすこともないため、カロリーは消費されません。

そのため食事をすればその分脂肪として身体の中に残ってしまうのです。

 

先ほど申し上げたように夜は代謝の時間です。

この時間に食事を摂っても消化に酵素は使われないため、未消化のまま胃腸に残ります。

 

寝る前に食べた方が寝付きが良いという方もいるでしょうが、胃腸には間違いなく負担がかかり、機能が低下していきます。

さらには、消化されていないので、エネルギーに変わることもなく、ただ脂肪として蓄積されるのです。

 

未消化の食べ物が腸内に残ると、当然便秘の原因にもなりますし、老廃物が脂肪の燃焼を妨げます。

胃腸を休ませるためにも、夜9時以降の食事や就寝前の食事はしない方が良いのです。

 

睡眠不足もホルモンの影響で食欲を増してしまいますから、食事は早めに切り上げるようにしましょう。

お腹が空くようなら、早めの就寝を心がけると空腹感も感じないのでダイエットの効率が上がります。

 

水分補給はファスティングのかなめ

人間の体のほとんどは水で出来ています。

ダイエット中は特に水分補給をこまめに行う必要があるでしょう。

 

特にファスティング中は水分補給がダイエットの成功の鍵を握っています。

水分不足の状態が続くと、老廃物がどんどん身体に溜まっていきます。

 

血液もドロドロになるので、心筋梗塞や動脈硬化などの発症リスクも高くなるでしょう。

便も水分を含んで膨張するので、便秘に悩んでいる方はお水を飲むようにしましょう。

 

ダイエット中はお茶やコーヒーはカフェインが入っているので、出来れば常温のお水を飲むと良いでしょう。

冷たいお水は胃腸を痛めますし、体温が下がります。

 

体温を上げるにも酵素を使ってしまうので、ダイエットの効率を下げてしまいます。

ただ水道水は塩素が含まれているので、ミネラルウォーターが良いでしょう。

ミネラルウォーターは純度が高く、身体に浸透しやすいので、循環を良くして基礎代謝を高めてくれます。

また当然ながら、お水よりも栄養豊富な酵素ドリンクの方が良いです。

 

ただ1日に必要なお水の量は2リットルとも言われていますから、酵素ドリンクだけでは補えないでしょう。

2リットルというと結構な量です。

 

水分補給が足りていない方は多いのではないでしょうか。

また肉体労働の人など日常身体をよく動かす人はもっと多い量が必要になります。

 

ただ一度に大量のお水を飲んでも胃腸は吸収しきれません。

そのためコップ1杯分を何回かに分けて飲むのが効果的です。

 

特に便秘気味という人は朝起きたら、水分を摂ると腸が刺激されて、便秘予防にもなります。

ファスティング中は脱水症状の危険性もありますから、水分はしっかりと補給しましょう。

 

>>酵素ドリンクおすすめランキングはこちら

 

ダイエットの鉄則は無理しない

ダイエットは我慢、辛い思いをしなければ成功しない、そんなイメージがあります。

でも辛い思いをしてダイエットを続けても長続きしませんし、心身ともに良くありません。

 

苦行のような我慢ダイエットを続けると、ストレスが爆発して暴飲暴食、ドカ食いに走ってしまう傾向にあります。

その結果リバウンド、お肌もぼろぼろ、そんな悲惨な状況に陥るのがオチです。

 

そこで出来るだけ本能に従った簡単なダイエット法をするようにします。

痩せるための理論を理解していれば、そんなに難しいことではありません。

 

なんとなく口寂しいから、そんな理由で無理に食事をしていませんか。

昔から腹八分というように、お腹いっぱい食事をする必要などありません。

 

本当に今食事をする必要があるのか、自分に問いかけてみましょう。

また、ご飯を食べるのは、空腹感を感じるからです。

 

では空腹感をなるべく感じないような食事をすれば良いのです。

間食はなんとなく太る、そう思われがちですが、この固定概念に囚われる必要はありません。

 

間食をすると満腹感が得られる他、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

でも三食しっかり食べて、間食もするのでは当然太ります。

 

大事なことは摂取カロリーをきちんと計算すること、間食におやつを食べすぎたら、夕食は炭水化物を少なめにすると良いでしょう。

炭水化物はお菓子にも含まれているので、糖質制限ダイエットのようなリスクはあまりありません。

 

さらに食事の前に酵素ドリンクを飲むと、自然とご飯の量を減らすことが出来ます。

人間が空腹感を感じるのは、血糖値の下降が原因です。

 

血糖値を上手に管理することで自然と無理なく痩せることが出来るのです。

無理な食事制限はストレスを溜め、代謝の低下をもたらします。無理せずダイエットを継続していきましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*