リスクはない?脱毛するときの注意点とは

脱毛
Pocket

脱毛のリスクと注意点

脱毛をしたいと考えている女性は多いでしょう。

昨今は男性も脱毛をするという時代です。

 

しかしいざ脱毛をしようとしても、知らないことが多いのも事実です。

例えばニキビやできものがあっても脱毛しても良いのでしょうか。

 

お肌の弱い人はアトピーの人などはどうでしょうか。

脱毛にリスクはないのか、注意点などもご紹介したいと思います。

ニキビがあると脱毛できない?

顔脱毛をする場合に気になるのが、ニキビが出来ていると顔脱毛は出来ないのかということです。

万全の状態で脱毛の日を迎えたいですが、ニキビは出来るときは出来てしまいますね。

 

でも心配は無用、ニキビが出来ていても基本的には脱毛は可能です。

当然ながらニキビが出来ている箇所は避けて施術してくれますし、特に黒い色に反応して照射するレーザー脱毛であれば、ニキビ程度の色素に反応することは無いでしょう。

 

それに顔脱毛をするとニキビが出来にくくなるという嬉しい報告もあります。

ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうために出来てしまうのはご存じでしょう。

 

レーザー脱毛は毛母細胞を破壊して毛の生成を抑える脱毛法なのですが、毛母細胞を破壊することで毛穴が引き締まりますし、皮脂の分泌も減少します。

また顔に産毛が残っているとどうしても雑菌が繁殖しやすいのですね。

 

ニキビの原因であるアクネ菌は普段産毛の奥に潜んでいるわけですから、産毛が無くなるとアクネ菌の繁殖を抑えることが出来るというわけです。

このように顔脱毛をすることで、結果的に毛穴に皮脂や汚れが溜まりにくくなる、雑菌が繁殖しにくくなるのです。

 

ですからニキビが出来にくくなるのですね。

顔脱毛のメリットはこれだけではありません。

 

顔の産毛がすっきり無くなると顔の印象も明るくなりますし、化粧のノリも良くなります。

顔はどうしても目がいきやすいですし、顔脱毛をするだけで印象が大分変わると思いますよ。

 

アトピー肌でも脱毛できる?

アトピーの方でも脱毛したい方は多いでしょう。

アトピー肌の場合敏感肌であることが多く、自分でカミソリで除毛するのも大変という方がいらっしゃいます。

 

また脱毛して肌を傷つけたり、炎症が悪化しないか心配になることでしょう。

結論を申し上げると、一部では脱毛できないサロンもありますが、現在では多くのサロンはアトピー肌でも脱毛してくれるようです。

 

ただ一口にアトピーといっても症状や程度はさまざまですから、脱毛を断られるケースが全くないというわけではありませんので、予めご了承ください。

それに医師の同意書を求められる場合もあるようですので、一度相談してみると良いでしょう。

 

なおステロイド剤などを使用している場合、レーザーに反応して炎症を引き起こすこともあるようです。

もしステロイド剤などの薬を服用している場合はきちんと伝えましょう。

 

施術前のステロイド剤の服用を中止する必要が出てくるかもしれません。

また最近ではテスト照射をやってくれるサロンもあるので、本格的な施術の前にテスト照射できるか聞いてみるのも良いでしょう。

 

刺激が強すぎるという人はレーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛を薦められることもあるようです。

いずれにせよ、アトピーの症状は時期によって良くなったり悪くなったりすることがあります。

 

症状がひどいときは脱毛を中止する必要も出てくるようですから、途中解約できる、あるいは期間契約ではなく回数契約できるサロンを選ぶと良いかもしれません。

アトピーの治療方法は色々ありますが、脱毛をすることでアトピーの症状が良くなったという人もいるようです。

 

アトピーの人の中には毛穴に色素沈着して、皮膚全体が黒ずんでいたり、毛穴が盛り上がってブツブツが目立つ症状が見受けられることがあります。

レーザーやフラッシュ脱毛では毛母細胞自体を破壊してしまうわけですから、毛穴に色素沈着してしまうリスクを軽減できるということになります。

 

実際脱毛によってつるつるで盛り上がりもなく、美肌を手に入れることが出来たという人は多いようです。

脱毛も出来てお肌も綺麗になるのであれば、言うことは無いですよね。

 

生理中に脱毛してはいけない?

生理中は何かと制約がかかることがありますが、脱毛も例外ではありません。

VIOライン以外の脱毛を受け付けてくれるサロンもありますが、多くのサロンでは生理中の脱毛を受け付けてくれないでしょう。

 

生理前から生理中はプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。

つまり生理中はホルモンバランスが崩れやすいので、この時期に脱毛を行うとお肌の状態も敏感になっていますし、肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性が高いのです。

 

ちなみに生理痛がひどい方はごぼう茶を飲むと良いのをご存じですか。

ごぼう茶にホルモンバランスを整える作用があるようです。

 

話が逸れましたが、生理中に脱毛を控える理由はそれだけではありません。

生理中の脱毛によって湿疹が出たり、火傷のような症状が出る、色素沈着してシミが出来る、というケースもあります。

 

実際は問題ないケースがほとんどだとは思いますが、サロンとしてもなるべくリスクは取りたくないというのが本音だと思います。

感染症の防止など、サロン側は衛生面も考慮しているのでしょう。

 

中々予約の取れないサロンなど、せっかく予約したのに生理になってしまうという場合はなんとか施術してもらいたいと思うものです。

しかしながら生理前から生理中は脱毛を避けた方が無難です。

 

それに肌荒れなどの副作用もさることながら、生理後に脱毛を行った方が脱毛の効果も高まるので、早い段階で脱毛が完了できると思います。

ホルモンバランスの影響で、生理中は脱毛の効果も出にくい傾向にあるようですね。

 

またもし生理になってしまって日程を変更しても、多くのサロンではお金を取られることは無いと思います。

心配な方は事前に確認しておきましょう。

 

脱毛するときはすっぴん?

脱毛当日は化粧をしない方が良いのか、また脱毛してしばらくは化粧してはいけないのか、不安に思うことが一杯ですよね。

特に顔脱毛の場合は、化粧をすることで上手くレーザー照射できなかったり、あるいは脱毛後に化粧をするとお肌に刺激を与えてしまうのではないか。

 

そう思うのが普通でしょう。

しかし基本的には脱毛当日も、脱毛後も化粧をしても大丈夫です。

 

顔脱毛であっても、化粧をしてサロンに出かけて問題ありません。

そもそも脱毛当日に化粧できないと、脱毛前後に予定を入れることも出来ませんし、施術だけで一日潰れてしまいますよね。

 

ですから化粧はしていってOKなのですが、当然施術前に化粧は落とすことになりますし、当然日焼け止めも落とさなければなりません。

メイク落としは持参しても良いですし、サロンにクレンジング剤やシートが置いてあるので心配無用です。

 

施術が終わったら、再度メイクをすれば良いのです。

ただあまり濃いメイクをしていくと、メイク落としに時間がかかりますし、お肌に負担がかかることは否めません。

 

また、施術後にメイクをする方は当然ながらメイク道具を持っていかなくてはなりませんから荷物は多くなります。

ただ基本的に脱毛後に化粧をしてもOKということです。

 

ただ施術後はお肌もデリケートな状態になっていますから、人によっては化粧をすることで顔が火照ったり、赤くなる人もいます。

しばらくすれば火照りや赤みは引いていきますが、心配な方は化粧をせずにすっぴんで帰っても良いです。

 

すっぴんを見られたくない人はサングラスやマスクを付けて帰っても良いですし、実際に紫外線に触れることを気にして、サングラスやマスクを持参する人も多いです。

いずれにせよ、何度もメイクをしたり、落としたりするのが面倒、肌への負担が気になるという人はすっぴんでサロンに行くのが一番です。

 

帰りもすっぴんで帰った方が良いでしょう。

脱毛後は肌に凹凸がないので、メイクのノリや映えも格段に良くなりますから、しばしの我慢です。

 

セルフ脱毛するときの注意点

脱毛サロンに通うのは面倒臭い、そんなお金もないという人はセルフ脱毛という手があります。

セルフ脱毛とはその名の通り、自分でムダ毛の処理を行うことを言い、セルフ脱毛を始める人は増加傾向にあります。

 

最近ではカミソリではなく、優秀な脱毛器も増えていますから、わざわざ高い金を払ってサロンに通う必要性が薄れてきたのでしょう。

光脱毛器やレーザー脱毛器も市販されていますし、シェーバーや除毛クリーム、ワックスなんかもあります。

 

脱毛器自体は高価なものもありますが、ランニングコストはかかりませんし、自分のペースで脱毛を進めることが出来ます。

また自分の恥ずかしい部分を人に見られるストレスも無い点がメリットです。

 

ただセルフ脱毛を行う場合、専門的な知識もありませんし、テクニックもありませんから、脱毛に失敗するケースも無くはありません。

当然アフターケアなども無い点がデメリットでしょう。

 

セルフですから全て自分で対応しなければならないのです。

ですから脱毛器を使用するときは説明書をしっかり熟読して欲しいのですが、心配な方はシェーバーやクリームなどを使うと良いでしょう。

 

またセルフ脱毛をするときに忘れてはならないのが、脱毛後のケアです。

特に光脱毛やレーザー脱毛を行った後は患部が軽い火傷状態になっているので、しっかり冷やさなければなりません。

 

またクリームなどで保湿することも大切です。

脱毛後のケアを怠ると、お肌が荒れたり、炎症を起こす可能性もあります。

 

ひどいときはシミやシワ、皮膚のたるみなどが痕になって残ってしまうこともありますので注意しましょう。

また紫外線を浴びたり、お風呂に入るのもNGです。

 

これは脱毛サロンに行った時と同様の理由なのですが、セルフ脱毛だとうっかり基本的なことを見逃してしまう危険性があります。

脱毛後はお肌には小さい傷が付いていますので、しっかり保護してあげることが大切です。

 

アンダーヘア脱毛するときの注意点

普段は人の目に触れることのないアンダーヘアですが、欧米ではアンダーヘアの脱毛は常識なのをご存じですか。

日本でもいざというときのためにアンダーヘアの脱毛をしている女性は最近増えているようです。

 

しかしアンダーヘアの脱毛はデリケートゾーンですから、処理の仕方を間違えるとお肌を傷つけて痕に残ったり、肌荒れやシミが出来たり、皮膚にブツブツが出来てしまうことがあります。

心配な方は脱毛サロンで脱毛してもらった方が良いと思いますが、ここではセルフで行うアンダーヘア脱毛の注意点について書きたいと思います。

 

自宅で脱毛を行う場合、多くの方はカミソリやシェーバーを使ったり、あるいはピンセットで抜く、クリームやワックスを使うという人もいるでしょう。

また少し値が張りますが、脱毛器を購入している人もいるでしょう。

 

皮膚へのダメージが少ないという点ではレーザー脱毛や光脱毛がおすすめですから、家庭用脱毛器をお持ちの方は脱毛器を使ってアンダーヘアの処理を行った方が良いと思います。

一方で手軽でコストもかからないし、一気に除毛できるというメリットがある、カミソリやシェーバーを使う方法がありますが、デメリットもあります。

 

カミソリやシェーバーは脱毛器に比べて、皮膚に与える刺激が大きいですし、一時的に表面に出てきた毛を剃っているだけであり、すぐに新しい毛が生えてきてしまいます。

それに毛が伸び始めた頃は下着から毛が飛び出たり、チクチクする点がデメリットでしょう。

 

とはいえ頻繁に毛を剃っていてはお肌に負担が大きいですし、カミソリ負けをして、皮膚トラブルを引き起こすこともあります。

またピンセットなどで毛を抜く方法ですが、こちらもコストがかかりませんし、次に毛が生えてくるまでしばらくつるつるの状態を保てることがメリットではあります。

 

しかしながら皮膚へのダメージが大きいですし、痛みも伴います。

埋没毛が生じて、皮膚にブツブツが出来るリスクすらあるでしょう。

 

こう考えるとレーザー脱毛や光脱毛が良い気がしますが、コストはかかりますし、何度もサロンに通わなければなりません。

それにお肌への負担は少ないとしても、アンダーヘアのような太い毛を脱毛するときは多少の痛みは生じるでしょう。

 

どの方法も一長一短ありますから、自分にとって最適な方法でアンダーヘア脱毛をすると良いでしょう。

 

子供の脱毛リスクはあるの?

脱毛といえば大人の嗜みと考えられていましたが、最近では脱毛している子どもも少なくありません。

現代は子どももおしゃれに敏感ですし、子どものおしゃれのためにたくさんお金を注ぎこんでいる親もいます。

 

子どもに脱毛なんて必要ない、そう思われるかもしれませんが、毛深いことで友達にいじめられたり、コンプレックスを持っているのなら、脱毛してあげるのも良いかもしれませんね。

脱毛はカミソリなどで自己処理することもあれば、脱毛サロンに通うこともあるでしょう。

 

しかし子どもが脱毛しても何らリスクは無いのでしょうか。

カミソリで剃るぐらいであればまた生えてきますから問題なさそうですが、レーザーなどで永久脱毛することに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

 

さすがに乳幼児から脱毛を考える親はいないと思いますが、今では脱毛サロンに7歳から通えるところもあるようです。

とはいえほとんどのサロンは成長期、思春期の頃から受け付けてくれるサロンは少なく、ほとんどのサロンは16歳から18歳くらい、あるいは生理が安定して訪れるようになった頃から脱毛できるになります。

 

7歳から脱毛してくれるサロンは「エピレ」というサロンで、キッズ脱毛を行っています。

しかしもちろん未成年ですから、親の同意書は必要になります。

 

バレリーナなど子どもの頃から脱毛をしてほしいと考える親もいるため、需要はあるのでしょう。

とはいえ子どもの脱毛の安全性についてまだ心配なところはあります。

 

子どもはホルモンバランスがまだ不安定な状態です。

そのため仮に永久脱毛をしても、成長とともにホルモンの分泌量が変化し、再び毛が生え始めることがあるのです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*