正しいクレンジングで美肌を手に入れる

美肌
Pocket

美肌のための正しいクレンジングとは

メイクをした日は必ずクレンジングをしていますか。

クレンジングはメイクを落とす際に使用するものです。

 

しかしただやみくもにクレンジングをするだけでは美肌を保つことは出来ません。

美しいお肌を保つためにも正しいクレンジングのやり方を覚えておきましょう。

メイクを落とさないと?

メイクを毎日落とすのが面倒なときありますよね。メイクをしたまま寝るとお肌にとっては危険です。

若い頃は良いですが、年を重ねるとターンオーバーも衰えてくるので、クレンジングでしっかり落とさないと肌トラブルの原因になります。

 

メイクしたまま寝ると、翌朝お肌のテカりが目立ったり、皮膚が脂っこく感じることがあるでしょう。

これは昨日の皮脂汚れを除去出来ていないことが原因です。

 

さらにファンデーションなどのメイクは皮脂や水分を吸収するので、お肌を潤おそうと皮脂分泌が盛んになるからです。

寝ている間にも皮脂はどんどんと発生しているので、脂っこいお肌になってしまうのです。

 

ですからメイクを落とすのが面倒なら、お化粧しない方が良いくらいです。

お化粧しなければ洗顔するだけで済みますし、楽ですよね。

 

ではメイクをしたまま寝てしまうとどんな危険があるのでしょうか。

メイクがお肌に与える影響を考えてみたいと思います。

 

まず誰しも下地にファンデーションを塗りますよね。

ファンデーションもパウダータイプやリキッドタイプ、クリームタイプと色々ありますが、どれもつけっぱなしはNGです。

 

油分の多いクリームタイプは日光に当たるだけでも酸化して過酸化脂質を引き起こします。

ましてクリームタイプのファンデーションは皮膚呼吸も妨げやすいので、付けたままにしておくとターンオーバーを乱して、にきびが出来やすくなります。

 

なお皮膚呼吸しやすいパウダータイプでさえ、皮脂や汚れ、汗を吸収してしまうので、つけっぱなしにしておくと、お肌の皮脂汚れになってしまいます。

その結果雑菌が繁殖して、炎症を引き起こしたり、にきび、吹き出物になるでしょう。

 

1度に2度メイクを落とさないくらいでは深刻な肌トラブルにはならないでしょう。

でも繰り返す度にお肌の皮脂分泌が盛んになったり、逆に乾燥しやすくなったりします。

 

またお肌に残った皮脂汚れは細菌を繁殖させ、さまざまな肌荒れを引き起こします。

継続は力なりですから、クレンジングでメイク落としは必ず行うようにしましょう。

 

正しいクレンジングのやり方

美肌になるには化粧水や美容液などでしっかりスキンケアしてあげることは大切です。

でもメイクを落とすクレンジングのやり方一つでお肌も影響を受けてしまいます。

 

洗顔と同様、ついゴシゴシ皮膚を擦ってしまっていませんか。

または面倒だからと手を抜いてしまったり、メイクを落とさないまま就寝していませんか。

 

クレンジングをしっかり行わないと、5年後、10年後のお肌はボロボロになってしまいます。

クレンジング剤の選び方から、クレンジングの仕方まで正しい方法を理解しておく必要があるでしょう。

 

まずクレンジングはゴシゴシ擦ってはいけません。

お肌を摩擦によって傷つけると、角質層が破壊されてしまいます。

 

また丁寧にメイクを落とすのも大事ですが、あまり時間をかけてクレンジングするのも良くありません。

クレンジング剤には多かれ少なかれ界面活性剤が含まれているので、洗浄力の強いクレンジング剤を長時間使用すると、セラミドとともにお肌の水分が逃げてしまいます。

 

メイクに合わせてクレンジング剤を変え、なるべく短時間でメイク落としを済ませてしまう工夫が必要でしょう。

ただあまりに短いと、メイクとクレンジング剤が馴染まないので、注意が必要です。

 

またお肌にはデリケートな部分とそうでない部分が混在しています。

ですから顔全体に同じクレンジング剤を使用するのも実は危険です。

 

アイメイクやマスカラなどのメイクは落としにくいので、洗浄力の強いクレンジングを使用するでしょう。

しかし頬などのファンデーションは多少洗浄力の弱いクレンジング剤でも十分落とすことが出来ます。

 

それからクレンジングするときには必ずぬるま湯を使用してください。

ぬるま湯の方がメイクは落としやすいです。

 

それに冷水は毛穴を引き締めてしまうので、毛穴に詰まったメイクを十分落とせないことがあります。

メイクを完全に落とした後に冷水を使用する分には問題ないでしょう。

 

ただ熱過ぎるお湯は皮膚の水分まで一緒に奪ってしまいます。

ですから体温より少し低い程度のぬるま湯が理想的でしょう。

 

W洗顔は忘れずに

多くの女性はクレンジングとW洗顔していることと思います。

クレンジングオイルで洗顔しただけでは、お肌に油脂が残ってしまいます。

 

メイクもクレンジングもしっかり落とさないと肌トラブルに繋がりますから、W洗顔は必要です。

でも乾燥肌や敏感肌の方にはW洗顔はおすすめできません。

 

というのもクレンジングオイルにはメイクを落とすために大量の油分と界面活性剤が含まれています。

この界面活性剤は洗剤などにも使われる成分で、水と油をなじませるために配合されます。

 

界面活性算は優れた洗浄力を実現する一方、お肌に刺激を与えて、負担となるのです。

ですからクレンジングでお肌にダメージを与えた後、さらに洗顔をすると、お肌に必要な皮脂や水分を根こそぎ奪ってしまうのです。

 

そうするとお肌は乾燥しますし、角質層も傷ついてしまいます。

ではW洗顔はしない方が良いのかといえば、そうではありません。

 

メイクは普通の洗顔料では落とすことは出来ませんし、普通のクレンジングだけではお肌に残ったクレンジング剤や汗や古い角質を落とすことが出来ません。

実際乾燥するからという理由でW洗顔をしないと、お肌に残ったファンデーションやクレンジング、皮脂、汚れは毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因となるでしょう。

 

さらにこの状態を放っておくと、皮膚上で酸化してシミ、皺を引き起こします。

ですからダブル洗顔自体は必要な行為といえます。

 

ただダブル洗顔をすることで肌トラブルが起こりやすいという人はどうしたら良いのでしょうか。

それにはW洗顔不要のクレンジングを使うと良いでしょう。

 

W洗顔不要のクレンジングは毛穴汚れや古い角質もしっかり落としてくれるから、クレンジング後の洗顔が要らないのです。

洗顔とクレンジングが同時に出来るので手間もかかりませんし、おすすめです。

 

スクラブ配合のクレンジング

大きな毛穴や黒ずんだ毛穴に悩む女性は多いことでしょう。

毛穴に詰まった黒ずみは顔色を暗く見せてしまいますし、にきびや湿疹も出来やすくなります。

 

小鼻の黒ずみやTゾーンの湿疹、なんとかしたいですよね。

でも正しいスキンケアが出来ていれば、毛穴の黒ずみ、くすみ、ニキビや湿疹は綺麗になるのです。

 

ではどうやってお肌をケアすれば良いのでしょうか。

おすすめはスクラブ入りのクレンジング剤でメイクと一緒に毛穴の汚れを落としてしまうことです。

 

最近はスクラブ入りのクレンジング剤も増えてきました。

スクラブは毛穴に詰まった汚れや角栓を除去するのに役立つ成分ですが、中には刺激が強く、お肌にダメージを与えてしまうものもあります。

 

ですからこれまでは毎日のケアに毛穴や角質のケアをすることは正しいスキンケアではないと言われていたのです。

でもお肌に優しいスクラブであれば、お肌への刺激を気にする必要はありませんね。

 

そこでおすすめするのが、こんにゃくスクラブを配合したリ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

従来のスクラブ剤は合成系のものが多く、人体には有害とされていました。

 

かといって天然系のスクラブも高価であり、お肌への負担も少なからずあったのです。

でもこんにゃくスクラブはこんにゃく属の植物に含まれる高分子「グルコマンナン」は球体で出来ており、天然成分なのでお肌には優しいのです。

 

日々毛穴ケアをして、古い角質を除去できれば、お肌は清潔で肌トラブルの悩みも解消するはずです。

毛穴に詰まった皮脂や汚れ、化粧残りは時間が経つと過酸化脂質に変化して、毛穴の黒ずみやにきび、吹き出物の原因になります。

 

毎日溜まった皮脂汚れや角質、お化粧はクレンジングでしっかり落とさなければなりません。

是非お肌にやさしいスクラブ入りのクレンジングで毛穴ケアしましょう。

 

さらにリ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングにはヒアルロン酸などの美容成分が40種類以上配合されています。

ヒアルロン酸の効果についてはこちらをご覧ください。

 

ポイントメイクはクレンジングで落とさない

メイク落としに使うクレンジング剤、面倒だからと顔全体に同じクレンジング剤を使っていませんか。

メイクにも落としにくいものと落としやすいものがあります。

 

ファンデーションなどTゾーンや頬、顎周りに付けた化粧品は割と落としやすいものです。

でもアイメイクやグロス、口紅などのポイントメイクは通常のクレンジング剤では落としにくくありませんか。

 

ポイントメイクはクレンジングではなく、専用のリムーバーで落とす方が楽ですし、お肌に与える負担も小さくなります。

それにポイントメイクをする目元や唇、口元はとってもデリケートな部分です。

 

ですからクレンジング剤でごしごし擦ると摩擦がお肌に強い刺激を与え、肌トラブルの元です。

それどころか十分にメイクが落とせていないと、毛穴に詰まってニキビや黒ずみ、クマやしみの原因になってしまいます。

 

しかも最初にメイクを落とすのは、アイメイクや口紅という方がほとんどでしょう。

アイメイクや口紅などの化粧品が混ざったクレンジング剤でTゾーンや頬、顎周りなどに塗り拡げていたとしたら、とっても危険ですよ。

 

さてポイントメイクを落とす際に使用するリムーバーが何故良いかというと、洗浄力が強く、落ちにくいメイクもスルッと落とせてしまいます。

でも洗浄力が強いとお肌に負担にならないかと思われるでしょう。

 

リムーバーでメイクを落とすときは短時間で済ませることが大切です。

洗浄力の弱いクレンジングで長時間かけて、ゴシゴシ擦る方がお肌には良くなりません。

 

リムーバーなら力も入れる必要がなく、滑らせるだけでメイクが落とせます。

もちろんリムーバーは洗浄力が強いですから、ポイントメイク落とし以外には使用しないでください。

 

お肌に塗りつけてしまうと、お肌の皮脂や角質、水分を奪ってしまいます。

またメイクを落とした後はしっかり洗顔をして、リムーバーもきちんと洗い流します。

 

メイクを落とす場所や、使っている化粧品に合わせてクレンジング剤を変えることは基本です。

しっかりメイク落としを使い分けて、美肌作りに取り組みましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*