美肌に良い食べものや飲み物の選び方

食事
Pocket

美肌になる食べ物とは

美肌になるには、スキンケアだけに頼ってはいけません。

どんなに高い化粧品を使っても、食事が私たちの体を構成していることを忘れないでください。

 

毎日の食事に気を付けて、体の中から綺麗になることで自然と美肌を手に入れることが出来ます。

添加物ばかり入ったコンビニのお弁当やカップラーメンばかり食べず、お肌と健康に良い食事を心がけましょう。

美肌に良い食材と栄養素

ここでは美肌に良い食材をご紹介します。

まずなんといっても美肌に良い栄養素はビタミン類です。

 

ビタミン類とは、ビタミンA、B、C、Eなどありますが、どれも美肌には効果があります。

例えばビタミンCはコラーゲンの生成を促進する働きがあり、ハリと弾力のあるお肌になるには欠かせない栄養素です。

 

抗酸化作用があるので、シミや皺の原因である活性酸素の発生を抑制するなどの効果もあり、主にピーマンやブロッコリー、キャベツ(芽キャベツも豊富)、かぼちゃ、ミニトマトなどの野菜、アセロラやキウイ、レモンなどの果物にも豊富に含まれています。

さらに抗酸化作用があるのはビタミンEも一緒です。

 

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、いくらやすじこなどの魚卵に多く含まれます。

新陳代謝も活性化させるので、新しい細胞の生成を促進してくれます。

 

またレバーやウナギ、にらなどに含まれるビタミンAはお肌の水分含有量を維持する働きがあり、乾燥肌を防ぐ効果もあるのです。

ビタミン類は単体で摂るより、一緒に摂取した方が相乗効果があるので、色んな食材を食べるようにしましょう。

 

さらにコラーゲンが豊富なのは煮魚や鳥の皮、ホルモンなどがありますが、食感が独特ですし、美肌が気になる女子は誰しもチェックしていることでしょう。

ご存じの通り、コラーゲンはビタミンCと一緒に食べると効果がアップします。

 

また細胞間をつなぐセラミドですが、食品から摂取することも可能です。

こんにゃくやゴボウ、黒豆、ひじきなんかに含まれています。

 

セラミドが細胞間にすき間なくあるお肌は水分や油分を含み、お肌の潤いを保ちます。

また美肌になるにはお肌まできちんと栄養が届く必要があります。

 

血流が悪いと、栄養や酸素が体の隅々まで行きとどかないので、美肌とは程遠いボロボロのお肌になる可能性があります。

血流改善にはショウガやニンニク、ネギ、納豆などが有効です。

 

キムチの美肌効果とは

昨今、キムチの美肌効果が注目されています。

確かに韓国の女性はお肌が綺麗ですよね。

 

キムチと美肌にはどんな関係があるのでしょうか。

キムチはビタミンやミネラルも豊富ですし、発酵食品なので酵素も入っています。

 

酵素やビタミンは加熱処理すると効果が半減してしまうので、生のまま発酵させるキムチは酵素の働きが無くなることはありません。

酵素といえば酵素ダイエットが人気ですが、酵素ダイエットで美肌になる人もいるぐらいです。

 

また他の食材と違うのは、乳酸菌が豊富であることに美肌の秘訣があります。

乳酸菌という善玉菌が腸内環境を整えることは皆知っていることだと思います。

 

さらに白菜の食物繊維が蠕動運動を活性化させて、老廃物を排出する効果があることも美肌に繋がるのでしょう。

キムチを食べることで腸内に善玉菌が増え、便秘が解消しやすくなります。

 

便秘はお肌の大敵と言われるように、腸に溜まった便は毒素を放出して悪玉菌を増殖させます。

さらに毒素は腸壁から侵入して、全身に流れていきます。

 

体を巡った毒素が皮膚から吐き出されると、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因ともなるのです。

つまり美肌になるにはまず体の中から綺麗にすることが大切といえます。

 

キムチに含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌なので、胃酸で死滅しにくいのもポイントです。

いくら乳酸菌を豊富に体内に取り入れても、胃酸で死滅しては効果が半減してしまいます。

 

さらにキムチは唐辛子で雑菌の繁殖を抑えているので、乳酸菌が繁殖しやすく、漬物に比べて乳酸菌が多いとされています。

また唐辛子はβカロテンも豊富に含んでいるので、活性酸素の発生を抑えたり、ビタミンAを大量に生成して皮膚や粘膜を正常化する働きもあります。

 

ビタミン、ミネラルに乳酸菌、食物繊維とβカロテンと美肌のための栄養素を大量に含有しているからこそ、キムチがお肌に良いのはお分かりいただけたと思います。

 

美肌には酵素がおすすめ

酵素は元々人間の体内で生成されるものですが、年を取ると次第になくなっていくものです。

実はこの酵素が美肌の秘訣だと最近言われています。

 

というのも若いころは特段対策をしなくても、美しいお肌を保っていられます。

これは若いころは酵素が盛んに生成されるためであり、消化、吸収、代謝、排泄が滞りなく行われているために美肌を維持できるのです。

 

酵素は生命活動を維持するのに必要な栄養素で、極端な話酵素がなくなると生きてはいけません。

酵素は主にたんぱく質で出来ていますが、その種類は数千種類にも及びとされています。

 

大きく分けると消化時に使われる消化酵素、代謝時に使われる代謝酵素というものがあります。

体内で精製される酵素の量には限界があるので、消化に大量に酵素を使っては代謝が十分に働かないので注意が必要です。

 

暴飲暴食は酵素を浪費します。

酵素を上手に使うことは大切ですが、体内で不足した酵素は食べ物から補うことも出来ます。

 

これを食物酵素といいますが、野菜や果物に多く含まれています。

ただし酵素は加熱に弱く、50℃以上で変性してしまいます。

 

そのため酵素を取るなら生のまま野菜や果物を絞った酵素ジュースがおすすめというわけです。

体内に酵素が豊富にあると、消化吸収が円滑に行われ、体の隅々まで栄養が運ばれるので、お肌にも十分栄養が行きとどきます。

 

また体内に老廃物が溜まりにくくなるので、お肌を荒れさせる元から断つことが出来るんです。

最近では酵素ドリンクや酵素サプリも市販されているので、一度お試ししてみてください。

 

酵素には代謝を良好にしてダイエット効果もあるので、酵素ダイエットで老化を防ぐことが出来ます。

酵素でお肌にハリと潤いを与え、美肌を手に入れてください。

 

美容ドリンクの選び方と注意点

美肌になるための美容ドリンクは数多く販売されており、需要の高さが伺えます。

でも余りに種類が多すぎて、どれを飲んで良いか迷ってしまいます。

 

色んな美容ドリンクを試された女性の方は多いと思いますが、効果のあるものはありましたか?

実際に飲んで、効果を実感するのが一番なのですが、効果のほどが分からない、効くのに時間がかかる、効いている気がする、かなり効いているなど意見はさまざまです。

 

正直な話、その人のお肌の状態や身体の調子など色んな要因が絡み合っているので、一概にこの美容ドリンクが良いとは言えません。

美容ドリンクはコンビニやドラッグストアなどの店頭だけでなく、インターネットでも手にすることが出来ますので、色んな商品を試して、自分に合うものを見つけるのも良いでしょう。

 

最近の美容ドリンクはピーチやグレープフルーツ、マスカットなど飲みやすい商品が増え、ジュース感覚で飲めるのも人気の秘密だと思います。

美容ドリンクも頻繁に飲むのであれば美味しい方が良いですし、最近では不味い美容ドリンクを見つける方が難しいです。

 

特に美容、美肌に良い成分として知名度が高いのは、コラーゲンやヒアルロン酸ではないでしょうか。

コラーゲンやヒアルロン酸は元々皮膚に存在する成分で、安全にお肌のハリや潤いを与えることで人気があり、多くの美容ドリンクにも配合されています。

 

なお一口にコラーゲンといっても、魚や動物など原料による違いはあります。

魚の場合は海洋性コラーゲンと呼ばれ、動物性よりも安全性が高いと言われます。

 

動物性コラーゲンは主に牛や豚を原料としているものが多く、加熱に強いという特徴から、多くの製品に使用されていました。

しかし最近では安全性の高さや吸収のしやすさから、海洋性コラーゲンを配合した商品が増えています。

 

また最近ではプラセンタも美容と健康に効果が高いと人気が出ていますね。

それからお肌の新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを促進するビタミン群も昔から需要があります。

 

これらの成分はお肌に良いことはもちろんですが、効果を実感できるかどうかは個人差があることを理解すべきです。

インターネットの口コミを参考にするのも良いですが、最後には自分の判断で効果を確かめてください。

 

なお、美容ドリンクはあくまで栄養を補助すること、栄養バランスを整えることが目的の商品です。

ですから主要な栄養素は日々の食事から摂取することを忘れないでください。

 

また美容ドリンクさえ飲んで入れば、お肌もきれいになり、いつまでも若くいられるわけではありません。

美肌の基本は食事、睡眠、そして規則正しい生活ですので、お忘れないように。

 

最近ではダイエットに酵素ドリンクを使う方が増えていますが、酵素ドリンクは美容や健康にも効果があります。

酵素ダイエットについてこちらに書かれていますので、ご覧ください。

 

コーヒーが美肌に良い?

コーヒーが体に悪い、美容にも良くないイメージがありませんか。

でもコーヒーの持つ効果は近年次第に明らかにされ、美肌にも良い効果があるということが分かっています。

 

コーヒーにはポリフェノールが含まれていることはご存じでしょうが、その量はワインよりも多いとされています。

特に日本人はワインよりコーヒーを飲む人が多いでしょうから、ポリフェノールをコーヒーから摂取しています。

このポリフェノールが美肌の秘訣なんです。

 

お肌を荒れさせる原因のひとつにが活性酸素の発生がありますが、コーヒーに含まれるポリフェノールは活性酸素の発生を抑制してくれるのです。

さらにはシミの原因であるメラニン色素の過剰生成を防ぐことも分かっています。

 

コーヒーを毎日飲んでいる人は圧倒的にシミや皺が少ない人が多いようです。

またコーヒーにはカフェインが含まれており、利尿作用が働いて、体内の老廃物と一緒に余分な水分を排出してくれます。

 

むくみの解消や血流改善にも一役買ってくれますし、癌や糖尿病の予防にも効果を発揮します。

ただコーヒーの飲み方には気を付けなければなりません。

 

コーヒーには利尿作用がありますから、水分補給として使用することが出来ません。

また胃酸の分泌を促進するので、空腹時に飲むと胃壁にダメージを与えます。

 

そんな時はミルクを入れると胃腸への刺激をやわらげることが出来ます。

それからコーヒーに砂糖をたくさん入れる人もいますが、砂糖を過剰に入れると糖尿病予防になるどころか、糖尿病を誘発します。

 

出来ればブラックかミルクのみを入れ、朝飲むなら食事をした後、あるいはお昼過ぎに飲むと胃腸を荒らさずに済みます。

最近ではごぼう茶の健康効果も注目されています。

 

ごぼう茶で若返るかもしれませんね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*