入浴するとかゆい!アトピーに良い温泉は?

アトピー
Pocket

入浴でアトピーが悪化する理由

アトピーのスキンケアは皮膚を清潔にすることが大切ですので、お風呂に入ることは欠かせません。

アトピーによいはずの入浴がなぜアトピーを悪化させるのでしょうか。

その原因はいくつかあります。

  1. 塩素による皮膚の乾燥
  2. 皮膚が温まることによるかゆみ
  3. 洗浄力の強い石鹸で皮脂まで落としてしまう

理由はいろいろありますが、主要な原因は上記の通りです。

上手なお風呂の入り方

日本の水道水には海外に比べ、多くの塩素が投入されています。

塩素により、バクテリアや大腸菌が繁殖しないのはよいことですが、塩素は人間にとっても有害です。

 

塩素は皮膚の細胞を破壊し、乾燥させます。

乾燥した皮膚はバリア機能が低下し、外部刺激に弱くなってしまいます。

 

そこに洗浄力の強い石鹸やボディーソープなどを使うと、肌はさらに痛んでしまいます。また体が温まるとアトピーはかゆくなります。

対策としては、次のような方法が考えられます。

 

  1. 塩素を除去する
  2. 無添加低刺激の石鹸を使う
  3. ぬるま湯にする

 

塩素を除去するには、シャワーヘッドを交換することで対策できます。

またお風呂に溜めたお湯はビタミンCの入った入浴剤などで塩素を中和できます。

 

毎日浴びる水道水ですから、塩素の量、頻度も相当なものです。

髪がきしきししたり、皮膚がヒリヒリするのはもしかしたら塩素のせいかもしれません。

 

また石鹸だけでなく、シャンプー、洗顔料も刺激の少ない、無添加のものを選ぶようにしてください。

合成界面活性剤や防腐剤などが含まれていると、アトピー肌の炎症は悪化します。

 

必要な皮脂まで取ってしまうため、頭皮にもよい影響を与えないでしょう。

またお風呂の温度は38℃~40℃がアトピー肌にはよいとされています。

 

入浴も色々と気を付けることで、アトピーに与える影響は大きいと思います。

 

アトピー肌の洗い方

皮膚の炎症やかゆみがひどいとついついゴシゴシ洗ってしまいたくなります。

お肌には細菌やアレルゲンがついていますし、古い角質を落とすためにも皮膚を清潔にすることはとっても大切です。

 

ただし強い刺激はアトピーを悪化させますから注意してください。

皮膚が傷つかないように手で洗ったり、柔らかいタオルを使ってやさしく洗うと適度な刺激で皮膚にはよい効果を与えます。

 

石鹸をよく泡立てて、泡でなでるように洗います。

今は敏感肌用の石鹸も販売されていますから、一度お試ししてみるのもよいでしょう。

 

ただ石鹸選びはそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

また泡をよく流すことも大切です。

 

石鹸やシャンプーなどの洗剤が残っていると、アトピーの敏感肌を刺激して悪化させます。

体のすみずみまでゆっくりと洗い流しましょう。

 

汗をかきにくい冬の季節などは石鹸を使わずにシャワーだけで済ますのもよいかもしれません。

皮膚の保湿成分が奪われないので、お肌はカサカサにならずに済みます。

 

体質にもよりますから、自分のお肌の状況に合わせてご自分で判断してください。

ただ毎日の入浴は欠かさないようにしてください。

 

皮膚には体内からの分泌物や外部からの細菌や汚れがついていますから、シャワーだけでも浴びるようにしましょう。

入浴後は柔らかいバスタオルを押し当てるように水分を拭き取り、乾燥しないうちに保湿するのもポイントです。

 

アトピーの温泉治療

よく温泉地に行くと、効能が書かれている温泉がありますが、温泉はアトピーの改善に効果があるといわれます。

温泉は体を温めるため、アトピーのかゆみが出てきてあまりよくない印象を受けますが、そんなことはありません。

 

入浴には神経をリラックスさせます。

特に温泉にはさまざまな成分が含まれていますから、アトピー性皮膚炎のかゆみが抑えられることがあります。

 

温泉にもさまざまな成分がありますが、アトピーに有効とされているのは、アルカリ泉、単純炭酸泉、単純温泉などといわれます。

なるべくなら温度の低い温泉にゆっくり入ることをおすすめします。

 

温泉治療といわれるように継続すると、アトピーの改善に効果があったということもよく聞かれます。

また温泉にゆっくりつかることでストレスを緩和し、血行をよくしてアトピーの皮膚症状が改善されます。

 

アトピー治療に温泉を使ってみるのもよいかもしれません。

 

お風呂上りはアロマでリラックス

アロマセラピーが一時期ブームになりましたが、アロマにはハーブから抽出された天然のエッセンシャルオイルを使い、 心身の不調をケアし、リラックスさせる効果があります。

アトピーへの効果としては、かゆみを抑えたり、殺菌効果が期待されます。

 

ストレスは自律神経のバランスを崩し、免疫機能を低下させるため、アトピーを悪化させる原因となります。

アトピーのかゆみによって、さらにストレスを感じるとアトピーは悪化するという悪循環をもたらします。

 

アロマはストレス緩和の効果が期待できるため、アトピーが改善するかもしれません。

またリラックスできることで、睡眠の質も高めることが出来るため、自律神経のバランスや免疫機能を整えます。
よい睡眠はアトピーに限らず、さまざまな病気の予防にもつながるでしょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*