アトピーをなんとかしたい!乳酸菌で体質改善

美肌
Pocket

腸内環境を整えて免疫力アップ

腸内には人間の免疫機能の約70%が集中しているといいます。

免疫力を保つには、腸内環境が正常であることが大切です。

 

腸内環境が良好であれば、病気にもかかりにくくなります。

このことは、アトピーについても同じことがいえます。

乳酸菌が有効

アトピーになる原因は食物アレルギーの場合、たんぱく質などの消化不良が主な原因です。

つまり消化酵素や腸内の働きが活発でないとアトピーを発症する原因となります。

 

腸内環境を整える食品として乳酸菌が有名です。

乳酸菌にはビフィズス菌やラクトバチルス菌など、さまざまな種類があります。

 

作用としては、腸内環境のバランスを回復する整腸作用、消化器症状の改善、免疫力増強、発ガン抑制作用、コレステロール抑制作用などです。

腸内の細菌には善玉菌と悪玉菌がありますが、細菌の総数は決まっていて、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば善玉菌が減るのです。

 

乳酸菌は腸に届くまでに死滅するといいますが、生きて腸まで届く乳酸菌もありますし、乳酸菌の死骸も善玉菌のエサとなるので有効です。

乳酸菌を含む食品として、ヨーグルトや味噌、納豆などの発酵食品があります。

 

ただし、どの食材にアレルギーを持つかは人によって異なるので、アレルギーの原因となる食品は摂らないようにしましょう。

またオリゴ糖も善玉菌のエサとなり、善玉菌の働きを活発にしてくれますので、合わせて摂取したいものです。

糖質といっても砂糖はアトピーを悪化させます。

砂糖は消化される際にビタミンを消費するため、皮膚の健康によくありません。

 

またビタミンはヒスタミンの生成を抑える働きがありますから、砂糖の摂取は控えましょう。

また、食物繊維を多く摂ることもおすすめします。

 

例えば、野菜や果物です。

これらは老廃物を排出してくれるので、腸内環境の改善に有効です。

 

善玉菌を増やし、腸内のバランスを整えることによって、アトピーは改善する可能性は高いです。

肉や油はアトピーの原因になりやすいですが、過度に摂取しなければ問題はありません。

 

逆に全く摂らないと体力が無くなってしまうので、最低限摂取する必要はあります。

またごぼう茶は食物繊維が豊富なため、便通が良くなると評判のお茶です。

 

食事のバランスを考え、食生活を改善していきましょう。

 

オリゴ糖もおすすめ

近頃、オリゴ糖にさまざまな効果があるとして、注目を集めています。

実はオリゴ糖はアトピー性皮膚炎の症状の改善に一定の貢献をするとみられています。

 

アトピーは皮膚で起こったアレルギー反応が原因です。

アトピーは外部の刺激に対して、免疫機能が過剰に反応してしまうために発症します。

 

このアレルギーの症状を緩和する役割が、オリゴ糖にはあるのではないかとみられています。

最近の研究で、腸内環境がアレルギーに深く関わっていることがわかってきました。

 

つまり腸内環境の悪化がアトピーを発症させるのです。

腸内環境が悪化すると、体の免疫力が低下します。

 

また消化力も弱まるため、アレルギーの原因である異物は容易に体内に侵入してしまいます。

腸には体の免疫細胞の70%が集まっています。

 

アトピーのつらい症状のほとんどは、人間の体に備わっている免疫の過剰反応から起こっています。

腸内環境を整えることによって、薬に頼らずにアトピーの症状を改善させる体を作っていくことが期待できます。

 

またアトピーに限らず、さまざまな病気から身を守るには、腸内が元気である必要があるのです。

腸内環境を整える成分に乳酸菌が有名ですが、乳酸菌は腸に届くまでに多くが死滅してしまします。

 

しかし乳酸菌の死骸も腸内の乳酸菌のエサになりますから、乳酸菌を摂取することは全く無駄ではないのですが…。

乳酸菌以外にも、オリゴ糖は腸内環境を正常化させるといいます。

 

それはオリゴ糖が腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌の働きを活性化させるからなのです。

オリゴ糖には様々な種類がありますが、アトピーに対しては北海道産のテンサイから抽出されたラフィノースというオリゴ糖がよいといわれています。

 

砂糖はアトピーの炎症やかゆみを悪化させますから、砂糖をオリゴ糖に変えてみるのも効果的です。

 

ヨーグルトのアレルギー抑制効果

ヨーグルトがアトピーや花粉症のアレルギー反応を抑制する効果があると考えられています。

アトピーの発症には免疫力の低下が考えられますが、免疫力と腸内環境は密接な関係を持っています。

 

腸内には体にある免疫細胞の約70~80%が集中しているといいますから、腸内環境を整えることは免疫機能を強化する上で重要な働きを持っています。

ヨーグルトにはご存じの通り乳酸菌が含まれていますから、腸内の善玉菌を増殖する効果が期待できるため、免疫力を強めてアトピーが改善するという例がよく見受けられます。

 

腸内環境を整えることはアレルギーだけでなく、病気をせずに長生きすることにもつながります。

人間だけでなく犬も腸内環境を整えることが、犬を長生きさせる方法の一つです。

 

ただし問題があって、ヨーグルトは乳製品ですから乳製品アレルギーであると効果があるどころか悪化してしまう恐れがあるということです。

人によって体質も異なるため、ヨーグルトがアトピーに効果があるかどうかも人によって異なると考えられます。

 

さてヨーグルトにもさまざまな種類がありますし、含まれている乳酸菌もそれぞれ異なります。

アレルギー性疾患に有効な乳酸菌とは何なんでしょうか。

 

カスピ海ヨーグルトのアレルギーへの効果を参考にさせていただきましたが、通常のヨーグルトではアレルギー症状の緩和に効果が見られないということもあるそうです。

この記事によるとクレモリス菌FC株で発酵させたカスピ海ヨーグルトがアトピー性皮膚炎への症状の緩和が研究によって明らかになったといいます。

 

逆に他の乳酸菌で発酵させたヨーグルトでは効果が見られないそうです。

乳酸菌が含まれているヨーグルトなら何でもよいというわけではないのですね。

 

整腸作用や免疫調整作用を持ち、アレルギー性疾患の予防には、プロバイオティクスという微生物が存在します。
例えばラクトバチルス菌やビフィズス菌などです。

納豆に含まれる納豆菌もこのプロバイオティクスに含まれますので積極的に摂取したいものです。

 

またヨーグルトを食するときに甘み成分を補うために砂糖を入れると思いますが、砂糖はアトピーを悪化させる原因となりますので、注意が必要です。

ヨーグルトに甘みを加えたいのなら、オリゴ糖を加えてみると腸内環境を正常化させるのにうってつけです。

 

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、増殖させますから相乗効果が期待できます。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*