アトピーでお肌がかゆいをなんとかしたい!?

かゆい
Pocket

アトピーのかゆいをなんとかしたい!

アトピーなどの皮膚トラブルのほとんどは皮膚の水分量が不足していることに起因しています。

乾燥した皮膚は細胞間に隙間が生じ、アトピーなどの皮膚の炎症を引き起こします。

 

本体皮膚は保湿されていて、アレルゲンなどの刺激から皮膚を守ってくれています。

これをバリア機能といいますが、アトピー肌の皮膚はこのバリア機能が低下している状況がよく見られます。

スキンケアは有効?

皮膚にとって必要な成分はコラーゲンやセラミドなどが挙げられます。

コラーゲンは体内でも生成されますが、生成にはビタミンCが必要です。

 

またビタミンB2やビタミンB6、ビタミンEといった成分も活性酸素を抑え、新陳代謝を促し、皮膚の免疫力を向上させます。

食事からこれらの成分を摂取することも大切ですが、化粧品にもこういった成分を取り入れることで肌本来の力を呼びさまし、アトピーを克服していくことができます。

 

食事から摂取するのが難しいようであれば、青汁などのサプリメントも有効に使いましょう。

スキンケアに使用する化粧品もさまざまありますが、自分に合ったスキンケアを選ぶことが大切です。

 

スキンケアをする化粧品を選ぶ際に気を付けてほしいことは、無添加であることです。

化学物質を使用している化粧品はアトピーを治すどころか逆に悪化させて、皮膚のかゆみや炎症を起こすこともあります。

スキンケアにおいて大切なことは

  1. 無添加のなるべく天然由来の化粧品を使うこと
  2. 皮膚を清潔な状態にすること
  3. 皮膚を保湿してバリア機能を保つこと

 

スキンケアをする際は必ず皮膚を清潔な状態にしてから行ってください。

保湿バリアを作って外部の刺激を防いでも内側に細菌がいたのでは意味がありません。

 

また石鹸は皮脂まで奪ってしまうような強い石鹸もおすすめ出来ません。

低刺激の無添加石鹸を使うようにしましょう。

 

汚れを落とそうとゴシゴシ洗いたくなる気持ちも分かりますが、なるべくしっかりと泡だてて、優しくマッサージするように洗う方が肌にはよいのです。

皮膚をきれいにした後はすぐに乾燥してしまうため、なるべく早く保湿をすることも大切です。

 

化粧水やクリーム、乳液も皮膚と同じ弱酸性の自然に近い成分をおすすめします。

防腐剤や界面活性剤を使用した化粧品は皮膚の炎症を引き起こすことがあるため、なるべく無添加の天然由来の成分を配合したものを使用するようにしてください。

 

アトピーのかゆみ対策

アトピーに発症した皮膚は過敏になっていて、刺激(ダニ、汗など)に対してかゆみが生じます。

そのかゆみのために自分で掻きむしり、ますます湿疹などの炎症を悪化させる原因になります。

 

対策としては、まずはかゆみを抑えることが大切です。

そのためには皮膚を清潔に保つスキンケアをします。

 

スキンケアは皮膚を清潔に保ち、皮膚の乾燥を防ぐために保湿剤で皮膚を保護することが基本です。

皮膚がジュクジュクしているとき、黄色い汁が出ているとき、特に夏場の汗をかきやすいときはシャワーを浴び、皮膚を清潔にしてからスキンケアをするようにします。

 

入浴時の石鹸はなるべく低刺激の無添加石鹸を使い、良く泡立てて皮膚をやさしく洗います。

刺激や乾燥はアトピーを悪化させる原因となりますので、やさしく洗うことがポイントです。

 

保湿剤は非ステロイド軟膏、ワセリン、亜鉛華軟膏などがありますが、自分に合う保湿剤を使うようにしましょう。

化粧水やクリーム、乳液などの保湿剤も有効です。

 

皮膚のかゆみは乾燥肌であることも考えられますから、セラミド成分を配合した化粧水なども効果的でしょう。
また皮膚の健康にはビタミンの摂取が不可欠です。

またどうしても痒いときは叩くことも原始的ですが、有効です。

 

痒みを我慢できないからといってアトピーの炎症部を掻くのは絶対に禁物です。

またステロイド軟膏もある程度使わなければ、アトピーは治療できないと言われています。

 

ステロイドというとどうしても副作用があり、拒否反応を起こす人もいますが、アトピーにとっては有効な治療薬です。

ステロイドは、適切なタイミングで適量を塗布することで副作用は防げます。

 

最初にしっかりと使い、徐々にステロイドの量を減らしていくことが大切です。

ただし、見た目がきれいになったからといって、急にやめるのは禁物です。ステロイドの治療が長引く原因となります。

 

ステロイドは一時的にアトピーの炎症やかゆみを抑えているだけですから、アトピーの原因を把握し、アレルゲンを除去する必要があります。

なお、かゆみを抑えるのに即効性があるのは、サラヴィオ美容液がおすすめです。

 

気になるアトピー痕や色素沈着も改善すると評判です。

 

乾燥肌を治す

皮膚は乾燥していると、荒れた皮膚からアレルゲンが侵入し、アトピーなどの炎症を起こす原因となります。

侵入したアレルゲンは免疫細胞によって攻撃されますが、この際、皮膚に炎症が起こります。

 

免疫細胞はヒスタミンを放出させることで、アレルゲンを攻撃するのですが、このヒスタミンがアトピーの痒みの原因なのです。

痒みを我慢できず、掻いてしまうとさらにバリア機能が剥がれ、アトピーが悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

 

皮膚のバリア機能を強化するには皮膚の保湿を保ち、乾燥肌を治す必要があります。

つまりスキンケアが大切なのです。

 

アトピーのスキンケアにおいて大切なのは、皮膚を清潔にし、保湿剤を使って皮膚の水分量を保つことです。

人間は成長とともに体の水分量が減少していくものですから、大人になるにつれて皮膚が乾燥しやすくなります。

 

皮膚にはセラミドという成分があり、セラミドが皮膚が乾燥するのを防いでいます。

セラミドの不足が皮膚の乾燥ひいてはアトピーの原因となります。

 

成長とともに水分量が不足するのは仕方ありませんが、乾燥しにくい体にすることでアトピーは改善します。

まず皮膚を清潔にした後、なるべく早くセラミド成分を配合した化粧水などを使って皮膚を保湿するようにしてください。

 

化粧水やクリーム、乳液は自分の皮膚に合ったものを選ぶことが大切です。

化粧品には防腐剤が入っているものがありますが、アトピーを悪化させる原因になりますから、成分を確認し、こういった製品は使わないようにしましょう。

 

皮膚の湿疹や炎症が治らないようであれば、化粧品を変えるのも一つです。

化粧水は皮膚と同じ弱酸性のものを使い、乳液やクリームはなるべく植物由来のものを使うようにします。

 

また食事においても、乾燥肌対策をとることができます。

皮膚にとって必要な成分にコラーゲンがあります。

 

コラーゲンは体内で生成されるものですが、その生成にはビタミンCが不可欠といえます。

またビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEも重要な働きをします。

 

これらビタミンB群やビタミンEは免疫力を上げ、新陳代謝を促します。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な成分ですから、これらの栄養をバランスよく摂取することで、皮膚の老化を防ぐことができるのです。

 

お肌に良いものを使う

アトピーは乾燥肌であり、敏感肌であることが特徴です。

アトピー肌は皮膚がボロボロになっており、傷つきやすくなっています。

 

肌に直接触れる下着や衣類にも気を付ける必要があります。

羊毛や絹などの繊維は接触性のアレルギー反応を起こしやすいので、肌に合わないようであればなるべく使用しないようにしましょう。

 

できれば、吸水性のよい綿素材が刺激が少なく、アトピーの敏感肌には有効です。

また、洗顔や手洗い、入浴で使う石鹸も弱酸性の低刺激のものをしっかりと泡だてて使うようにします。

 

あまり洗浄力の強い石鹸は皮脂まで洗い流してしまい、皮膚が乾燥する原因となります。

刺激や乾燥はアトピーを悪化させる原因となります。

 

石鹸以外にもシャンプーや洗剤も低刺激なものを選ぶようにしましょう。

また入浴後はすぐに保湿剤を使って皮膚を保湿しますが、化粧水も弱酸性のものがよいでしょう。

 

化粧品には防腐剤が含まれていることがありますが、パラベンなどの防腐剤は、皮膚に湿疹が出ることも多いので、成分をよく確認するようにしてください。

クリームや乳液はなるべく自然に近い成分である植物由来のものを選ぶようにしましょう。

 

化粧品は接触性皮膚炎を発症することが多く、アトピーを悪化させて、かゆみや炎症がひどくする原因となります。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*