アトピーと便秘の意外な関係って知ってる?

パジャマ
Pocket

アトピーに便秘の人が多い?

アトピー性皮膚炎の患者の中には、便秘症である方が多く、およそ半数は便秘を併発しているようです。
腸内環境の悪化が免疫力の低下や免疫異常を引き起こし、アレルギー反応を起こしやすくしています。

実際に便秘だったり、宿便が腸内に残っている方の多くは、アレルギー発症率が高いとの実験結果が出ています。
便秘の原因は腸内の悪玉菌が優位の状態であることがあります。

問題は腸内環境の乱れ

普段便通が良いという方も、宿便が出ていないようであれば、腸内環境の細菌バランスが乱れている可能性はあります。
なお、悪玉菌優位の腸内では、善玉菌は排除されるため、ビオチンという成分が不足していきます。

ビオチンはアレルギーを予防するために必要であり、不足すると大腸癌などを発症する原因ともなります。
悪玉菌というのは総称であり、その種類は膨大になりますが、共通しているのは腸内に存在する嫌気性の腸内細菌といえます。

悪玉菌の一種であるインドールなどは、人間の体にとって有害な物質であり、体中を巡って、細胞に悪影響を与えます。
もちろんアトピー性皮膚炎を発症する原因ともなります。

腸内の細菌バランスが腸内環境の正常化に不可欠なのですが、何故バランスというような言葉を使うかというと、腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の総数は決まっており、善玉菌の数が増えると、悪玉菌が減るという関係に成り立っているからです。
善玉菌にはご存じの通り、乳酸菌があります。

特にアトピー性皮膚炎を治すためには、善玉菌の数を増やす必要があるのです。
腸内に溜まった老廃物や宿便は善玉菌にとって大敵ですから、便秘や宿便を解消させなければなりません。

便秘の解消には食物繊維が有効であることは有名な話ですが、食物繊維にも種類があります。
不溶性と水溶性と呼ばれる食物繊維がありますが、それぞれ役割が異なります。

不溶性食物繊維は主に植物などの細胞壁から摂取され、腸壁を刺激すると言われています。
不溶性食物繊維の一種であるリグニンなどは水に溶けないため、腸壁に溜まった宿便を剥がしていきます。

昨今は日本人の多くは食物繊維の必要摂取量を摂れていない傾向があり、便秘に悩む人も多いことでしょう。
特にアトピー性皮膚炎の増加原因の一つであると考えられます。

食事のバランスを見直して、まずは便秘や宿便から治していくとよいでしょう。
ごぼう茶には便秘解消の効果があるので一度お試しください。

アトピーの根源は腸にある

昔から腸が元気なら健康と言われているように、腸は生命を維持する上で大切な役割を担っています。
便秘が続いている方は、たかが便秘と侮らない方が良いかもしれません。

便が腸内に溜まっていると、腸の機能を最大限生かすことが出来ません。
むしろ腸に溜まった便は悪玉菌を増やし、有害な毒素を放出するようになるので、体を蝕んでいく恐れすらあるのです。

腸内環境を整えるならヨーグルトと言われていますが、ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、腸内で善玉菌を増やすので、腸が綺麗になると言われます。
実は腸内環境が整っていると、アトピーになりにくいんです。

ヨーグルトで花粉症が治ると一時期ブームになりましたが、腸が健康であると、アレルギーにも強くなるからです。
アトピーだけでなく、花粉症や喘息、鼻炎にも効果を発揮します。

私たちの腸内には腸内細菌と呼ばれる微生物は実に100兆個も存在すると言われます。
種類にしても数百種類もあり、大別して善玉菌と悪玉菌、それから日和見菌に分けられます。

善玉菌は腸に良くて悪玉菌は腸に悪いというイメージはなんとなく湧くと思いますが、日和見菌は何かというと、いわばどっちつかずの菌です。
善玉菌優位の腸内では、日和見菌は善玉菌になり、悪玉菌優位の腸内では悪玉菌になるという調子の良く、良く言えば要領の良い腸内細菌と言えるでしょう。

腸内環境を正常に保つには、善玉菌優位の腸内でなければなりません。
善玉菌は不要なコレステロールを体外へ排出したり、酵素を活性させて代謝を促進する、外来菌の侵入を防いで腸内細菌のバランスを保つ、発ガン物質などの有害物質を分解して無毒化したり、ステロイドホルモンやビタミンの生成といった働きをしてくれます。

つまり人間が健康でいること、生命を維持することは善玉菌の活躍なくして成り立たないのです。
ステロイドホルモンはアレルギーの炎症を鎮める作用があり、副交感神経が優位な時に引き起こるアトピーのかゆみや炎症、湿疹を抑える効果があるとされています。

それから善玉菌は免疫機能を維持向上する上でも大切な役割を担っています。
免疫機能を正常に保つ上で欠かせないのはリンパ球やマクロファージです。

これらは善玉菌の働きによって増殖し、外部から侵入したウィルスなどの病原体、がん細胞の増殖を防いでくれます。
善玉菌を増やすには、先ほどのヨーグルトを食べることも大切ですが、それ以外にも気を付けなければなりません。

まずチョコレートなどの甘いものを食べ過ぎないことです。
何故ならチョコレートなどに含まれる砂糖は直接善玉菌を破壊してしまいます。

また甘いものはビタミンB群を破壊したり、かゆみの原因とされるヒスタミンを放出させることも指摘されています。
ビタミンB群の中でもビタミンB2は粘膜の生成に必要な成分ですが、ビタミンの生成には腸内環境が正常でなければなりません。

腸内の善玉菌を破壊する上に、ビタミンB群も破壊してしまうので、砂糖はアトピーにとって良くはないのです。
それから悪玉菌を増やすような食事も避ける必要があるのです。

悪玉菌を増やす食事として代表的な食べ物が、脂っこいものやお肉です。
お肉をよく食べる人で、野菜や果物をあまり食べない人は決定的に腸内の善玉菌が不足しています。

お肉を食べるなとはいいませんが、食物繊維も同時に摂って、腸内環境を正常に保つように工夫しましょう。

アトピー性皮膚炎の患者の多くは腸内環境が乱れていることが多く、特に重症のアトピー患者は大腸炎を併発しているケースがまま見られます。
腸内に炎症があると腸壁のバリア機能が正常に働かず、アレルゲンが腸壁から侵入し、アレルギー反応を起こしやすくなります。

アレルギー反応は免疫反応ですが、人間の体を傷つけます。
腸内に炎症を起こす原因は消化の悪い食事やストレスに起因する悪玉菌優位になっていることが考えられます。

善玉菌は腸内の腐敗を防ぎ、腸内環境を正常に保つ役割を持っていますが、悪玉菌が増えると善玉菌が不足していきます。
悪玉菌が増殖すると、腸内に有害なガスが発生し、腸粘膜を刺激して炎症を起こします。

消化の悪い食事とは特に動物性たんぱく質が有害とされ、アトピーを引き起こす要因のひとつと考えられています。
そのため、動物性たんぱく質の過剰摂取は避け、食物繊維やビタミンの豊富な生野菜の摂取を心がけましょう。

アトピーは皮膚の病気ですが、皮膚の保湿やスキンケアをするだけではなく、腸内環境を整えるような食事をしてみてはいかがでしょうか。
腸内環境を整えるにはごぼう茶も最適です。

ごぼう茶の作り方はこちらをご覧ください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*