体質改善で免疫力強化すればアレルギーも治る?

くしゃみ
Pocket

アレルギーの原因は免疫機能の異常?

人間の体は元々、外部からのウィルスや細菌の攻撃に対処するための免疫が備わっています。
この中心的な役割を持っているのが血液中のリンパ球と言われます。

リンパ球にも種類があり、Tリンパ球とBリンパ球は互いに協力して体内に侵入した異物を排除しようと働きます。
リンパ球は抗体を作り出して、抗原といわれる異物を無力化するわけですが、この免疫機能に異常をきたすと、本来無害であるはずの異物に対しても抗体を作りだすため、アレルギー反応を起こすわけです。

免疫力を強化するには腸内環境を整える

アトピー性皮膚炎とは喘息や鼻炎などと一緒で、アレルギー性疾患のひとつです。
とくにダニやホコリなどのハウスダストに対して、アレルギー反応を起こすことが分かっています。

免疫力を強化するにあたっては、腸内環境を整えることが大切です。
腸内には免疫細胞のおよそ70%から80%が集まっており、腸内環境を洗浄することで細菌やウィルスに負けない体を作ることが出来ます。

さらに腸内環境を整えることで、栄養の吸収効率が上がり、代謝機能が向上します。
アトピー性皮膚炎の患者は通常よりも汗をかきにくいという特徴があり、代謝を良好にすることで汗をかきやすくするのです。

汗をあまりかかないと、皮膚角質層の水分含有量が減るため、バリア機能が弱くなります。
最近では、遺伝的にセラミド成分が不足しているケースがあり、皮膚の保湿力が弱い方がアトピー性皮膚炎にかかるという報告もなされています。

バリア機能の低下はアトピー性皮膚炎発症の原因のひとつとされており、外部からの刺激に弱いため、炎症や湿疹、かゆみを招きやすいのです。
このように遺伝的要因も無視は出来ませんが、体質を改善することで発症の確率を下げることは出来るようです。

酵素には腸内環境を整えて、体質を改善する効果があるようです。
酵素ダイエットのやり方も参考にしてください。

乳酸菌で免疫力強化

アトピーを根本的に治すには、免疫力を強化する必要があります。
免疫力を強化するには、食事や運動、睡眠など生活習慣全般を見直すことが必要ですが、一番簡単で即効性のある方法、それが乳酸菌です。

人間の腸内には、乳酸菌などの善玉菌の他、大腸菌といった悪玉菌など、数百種類もの細菌が存在しています。
善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしている状態で、善玉菌が優位であれば腸内環境は良いということになります。

善玉菌が優位の腸内は弱酸性の状態であり、悪玉菌が繁殖しにくい環境になっています。
一方で悪玉菌が増えると、腸内環境は悪化し、有毒なガスを放出するなど、肌荒れや便秘の元にもなります。

腸内には腸管免疫と呼ばれる、全身の免疫機能をコントロールしている場所に当たり、免疫力を強化するには、腸内環境を整えることが重要なのです。
また人間がアレルギー反応を起こすのは、体内に侵入したアレルギーの原因物質に対抗しようとIgEという抗体が作られるためなのですが、腸内環境が低下すると、アレルギーの原因物質の侵入を拒むことが出来ません。

乳酸菌は腸内環境を整える他、このIgE抗体の生成を抑制し、アレルギーに対抗するためのIgA抗体の働きを活発にしてくれます。
乳酸菌と一口に言ってもさまざまな種類がありますが、アレルギーに効果的なのは、L-92と呼ばれる乳酸菌です。

よく乳酸菌は腸に到達するまでに胃酸や胆汁の影響で死滅するなどと言いますが、L-92乳酸菌は胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸まで到達することができます。
乳酸菌を直接摂取することも効果的ですが、食物繊維やオリゴ糖などは乳酸菌のエサになるので、一緒に摂取すると相乗効果が期待出きます。

オメガ3の効能

オメガ3という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
オメガ3は不飽和脂肪酸の一種ですが、サバやイワシなど青魚に多く含まれるもので、アトピーにも有効な働きを持っています。

古来から青魚を食べる習慣のあるイヌイットは、ガンやアトピーなど免疫系の疾患にかかる人が驚く程少ないようです。
一方でアトピーにかかっている人は、食習慣の影響でオメガ3が極端に少ない人が多いようです。

元々昔の日本人は魚などからオメガ3を日常的に摂取していたので、免疫系の病気に強かったのかもしれません。
戦後の食習慣の変化に伴い、日本人は魚を食べる習慣が無くなり、アトピーにかかる人が増加しているとも言われます。

また近年多くの消費者が使用しているオメガ6脂肪酸を含む、サラダ油やコーン油などは炎症を引き起こす恐れがあることも指摘されています。
なるべくオメガ6を含む食品は摂取しない方が良いかもしれません。

このように油からアトピーを良くする方法を考えることも出来ます。
オメガ3は免疫系の病気などアレルギー性疾患にも良いとされているので、アトピーだけでなく、花粉症や喘息にも効果があります。

オメガ3は脂肪燃焼作用もあるので、ダイエットをしたい方もおすすめです。

たんぱく質の摂り方

赤ちゃんがアトピーを発症する主な原因にたんぱく質があります。
しかしたんぱく質は筋肉や血液など身体を作り出す重要な栄養素、全く摂らないことは健康上もよくありません。

一概にたんぱく質がアトピーに悪いのではなく、どんな食材からたんぱく質を摂るかが重要になってきます。
アトピーを引き起こすのは、未消化のたんぱく質が体内に残ってしまうからですが、消化に悪いのはお肉や乳製品に含まれるたんぱく質です。

お肉や乳製品は悪く、腸内で腐敗して悪玉菌を繁殖させます。
その結果、便秘、肌荒れを引き起こすのです。

元々肉食の欧米人はお肉を消化する酵素が日本人よりも多く、腸が短いのでお肉が排泄されるまでの時間が短いのです。
日本人は腸が長く、排泄に時間がかかるため、あまりお肉中心の食事は体質的に向いていないといえます。

しかしながら意外とたんぱく質は色んな食材に含まれており、魚や大豆に含まれるたんぱく質は比較的消化しやすいのです。
特に青魚(イワシ、サンマ、サバなど)にはオメガ3を多く含むので、アトピーには良い食材だといえます。

ただし青魚に含まれるヒスチジンにアレルギー反応を起こす人もいるので、症状が悪化するようなお魚は避けておきましょう。
それから大豆も善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

たんぱく質を摂取するなら大豆も積極的に摂取したい食材です。
乳製品は消化に悪いので、たんぱく質の摂取には向いていないと書きましたが、ヨーグルトは別です。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、大豆同様、腸内環境を正常化してくれます。
またヨーグルトに含まれるたんぱく質はアミノ酸レベルまで分解されているので消化しやすく、アトピーには良い食材といえます。

なお犬もアレルギーになるので、ドッグフードに気を付けなければなりません。
ドッグフードの選び方はこちらを参考にしてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*