喘息や口内炎はトマトで治すって本当?

食事
Pocket

トマトで喘息症状が緩和する理由

喘息によく効く食べ物はいくつかありますが、その内の一つにトマトがあります。

トマトを食べると喘息の症状が緩和するのはおそらく、トマトに含まれるリコピンに秘密があるようです。

実は気管支喘息を患っている患者の多くは血中のリコピン濃度が低いことが分かっています。

トマトを摂取することで血中のリコピン濃度が上昇すると、喘息症状が緩和する関連性については未だ明らかになってはいませんが、何かしらの因果関係がある可能性は高いようです。

特に効率よくリコピンを摂取するには、トマトをそのまま食べるよりもトマトジュースにして飲む方が良いと言われています。

実は生のトマトよりも加工したトマトジュースやケチャップの方がリコピンを多く含むようです。

これはリコピンが加熱調理をしても失われず、むしろ加熱によって吸収率を向上したためだと考えられています。

実際に喘息患者にトマトジュースを毎日飲んでもらったところ、症状が明らかに改善した、呼吸が楽になった、咳が出なくなったと実感できた例はいくつもあるようです。

残念ながらリコピンは人間の体内で作り出すことが出来ず、しかも体内に蓄えておける量にも限界があります。

ですからリコピンは体外から継続的に摂取する必要があり、一度にたくさん摂取しても意味がありません。

実験では5か月以上トマトジュースを飲み続けることで、ピークフロー値の上昇を確認できたようです。

ですから少なくとも5か月以上はトマトジュースを飲み続ける必要があります。

リコピンの摂取によって喘息症状が緩和した人の多くは今後もトマトジュースを飲み続けたいと考えているようです。

ちなみにアレルギーに良い食べ物は色々あります。

こちらにはアトピーに効く玉ねぎについて書かれていますので、よろしければご覧ください。

トマトを食べると口内炎が早く治る

口内炎になったことが無い、という人はいないと思いますが、痛いし、沁みるし、美味しい食事も台無し、早く治したいと思うのは当然でしょう。

治りかけだったのに、歯で患部を噛んでしまい、また悪化してしまった、そんな経験もありませんか。

口内炎は薬を使ったり、栄養素をしっかり取るようにすると結構早く治りますが、必要な対策をしないでいるといつまで経っても治りません。

そもそも何故口内炎が出来るのは知っていますか。

一般的にはストレスや生活習慣の乱れによる免疫力の低下が原因と言われています。

免疫力が低下すると、唾液の量が減ると言われますが、唾液は口の中の細菌を殺菌する働きがありますから、唾液の量が減ることで、口内細菌が繁殖して、口内炎が出来てしまうのでしょう。

ですから口内細菌の繁殖を抑えるために小まめに歯磨きをすることもおすすめします。

歯磨きをするだけでも、口内細菌が減り、口内炎も早く治りやすくなります。

また睡眠時間が取れていなかったり、栄養素、特にビタミンB2、B6、Cが不足しているときも口内炎が出来やすいと言われています。

ですから、そんなときに食べて欲しいのが、ビタミンB2、B6、Cをバランス良く含んでいるトマトなのです。

トマトそのものでも良いし、あるいはトマトジュースでも構いません。

ビタミンB2やB6、Cは私たち人間の皮膚や粘膜の生成を促す栄養素ですし、炎症を抑える働きがありますから、皮膚や粘膜を正常に保つために欠かせない栄養素といえます。

ですから口内炎が出来たときはもちろん、普段からトマトを食べることで、口内炎の発生を予防することも出来るのです。

とはいえ口内炎が出来たときにトマトを食べると、トマトの酸味によって患部がしみますね。

しかし口内炎を早く治すためには致し方ありません。

それでも我慢して食べると、自然と痛みが治まっていることに気付くはずです。

多少痛みは伴うものの、その即効性は体を張って実証済です。騙されたと思って一度試してみてください。

どうしてもトマトが沁みて食べられないという人は、サプリメントなどでビタミン類を補給すると良いかもしれませんね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*