床で寝る方が腰痛には良いらしい

フローリング
Pocket

床で寝る方が腰痛に良い理由

最近はベッドの上に、マットレスを敷いて寝る方が増えています。

しかし床で寝る方が腰痛には良いといわれているのをご存じでしょうか。

もちろん床で寝るといっても、床の上にそのまま寝るわけではありません。

床の上にそのまま寝ると硬すぎますし、腰が冷えて腰痛が悪化します。

床で寝るときの布団選び

床で寝るとは、床の上に布団を敷いて寝るということです。

なぜか、マットレスはクッション性に優れているからです。

クッション性に優れている方が腰にはよさそうです。

しかし体が沈みすぎてしまうのは、実は腰にはよくないのです。

もちろんすべてのマットレスが悪いわけではありません。

しかし市販されている多くのマットレスは、クッション性が高い傾向にあります。

一方で床に布団を敷いて寝ると、マットレスに比べ硬いと感じるでしょう。

ただ体が沈みこむことはありませんので、腰にかかる負担は軽減されます。

これが床で寝る方が腰痛が改善するとされる根拠でしょう。

もちろんどんな布団を使っても良いというわけではありません。

布団にも柔らかい布団、硬い布団、厚い布団、薄い布団など色んな種類があります。

床の上に敷く布団によっては、腰痛が悪化する可能性はあります。

またどんな枕を使うかによっても、腰にダメージを与えてしまうかもしれません。

床で寝る方が腰痛に良いのは、あくまで一般論だと考えておきましょう。

腰痛にせんべい布団が良いか試してみた

せんべい布団って使ったことありますか。

せんべい布団はどんな布団かというと、綿がほとんど入っていなくて、薄くてぺらぺらな布団のことをいいます。

安い布団や、使い古した布団には、せんべい布団のようになってしまうことがあります。

床の硬さや冷たさが伝わってしまうので、せんべい布団に寝ていると体も痛いし、寝心地も良くありません。

しかし一般的にはせんべい布団で寝た方が腰痛には良いといいますね。

実際腰痛に良いのか自分でも試してみましたが、それほど腰に悪くはなさそうです。

柔らかい布団やマットレスで寝ると腰が沈んでしまい、翌朝腰が痛いことが良くあります。

しかし、思ったよりせんべい布団で寝た方が腰の痛みがないのですね。

ただせんべい布団は体が痛い、冬場は寒くて寝てられないというのが、正直な意見です。

腰が冷えてしまうという点では、腰痛に良いとはいえませんね。

体が痛いのは、体が沈まないものの、腰や肩を圧迫しすぎるため、血行が悪くなっているのかもしれません。

寝返りするときも体が痛くて、夜中に何度も目が覚めてしまいました。

夜中に何度も目が覚めるのは熟睡できていない証拠、浅い眠りが続いているのでしょう。

結果、起きたときの腰の痛みは良くも悪くもなっていないという感じでした。

ただすっきり寝たという感覚はなく、疲労は多少残っていたように思います。

せんべい布団は腰痛には悪くありませんが、熟睡はできないようです。

それから、体が冷えてしまうのは夏は良くても、冬は腰に良くなさそうです。

これがせんべい布団を試してみた感想です。

柔らかい布団は腰痛に良くありませんが、せんべい布団もそれほどおすすめできないというわけです。

腰痛対策には、やはり体圧分散性を持った敷布団ではないでしょうか。

寝たときに体にかかる圧力を分散して、一か所に圧力がかからないようにしてくれる布団です。

柔らかい布団のように寝心地が良いですし、深い眠りにつくことも期待できます。

寝返りするときに押し返してくれるから、寝返りしやすく、眠りを妨げることも少ないです。

腰にも熟睡にも良いのが、体圧分散性のある敷布団というわけです。

極厚5層敷布団

床にそのまま敷ける雲のやすらぎ

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*