腰痛は温めると良いの?それとも冷やす?

腰痛
Pocket

腰痛が起きたときの対処法

腰痛になったとき、温めた方が良いのか、それとも冷やした方が良いのか迷うことがありませんか。

突然ぎっくり腰になったら?慢性的な腰痛のときには?わからないことばかりです。

実は腰が痛いときでも、温める方が良い場合と、冷やす方が良い場合と両方あります。

ですから一概に、腰痛は温めると良いですよ、とは言えないわけです。

ぎっくり腰は冷やすに限る

あなたがある日突然、ぎっくり腰になったとしたら、腰を冷やすことをおすすめします。

ぎっくり腰になってもある程度動ける人と、全く動けなくなる人がいます。

どちらの場合でも、ぎっくり腰は基本安静にし、アイシングすると良いといわれています。

アイシングとはつまり、冷やす、冷却するという意味ですね。

良くある間違いなのですが、血行を良くするために、お風呂にゆっくり入って腰を温めるという人がいます。

しかし、ぎっくり腰の場合は温めるのではなく、アイシングで冷やしてあげてください。

温める方が良いのは、慢性の腰痛の場合です。

慢性の腰痛とは、普段からなんとなく腰が痛い、腰痛持ちであるという人のことを指します。

ぎっくり腰に限らず、突然腰が痛くなった人、つまり急性の腰痛は、腰に炎症を起こしている可能性があります。

炎症はいわば患部が火事になったような状態ですから、冷やすと良いわけです。

アイシングは湿布を使ったり、保冷材などの冷却材をタオルで包み、患部に当てて行います。

保冷材を直接当てると、皮膚が凍傷を起こす場合があるので注意してください。

保冷材がない場合は、氷でもなんでも良いので、袋に入れて、患部を冷やしてあげればよいでしょう。

時間にして、およそ10分から15分程度で良いと思います。

慢性的な腰痛は温める

逆に慢性的な腰痛の場合、腰をしっかり保温してあげるようにしましょう。

というのも、慢性的な腰痛は、運動不足などによる腰の冷えが原因であるからです。

腰回りの筋肉が冷え、緊張して硬くなっているのかもしれません。

お風呂にゆっくり使って腰を温めたり、腹巻などを巻いてあげると痛みが和らぎます。

当然のことながら、腰が痛まない程度に、運動をするのはもちろん良いでしょう。

運動をすることで血行やリンパの流れが良くなり、老廃物の蓄積も解消されます。

筋肉がついて、基礎代謝も向上するので、熱産出が良くなり、体もぽかぽかと温めるようになります。

その結果冷えが改善されて、腰痛も改善するでしょう。

一方で慢性的な腰痛は、寝ているときの姿勢であったり、布団にある場合もあります。

その場合は寝方や布団を変えて、様子を見てはいかがでしょうか。

腰痛の痛み止めはロキソニンで決まり

腰が痛くて仕方がないというときは、薬に頼るのもありだと思います。

とはいっても腰痛に良い薬は何が良いのでしょうか。

腰痛にひどいときに使える、有名な薬といえば、ロキソニンですね。

ロキソニンという薬、知っている人もいるでしょうが、一種の鎮痛剤です。

鎮痛剤とはつまり、痛みを和らげるための薬です。

腰痛以外にも、頭痛や生理痛にも使われるので、女性の方が知っているかもしれません。

私も使ったことがありますが、腰の炎症や痛みがすーっと引いていくのが分かります。

ロキソニンは飲むタイプと張るタイプがあります。

ただロキソニンは鎮痛剤であると同時に解熱剤でもありますので、患部を冷やしてしまいます。

ですから、ぎっくり腰など急性の腰痛には良いですが、慢性の腰痛にはおすすめしません。

さらに使いすぎると体が冷えて、低体温症になる可能性もあります。

ですから痛くて仕方ないときに使う程度にし、長期の使用は控えるようにしましょう。

あと副作用として、胃痛が発生することもあるようです。

特に飲むタイプのロキソニンは、空腹時に飲むのはやめた方が良いでしょう。

一度発症したヘルニアは再発しやすい?

学生時代スポーツをしていた人は、ヘルニアを発症したことがあるという人は結構います。

ヘルニアを一度味わった人は、もう二度とヘルニアにはなりたくないと思うものです。

というのも腰は体を支える大事な役割を担っており、腰を悪くすると体を動かすのも本当に大変だからです。

しかし、一度ヘルニアになってしまうと、再発しやすいといわれています。

ヘルニアを発症した人は、3年から5年の間に約半数が再発するというから驚きです。

ですから、一度ヘルニアになった人は、再発しないための対策を講じるべきだと思いませんか。

腰を酷使しなければ大丈夫と思われるかもしれません。

しかしながら、ヘルニアになりやすい人は、その原因が日々の生活の中に潜んでいるものです。

最近運動不足であったり、睡眠不足ではありませんか。

エアコンのがんがん効いた部屋で、毎日パソコンやスマホをいじったり、ゲームをしていませんか。

ソファに横になって、テレビを何時間も見てはいるのではないですか。

ファーストフードや、カップラーメンなどのインスタント食品ばかり食べていませんか。

このような人は、ヘルニアを再発する可能性は非常に高いと考えられます。

なぜならこのような生活をしていると、血がドロドロになったり、腰の筋肉が緊張して硬くなる恐れがあるからです。

腰の筋肉が硬く、緊張した状態が続くと、椎間板にも負担がかかってしまいます。

猫背であったり、体が普段から丸くなっている人も、腰が痛くなる可能性は高いです。

また腰の痛みを蓄積しないためには、質の良い睡眠をとり、心と体をしっかり休めることです。

睡眠時間は短いより長い方が良いですが、長すぎてもダメですし、長ければ良いというものではありません。

理想的な睡眠時間は7時間前後といわれていますから、これより少ない、あるいは多すぎる人は睡眠時間を見直しましょう。

そして睡眠時間を確保すると同時に、睡眠の質を高める工夫をします。

うつ伏せでスマホをいじりながら、そのまま眠りについてはいませんか。

電気を付けたまま、明るいままの部屋で寝ているとしたら、睡眠の質は悪くなります。

質の高い睡眠をとり、しっかり疲れをとるには、快適な睡眠環境を作ることが大切です。

特に敷布団などは、腰に与えるインパクトがとても大きいので、どんな敷布団を使うかも気を使いましょう。

腰に良い敷布団は体圧分散性があり、寝返りしやすくて、血行を妨げたりしないものです。

最近はムアツ布団やエアウィーブ、トゥルースリーパーなど、腰によさそうな布団がたくさん登場しています。

値段、寝心地などを考えると、おすすめは雲のやすらぎですが、相性もあると思います。

ただ敷布団を見直すと、腰の痛みや軽さが全然変わってくるので、色々試してみてください。

雲のやすらぎ敷き布団

雲のやすらぎ公式サイト はこちら

内臓の疾患が腰痛を引き起こす

腰痛を引き起こす原因は姿勢が悪い、運動不足など外的な要因ばかり考えがちです。

しかし腰痛を引き起こすのは、それだけではありません。

なんと内臓の疾患があっても、腰に痛みが発生することがあるようです。

内臓による腰痛が発生している場合は、そうでないケースよりも深刻です。

ただの腰痛に比べ、激痛が走ることはありませんが、軽い痛みが続き、腰が重い感じがします。

安静にしていても腰が痛い場合は、内臓疾患を疑っても良いかもしれません。

例えば胃腸や膵臓、腎臓、子宮や卵巣など、腰痛を発生させる内臓が実に多いことが分かります。

これだけ色んな内臓がありますから、腰痛の要因については、病院で正確に診てもらうことをおすすめします。

特に腎臓は、痛みを感じる神経が腰と同じであるため、腎臓疾患で腰痛が発生することは多いようです。

なお、ある程度年を取ってから、内臓疾患による腰痛が発生した場合、ガンも疑われるので注意してください。

内臓が弱っていると、お腹に力が入りませんから、その分腰部の筋肉に負担がかかるのです。

それに内臓に発生した炎症が拡張して、腰痛を引き起こすこともあるでしょう。

いずれにせよ、疑わしい場合はすぐに病院の内科を受診した方が良いでしょう。

そうでないと分かったなら、通常の腰痛対策をすればよいだけです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*