よく眠れる食べ物を食べてすっきり快眠

寝起きの女性
Pocket

食べるだけで眠れる食べ物とは

子供の頃は朝までぐっすり眠れていたのに、最近はよく眠れないと悩んでいませんか。

大人になるとホルモンバランスも崩れ、ストレスも溜まるし、快眠とは程遠くなってきます。

しかし食べ物の中には食べるだけでよく眠れるようになる、快眠食材なるものが存在します。

もしかしたら眠れないのは必要な栄養素が足りていないのかもしれませんね。

だまされたと思って、快眠食材を食べてみてはいかがでしょうか。

体にやさしい快眠食材

眠りたくても眠れない、気づいたら朝日を拝んでしまったというあなた、もしかしたら不眠症かもしれませんね。

1日2日ならまだしも毎晩このような状態が続けば、おそらく不眠症の可能性が高いです。

放っておくと、体の器官や心がボロボロになってしまいます。

当然日常生活にも支障をきたしますし、仕事も思うように行かなくなって、社会的なダメージを負ってしまうかもしれません。

不眠を解消するのに即効性があるのは睡眠薬ですが、睡眠薬では副作用の恐れがあります。

それに睡眠薬で眠れても、睡眠薬をやめればまた眠れなくなるようであれば、根本的な解決にはなっていません。

ですから睡眠薬を多用せず、普段あなたが食べている食べ物で、不眠を根本から改善していくようにしましょう。

マグネシウムの豊富なバナナ

まず食べると良く眠れる食べ物にバナナがあります。

バナナといえば、マグネシウムやカリウムといったミネラルが豊富な果物です。

実はマグネシウムやカリウムといった、ミネラルが不足しているために良く眠れないという人は多いそうです。

マグネシウムは酵素の働きを調節し、血圧や血糖値、神経や筋肉を正常にコントロールするために欠かすことができません。

ですからマグネシウムが不足すると、うまくリラックスできずに、夜中に何度も目を覚ましたり、深い眠りにつけなくなる恐れがあるのです。

さらに神経の興奮を抑え、沈静化させることができる栄養素にカルシウムがあります。

ですからカルシウムを豊富に含む牛乳やヨーグルト、チーズなども、気持ちを安らげて質の高い睡眠をとることができる快眠食材といえます。

小魚やアーモンド、海藻などもカルシウムを豊富に含む食べ物ですので、最近食べていないなら食べるようにしましょう。

しかしながらカルシウムは単体で摂取しても、体に吸収することが難しい栄養素です。

ですからカルシウムの吸収を助けるために、マグネシウムが必要なのです。

カルシウムの吸収を助ける上でもマグネシウムが重要であり、マグネシウムを豊富に含むバナナを食べると良く眠れるわけです。

さらにセロトニンの生成に不可欠なトリプトファンが含まれている点も、バナナが快眠食材である所以なのです。

セロトニンを生成するナッツ類

さて、先ほどカルシウムがたくさん含まれる食べ物にアーモンドを挙げました。

アーモンドを始め、ナッツも食べるとよく眠れる快眠食材の一つです。

それはカルシウムが豊富だからではなく、セロトニンの生成に不可欠なトリプトファンが豊富だからです。

ナッツ類はダイエットをしているときにも有り難い食材ですが、不眠にも良いわけです。

セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンといった、神経を興奮させる物質の分泌を抑え、神経を落ち着ける作用があります。

さらにナッツ類はカルシウムやマグネシウムも豊富ですから、不眠気味の人におすすめしたい快眠食材です。

毎日ナッツ類を10個ぐらい食べると、驚くくらいすっきり快眠できるかもしれませんね。

ただ栄養が豊富ですし、脂が結構入っているため、食べ過ぎると太ってしまうかもなので、食べ過ぎには注意しましょう。

ナッツ類と同様、牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品もセロトニンを増やせる食べ物です。

ですから、ナッツ類が苦手な人は乳製品を食べても大丈夫です。

 

しかしこれらの食べ物を毎日食べるのも大変ですね。

その場合役に立つのが、睡眠サプリメントです。

飲むだけでセロトニンの生成を手助けしてくれるので、続けやすいのがメリットです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*