いびき改善にも効果あり?横向き寝がラクな枕とは

正しい横向き寝
Pocket

横向き寝がラクな枕はどんな枕?

昨今横向き寝がいびき改善に効果あり、と注目されているのをご存じでしょうか。

いびきの原因はさまざまですから、もちろんすべての人に効果があるとは断言できません。

 

ただ仰向けで寝るより気道を塞ぎにくく、呼吸がしやすいといわれているのは事実です。

しかし一般的な枕だと高さが足りないため、横向きで寝ると首が痛くなったり、肩が痛くなるということもあると思います。

 

では横向き寝がラクになる枕とはどんな枕なのでしょうか。

いびきが起こる原因はさまざまあり、人によって異なります。

例えば肥満や加齢、扁桃肥大、骨格などがありますが、それだけではありません。

 

元々いびきをかくような体質でもないのに、寝具が合っていないせいでいびきをかいたり、いびきがひどくなることもあるのです。

そのような方にまずおすすめしたいのが横向きで寝てみるという方法です。

 

体型的な原因でいびきをかいている人も、横向き寝をすることでいびきがやわらぐことも十分考えられるからです。

しかし長時間横向きで寝ることができないというあなたは、もしかしたら敷き布団や枕などの寝具が合っていないかもしれません。

 

横向きで寝ていると首や背中が痛くなったり、肩が痛いということはありませんか。

そのような人はまず横向き寝専用枕を使用してみてはいかがでしょうか。

 

高さのある横向き寝枕

まずおすすめしたいのが横向きで寝たときに首筋や背筋がぴんとまっすぐになるような、高さのある枕を使用することです。

横向き寝の姿勢をキープできないのは、まず枕の高さが合っていないことが考えられます。

 

一般的な枕の高さは仰向け寝の高さに対応していますが、横向き寝には対応していないことが多いです。

お分かりになると思いますが、仰向けで寝たときと横向きで寝たときの必要な枕の高さは異なるのです。

 

横向きで寝たときに後ろからみて、頸椎や背骨が床と平行に真っすぐになっていれば、枕の高さが適切であるといえます。

 

正しい横向き寝

市販の枕はどうしても仰向けで寝たときのことを想定して作られていことが多いため、横向き寝には合わないことが多いです。

もしあなたの枕が頭と首を正しい高さで支えていないのだとしたら、横向きで寝ることはおすすめできません。

 

頭が垂れる形になり、かえって首や肩、背中を痛めてしまう恐れがあるからです。

横向きで寝るときは高さの合った枕を使うようにしましょう。

 

 

背中も支えてくれる横向き寝枕

また横向きで寝るとどうしても体の下半分で体を支えることになります。

その場合硬めの敷き布団やマットレスを使っていると、肩や腰が痛くなるということもあると思います。

 

昨今背中を支えてくれる、背当てのついた細長い形状の横向き寝枕も登場しています。

テレビでも紹介されていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

完全な横向きというより、仰向けと横向きの中間ぐらい、やや斜めを向いて寝るタイプの枕です。

このような枕であれば体圧がより広い部分に分散されるようになり、肩や腰などの体の出っ張った部分に負担をかけずに横向きで寝られます。

 

普通の横向き寝姿勢が辛いという人はこういった枕を使って、やや斜めを向いて寝てみても良いでしょう。

 

柔らかい敷寝具を使う

また横向き寝姿勢が辛いのは枕だけでなく、敷寝具が硬いからということもあります。

ご存じの通り体の側面は背中に比べ、肩や腰などが出っ張っており、湾曲しています。

 

そのためこのとんがった部分に体圧が集中するため、長時間横向きで寝ると肩や腰が疲れるのです。

枕を変えるのも良いですが、敷寝具をもう少し柔らかいものに変えるのも一つの手です。

 

たとえばサータやシーリーなど、アメリカブランドのマットレスであれば柔らかいものが多いので、横向き寝をしたい方にはおすすめです。

また今お使いの敷き布団やマットレスを買い替えても良いですが、敷寝具の上にトッパーを敷いてみても良いと思います。

 

例えばウレタンフォームのトッパーであれば、トゥルースリーパーなどが有名ですね。

 

 

最後に

横向きで寝ることでいびきの原因のすべてが解決するわけではありませんが、改善は見込めます。

たかがいびき、されどいびき、いびきを放っておくと病気になりやすくなったり、睡眠の質そのものも低下するので、なるべく早めに対策を打った方が良いでしょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*