結局柔らかい枕と硬い枕はどちらを使うべき?

枕
Pocket

柔らかい枕は首や肩が痛くなる?

あなたは柔らかい枕と硬い枕はどちらがお好みでしょうか。

柔らかい枕は気持ちいいですよね、頭を乗せた瞬間、包まれるような感覚があります。

よくホテルに泊まると、柔らかい羽毛枕が置いてあると思います。

柔らかくて気持ちが良いのですが、翌朝起きると首や肩が痛いという経験がありませんか。

柔らかい枕は頭の位置が安定しないので、首や肩が凝りやすいという人もいます。

ではやはり硬い枕が良いのでしょうか。

枕の硬さは好みによる

確かに硬い枕の方が、頭の位置が安定します。

しかし硬すぎるあまり、頭が痛くなったり、逆に首や肩が痛くなるという人もいます。

つまりどちらが良いというわけでもなく、枕の硬さは体格や好みにもよります。

柔らかい枕が合う人もいれば、硬い枕が合う人もいるというわけです。

柔らかすぎる枕は首の位置が安定しない

ただやはり、柔らかすぎる枕は推奨できません。

昔からある綿わたやポリエステル綿の枕、ホテルにあるような羽毛枕は柔らかく、寝た瞬間は確かに気持ちが良いです。

しかし、やはり柔らかすぎる枕は頭が沈み込んでしまい、首の位置が安定しないのです。

枕は頭を支えて、首の角度をキープするという重要な役割をもっています。

体に負担をかけず、快眠できる寝姿勢というものがありますので、首の位置が安定しない枕は止めた方が良いでしょう。

柔らかい枕にはウレタン素材を使ったものがありますが、ウレタン素材といっても硬さはぴんきりです。

首の位置を安定させるために、ウレタン枕を使う場合は、ある程度反発力がある枕をおすすめします。

柔らかい枕は寝返りしにくい

また、柔らかい枕にはもう一つ欠点があり、寝返りを打つときに力を入れなければなりません。

頭が沈み込んでいるので、まるで砂浜を走るときのように、力を加えなければ寝返りが打てないのです。

スムーズに寝返りが打てないと寝返りの回数も減り、熟睡できません。

それに、寝返りのたびに筋肉を使い、首や肩を痛める恐れもあります。

柔らかい枕が良くないといわれるのは、こういった理由があるからなのです。

柔らかすぎなければ良い

では結局硬い枕が良いのかといえば、柔らかすぎなければ問題ないということです。

柔らかすぎず、頭や首の位置をキープしてくれ、寝返りが打ちやすければ良いというわけです。

硬めが良いか、柔らかめが良いかは、好みや使い心地で決めれば良いでしょう。

枕の硬さを決めるのは使われている素材ですから、自分好みの硬さを持った素材を選べばよいでしょう。

一般的に羽毛やポリエステルの綿を使った枕が柔らかく、そば殻やプラスチックを使った枕は硬めです。

ウレタンは基本柔らかいですが、頭が沈み込むほど柔らかいものから、反発力があるものもあります。

どの素材が良いというわけではありませんが、やはり実際に寝てみて決めるのが一番でしょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*