男性にもおすすめしたい!話題のあじかんごぼう茶

牛蒡
Pocket

風邪や生活習慣予防にもおすすめ

食事制限など過激なダイエットをしていると、体を壊しやすくなるものです。

必要な栄養を摂らないと免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

健康に痩せることのできるごぼう茶は免疫力を改善させる効果があるため、風邪や生活習慣病にかかるリスクを減らすことが出来ます。

便秘解消や美容だけがごぼう茶の魅力ではないのです。

そもそもごぼうは中国で漢方として昔から使用されている根菜です。

ごぼうが土の中で育つ根菜であることはご存じかと思いますが、地中は過酷な環境です。

そのためごぼう以外の野菜を地中に埋めると腐敗してしまいます。

これは地中に住む細菌の働きによるものです。

ごぼうは菌や虫の攻撃から身を守るために抗菌、防菌作用を持っているため、腐敗しないのです。

さらに傷口を修復する創傷治癒作用や抗炎症作用も備わっているのです。

そのためにごぼう茶を飲むことで細菌やウィルスに負けない強い体を手に入れることができるのです。

喉が痛くて風邪を引きそうなとき、ごぼう茶飲むと喉の痛みや赤みが和らぐので風邪を予防することができます。

小さいお子さんでも飲めるのですが、飲み過ぎは消化不良を起こしかねないので注意しましょう。

心配であれば、ごぼう茶でうがいをするのもおすすめです。

殺菌作用があるので、風邪菌対策にも使えます。

わきがが消える?

わきがは遺伝というか体質です。人間はそれぞれ特有の匂いを持っており、中には人を不快にさせる臭いもあります。

日本人は比較的わきが臭を持っている方は少ないのですが、国民性なのか体臭が気になるという人が多いようです。

わきがの原因はアポクリン汗腺から出る汗とされており、脇の下に多く集中しているため、わきから臭いがするというわけです。

エクリン汗と異なり、脂肪や鉄分、アンモニアから構成されているため、粘り気があり、黄色いシミや黄ばみの原因ともなります。

なお汗自体は99%が水分で出来ているため臭いは基本的にありません。

しかしながら皮脂腺から出る油脂成分は細菌を増殖させるため、アポクリン汗が皮膚の常在菌によって分解されることで臭いを発生させます。

体質とはいえ、わきがを治すには食事内容の見直しが必要です。

一般的に動物性脂肪や動物性たんぱく質、乳製品などがわきがの臭いを助長させると言われ、欧米食の進んだ日本ではわきがに悩まされる人が増えています。

肉類や乳製品に含まれる脂肪酸はアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激するため、臭いを発生させます。

一方で日本で昔から食されている日本食はわきが予防に効果があるとされています。

日本食には野菜や魚が用いられるため、ビタミン類やミネラルが豊富です。

わきがだけでなく加齢臭などの体臭は体の中に老廃物が溜まっていることも原因のひとつです。

排泄物をきちんと排出するには、食物繊維の豊富なごぼうを食べると良いでしょう。

ごぼうにはポリフェノールが豊富に含まれているため、抗酸化作用が高いとされています。

ごぼうには活性酸素の発生を抑える働きがあるため、加齢臭の原因であるノネナールを除去することも出来ます。

料理が面倒という人は毎日ごぼう茶を飲むと良いとされています。

血糖値を下げる

ごぼうは食物繊維を多く含む根菜です。

ごぼうには高いダイエット効果があるのですが、ただ排泄を促して痩せるというわけではありません。

根本的に痩せやすい体質にしてくれるのがごぼう茶の力なのです。

ダイエットをする上で血糖値の上昇を抑えるということは非常に重要です。

血糖値が上昇すると、インスリンが脂肪を蓄積しようとするので、結果的に太りやすくなります。

食事の前にサラダを食べると、血糖値の上昇が緩やかになり、満腹感も得られやすいので、ダイエットには良いとされています。

サラダも良いですが、食事の前にごぼう茶を飲むことも有効です。

ごぼうを炭水化物食と一緒に摂取すると、血糖値の上昇を抑制することが出来ます。

また血糖値の上昇は痩せにくい体になるだけでなく、糖尿病のリスクを高めます。

血糖値の高い状態が続くと、インスリンを分泌する膵臓が疲弊し、糖を処理できなくなるためです。

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす可能性もありますから、早めに予防をすることが大切です。

年をとると糖尿病の発症リスクも高まるので、ごぼう茶で血糖値のコントロールをするようにしましょう。

話題のあじかんごぼう茶とは

ごぼう茶といえばあじかんショップということで、早速通販で購入しました。

どのお店に行ってもあじかんショップのごぼう茶を見かけないので、もしかしたらネット販売限定なのかもしれません。

あじかんショップさんのごぼう茶は他のごぼう茶と一味も二味も違います。

まず原料のごぼうですが、茨城の山崎農園で栽培されたごぼうを使用しています。

その味は最高級と呼び声高い美味しさで、豊潤な香り、そしてやわらかい食感が特徴的なごぼうです。

ごぼうの味なんてどれも同じと思われるかもしれませんね。

でも山崎農園さんのごぼうは他のごぼうよりも圧倒的に糖度が高く、そして新鮮なごぼうを収穫後、すぐに焙煎加工しているので、香りと風味が違います。

あじかんショップさんのごぼう茶を一口含むと、口の中に広がる上品な香りがたまりません。

さらに山崎農園の土は関東ローム層の赤土で、ごぼうを育てるためだけに使用されています。

山崎農園の山崎恵造さんは30年以上もごぼう作りを研究しているので、そんじょそこらの農家には負けません。

赤土が赤いのは鉄分を豊富に含んでいるためで、特徴として粘着性が強く、保水性に優れているという点です。

さらに石灰岩が長年かけて風化した土なのでカルシウムも豊富に含みます。

悪く言えば水はけが悪いのですが、ごぼうの栽培には適しており、ごぼうが美味しく育つと言われています。

実際にあじかんショップのごぼう茶を飲んで感じた事は甘くて美味しいということです。

ちなみに山崎農園で育ったごぼうは糖度が20度を超えることもしばしばだそうです。

糖度20度がどれくらいかというと、すいかで10度ちょっとですし、甘いブドウでもせいぜい高くても20度ですから、相当甘いごぼうということが分かります。

何はともあれ百聞は一見にしかずですから、一度飲んでみるのが一番です。

ごぼう茶はネット通販で買えるので簡単に手に入ります。

なおごぼう茶は犬に飲ませても大丈夫です。

犬を長生きさせる方法はこちらをご覧ください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*