きついだけ!?運動ダイエットの種類と効果

ダイエット
Pocket

運動ダイエットは効果なし?

いざ痩せようと思ってジョギングしたり、ウォーキングしたりする人は多いでしょう。

でも運動ダイエットは意外と消費カロリーが少ないと聞いたことがありません。

 

数十分走ってもおにぎり1個分もカロリーを消費していない、なんてことも良く聞きます。

実際運動はきついですが、思ったより効果がないのでしょうか。

水泳ダイエットの効果

ダイエットのために運動をするのであれば、水泳は簡単で続けやすいです。

水泳は水中で運動をするものであり、陸上で運動するよりもはるかに効率的にカロリーを消費することが出来ます。

 

水泳ダイエットをするにはプールが必要ですから、通い続けるのは大変ですが、それなりの効果は期待出来るでしょう。

ダイエットに運動が不可欠といっても、陸上の運動で消費されるカロリーは低く、例えば1時間ウォーキングしてもたかだか100キロカロリーから200キロカロリーしか消費されません。

 

一方で水泳を1時間行うと、泳ぎ方にもよりますが、500キロカロリーから1000キロカロリーも消費することが出来るのです。

水泳がダイエットに効果的なのは、消費カロリーの高さにあり、特にクロールの消費カロリーは高いと言われます。

 

水泳は全身を使う運動であり、手足はもちろん、腹筋や背筋全てを使って行います。

さらに水圧や水の抵抗が負荷となるので、陸上で同じ動作をするよりも消費カロリーは当然高くなります。

 

実は水に浸かるだけでも、およそ1トンもの水圧がかかっていると言われます。

さらに水中で身体を動かすときにも、空気中の10倍もの抵抗があるので、陸上で同じ動作をするよりも効果的なエクササイズが出来ます。

 

効率的に筋肉量を増やすにも、水泳は有効なのです。

また水中は浮力がかかっているので、腰や膝への負担が軽減し、間接を痛める心配もありません。

 

泳ぎがあまり得意でないという人は、水中ウォーキングでも構いません。

まずは水中で運動をすることから始めてみましょう。

 

ウォーキングのやり方

ダイエットの定番、ウォーキングはお金もかからないし、手軽に出来るダイエット法です。

消費カロリーは低いですが、歩くだけで痩せられるなら続けやすいと思いませんか。

 

ただ歩くよりも効率的に痩せるにはウォーキングのやり方というものがあります。

運動は有酸素運動と無酸素運動に分けられますが、ウォーキングは有酸素運動に分類されます。

 

有酸素運動とは酸素を取り入れながら行う運動で、脂肪燃焼に必要な酸素を体内に送り込むことでダイエットの効率を高めます。

脂肪は燃焼する際に酸素が必要なのですが、有酸素運動は脂肪が酸素と結合することで燃焼しやすくしてくれます。

 

逆に無酸素運動に分類されるのは筋トレなどですが、激しい運動であるために呼吸をすることが難しいといえます。

もちろん筋トレなどの無酸素運動も筋肉量を増やし、基礎代謝を向上するには役立ちますが、脂肪燃焼効率は悪いといえるでしょう。

 

ダイエットの観点からいえば、どちらも痩せる効果はありますが、脂肪燃焼効果の高いのは有酸素運動です。

ウォーキングはいつでも出来るダイエット法であることがメリットであり、通勤、通学、買い物など日常生活において簡単に取り入れることが出来ます。

 

そのため毎日忙しくて運動をしている時間がないという人にもおすすめな有酸素運動なのです。

ちなみにウォーキングをする効果的な時間帯、タイミングは空腹時です。

 

ですから朝食前、昼食前、夕食前などが良いでしょう。

食事をして摂取した糖質はエネルギーに変換されやすく、食事をしてしまうと、運動に必要なエネルギーを脂肪から割り当てることが出来ません。

 

朝食前が一番飢餓状態なのでウォーキングをする理想のタイミングといえますから、朝食は水分だけ取るようにし、自宅最寄りの駅まで歩いたりするだけでもダイエット効果が期待できるでしょう。

あるいは夕食後にウォーキングをするという場合でも、余分なエネルギーが消費されて、就寝中に脂肪が蓄積するのを防ぐことが出来ます。

 

ウォーキングは長い時間行った方が脂肪燃焼量は増えますが、例え数分でも脂肪は燃えてくれますので、少ない時間でもやらないよりやった方が良いです。

またダラダラ歩くより、早足でウォーキングした方が効果は高いといえるでしょう。

 

ウォーキングはダイエットに限らず、冷えやむくみの解消にも役立ちます。

運動をしないと血液が足にたまり、冷えやむくみの原因にもなります。

 

足は第二の心臓とも呼ばれますから、十分足を動かすことで、血液を心臓まで押し戻してくれるようになり、血行促進や代謝向上といった効果も期待出来るでしょう。

ウォーキングにはダイエットによって溜まったストレスを解消したり、全身の筋肉を使うことで脳を刺激し、自律神経やホルモンバランスを調整することにも繋がります。

 

毎日少しずつでも良いですから、ウォーキングを継続し、心身ともに健康になり、理想の体型を手に入れてみましょう。

 

最後に

ダイエットをいくらやっても効果が出ない、そんな方は正しいダイエット法を理解していない恐れがあります。

正しいダイエット法を行えば、1ヶ月もあればそれなりの効果が出てくるはずなのです。

 

食事制限や運動など少しダイエットをして効果が出ないから止めて、また思い立った時にダイエットを始める、その繰り返しではいつまで経っても成果は出ないでしょう。

本気で痩せたいならまず価値観から変える必要があります。

 

絶対に夏までに痩せてやる、1ヶ月で3キロ痩せるなど目標を定めることは有効です。

大事なのはモチベーションと、正しいダイエットの知識です。

 

効果が出るか分からない状態でダイエットを続けてもモチベーションを維持することは難しく、いつまで続けても成果が出ないこともあります。

またダイエットは継続しなければ意味がありません。

 

理想の体型を手に入れたらもう終わりではないのです。

正しいダイエットとは、理想の体型を維持するために生涯続けられるものでなければなりません。

 

むしろ一時的に減少した体重など、方法を誤ればリバウンドするのがオチです。

当サイトでは数あるダイエット法と効果を紹介していきますので、参考にして、自分に合ったダイエットを試してみてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*