羽毛布団と毛布をかける順番を変えて快適な睡眠を

毛布
Pocket

毛布は羽毛布団の上が基本

寒い冬、寝るときに羽毛布団と毛布を使っている人は多いでしょう。

しかし布団をかける順番なんて、考えたことありますか。

実は私も最近まで知りませんでしたが、羽毛布団の上に毛布を掛けた方が暖かくて快適なのをご存じでしたか。

おそらく昔は毛布の上に羽毛布団を掛けるのが、いわば当たり前でした。

これからは羽毛布団の上に毛布をかけてみませんか。

羽毛布団の上に毛布を掛ける理由

羽毛布団の上に毛布を掛ける、なぜ順番を変えるだけで保温力や寝心地が変わるのでしょうか。

毛布を掛けた方が気持ちいいし、暖かい気がしますよね。

しかし毛布の上に羽毛布団を掛けてしまうと、羽毛布団の機能を最大限生かすことができません。

というのも羽毛布団は体温を感じることで羽毛が膨らみ、暖かい空気をたっぷり含んで暖かくなるのです。

羽毛布団の下に毛布を掛けてしまえば、体温が羽毛布団まで届かないということなんです。

ですから毛布の上に羽毛布団を掛けるのであれば、羽毛布団である必要がないということです。

確かに羽毛布団は普通の掛け布団より軽いですから、それなりの効果はあるかもしれませんが、それだけです。

羽毛布団はぜひ体の一番近い場所で使ってあげるようにしましょう。

毛布が下の方が良いケース

ただし、毛布を羽毛布団の下に掛けた方が良い場合もあります。

それは毛布や掛け布団の素材によります。

例えば掛け布団が羽毛布団ではなく、化学繊維(ポリエステルなど)や木綿を用いた掛け布団であれば、毛布を下にした方が良いです。

逆に羽毛布団や羊毛布団であれば、毛布の下、つまり体に密着させた方が良いのです。

また、毛布の場合も、ウールやキャメル、カシミアといった素材を使っていれば、羽毛布団の下に使っても良いです。

しかしアクリルやポリエステルといった化学繊維の毛布であれば、掛け布団の上に掛けるようにしましょう。

天然素材の寝具は肌に近いところで使う

いかがでしょうか、違いが分かりましたでしょうか。

つまり、天然繊維を使った毛布や掛け布団を体に近い方に掛けた方が良いということです。

では毛布と掛け布団、どちらも天然素材であればどうかといえば、それはどちらでもお好みで大丈夫です。

天然繊維は呼吸する繊維ですから、体温を感じて保温力が増したり、汗や湿気を吸って寝具内を快適な状態にコントロールしてくれます。

ですから天然繊維を使った寝具を化学繊維を使った毛布や掛け布団で遮断してはいけないということです。

羽毛布団が湿気を吸ってさらさら快適

あなたは今どんな素材の毛布や掛け布団を使っているでしょうか。

もし羽毛布団を使っているなら、迷わず毛布の下に敷いて使ってみてください。

羽毛布団は体にフィットして熱が逃げるのを防いでくれますが、毛布のように体にまとわりつくこともありません。

特に化学繊維を使った毛布は体にまとわりつくばかりか、汗を吸わず、湿気を通しませんので、暖かくても蒸れて気持ちが悪いです。

その点羽毛布団であれば汗をかいても、寝具内に水滴が溜まらず、さらさら快適な寝心地になるはずです。

ただ羽毛布団を直接肌に掛けるということは、その分汚れやすくなりますので、たまには洗ってあげるようにしましょう。

毛布は体の下に敷くと暖かい

でも毛布の気持ちいい肌触りを肌で体感したいという方もいるかもしれませんね。

でしたら、毛布はぜひ体の下に敷いてみてはいかがでしょうか。

つまり敷き布団の上に毛布を敷き、そのうえに寝るということです。

毛布を体の下に敷くと、肌触りがすべすべ気持ちいいだけでなく、暖かさも格段にアップするからです。

敷き毛布は熱が下から逃げるのを防いでくれるため、思っている以上に暖かいのです。

特にフローリングの上に布団を敷いて寝ている人は、下から冷たい空気が流れてくるので、底冷えしやすいのです。

ですから掛け布団をいくら掛けても寒いという人や、冷え性の方はぜひ敷き毛布を使ってみてください。

毛布を体の下に敷き、羽毛布団を体の上にかけると保温力も抜群、羽毛布団が湿気を逃がすので快眠できると思います。

寒くて電気毛布を使わずにはいられないという人も、この方法でぽかぽか熟睡できるのではないでしょうか。

こちらのカルドニード・ノッテというブランドの敷き毛布は楽天でもバカ売れしているみたいです。

口コミを見てもおしゃれなデザインとなめらかな肌触りで人気があるみたいです。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*