フケが多くなる頭皮アトピー対策方法は

疑う女性
Pocket

頭皮アトピーのフケ対策

頭皮にアトピーがある方、大量のフケに悩んでいませんか。
通常頭皮が乾燥するとフケが生じますが、アトピーの場合、ただのフケではなく、皮膚の生成サイクルの乱れが原因であるかもしれません。

ただ乾燥するだけでなく、頭皮がジュクジュクと湿潤するのは炎症や掻き壊しによる頭皮の破壊です。
ひどい時は毛根から髪の毛が抜けるような症状も見られます。

頭皮を乾燥させないこと

こうして痛んだ頭皮には雑菌や紫外線、シャンプーの界面活性剤などの成分が侵入しやすく、さらに症状を悪化させます。
フケ対策としてはまずは頭皮を乾燥させないことが大切です。

乾燥は皮膚のバリア機能を壊し、炎症やかゆみを引き起こす元になります。
そのためシャンプーは界面活性剤を使用したものは止め、頭皮に優しい無添加のアミノ酸系のシャンプーを使用したり、保湿を心がけましょう。

頭皮アトピーのシャンプーの選び方

アトピーは頭皮にも出来、頭皮の痒みやフケを引き起こします。
強烈な痒みから、頭皮を掻きむしるとフケが大量発生することに悩んでいる方も多いでしょう。

頭皮は手足などの皮膚と異なり、皮脂腺が非常に発達しています。
そのため、湿気やすく、細菌が繁殖しやすい環境です。

頭皮のアトピーも手足同様、清潔にした上でしっかり保湿して、バリア機能を強化することが大切です。
しかしながら毛髪が邪魔をして、ケアがしづらいという欠点もあります。

そこで頭皮アトピーのケアには、シャンプーの選び方と洗い方が重要になります。
シャンプーの中には刺激が強く、かぶれるなどして頭皮を痛めてしまうものが数多くあります。

合成界面活性剤等を使用したシャンプーではなく、低刺激で保湿効果のあるシャンプーを使うようにしましょう。
実際に使用してみて自分に合うものを使用するのが良いですが、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーが肌にも優しく、頭皮アトピーには望ましいといえます。

頭皮アトピーはフケが多いのも悩みの種ですが、フケを抑えるシャンプーは殺菌成分が強く、お肌を痛める可能性があります。
頭皮アトピーでフケが出るのは乾燥が原因ですから、保湿効果のあるシャンプーであれば頭皮を痛めることもなく、乾燥を抑えてフケも少なくなるでしょう。

強すぎるシャンプーは頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうので、頭皮を乾燥させる原因にもなりかねません。
また洗髪後はシャンプーをしっかち洗い流しましょう。

シャンプーなどの洗剤が頭皮に残っていると、皮膚にダメージを与え、炎症を起こす可能性があります。
薬やスキンケアよりも、日常的なケアが頭皮アトピーを治すためには必要ですので、まずはシャンプー選びから検討しましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*