玉ねぎを食べて痩せる?玉ねぎでメタボ解消

ダイエット
Pocket

玉ねぎを食べて痩せる

美容のため、あるいは健康のためにダイエットしている人が増えていますね。

女性だけでなく男性も生活習慣病の予防意識が高まり、ダイエットに取り組み始めています。

メタボリックシンドロームや内臓脂肪という言葉を知らない人はいないのではないでしょうか。

さてダイエットというと運動や食事制限など、努力しなければならないものという印象が強いですが、食べるだけで痩せるのであれば、こんなにうれしいことは無いですね。

もちろん食べただけで痩せるわけではないですが、ダイエットをサポートする食べ物というのは存在します。

そのダイエットをサポートする食べ物の一つが玉ねぎなのです。

一般的に野菜は食物繊維が豊富なのでダイエットには良いとされていますが、その中でも玉ねぎにフォーカスしているのは、その成分に秘密があるからです。

玉ねぎは野菜の中でもカロリーは決して低くありません。

でも玉ねぎを食べることで痩せやすくなる理由は、硫化アリルという成分にあるのです。

硫化アリルは玉ねぎの辛味成分の元であり、生の玉ねぎは硫化アリルが豊富に含まれていると言われます。

硫化アリルの代表的な作用に血栓溶解作用があり、血液の凝固を防いで血液をサラサラにする効果があるのです。
血流が良くなると基礎代謝も向上しますので、自然と痩せやすい体質になります。

さらに血糖値の上昇を緩やかにしたり、血中の脂肪分やコレステロールを減らしてくれるので、ダイエットに効果があるのですね。

また玉ねぎにはビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群は脂質や糖質を活動エネルギーとして消費するので、脂肪が溜まりにくくなります。

ですから同じカロリーのものを食べても、ビタミンB群を摂取しているのとしていないのでは、脂肪の付き方が変わってくるというわけです。

他にも玉ねぎには美容や健康に優れた効果がたくさんあります。

玉ねぎを食べてダイエットを成功に導きましょう。

なお玉ねぎはそのまま食べても良いですが、サプリメントを活用することでも効果を享受出来ます。

玉ねぎサプリメントはこちらで紹介されています。

玉ねぎを食べ過ぎると太る?

玉ねぎはそれ程カロリーも高くありませんし、血液の流れを良くしたり、コレステロールの代謝を促進してくれるのでダイエットに良い野菜です。

でも一部では玉ねぎは太りやすい食材という意見もあります。

色んな意見が飛び交っているので、本当はどちらが正しいのか迷ってしまいます。

確かに玉ねぎも食べ過ぎると太ってしまうことはあると思います。

何故なら玉ねぎは糖質が豊富だからです。

玉ねぎを料理に使うと砂糖を使わなくても甘味が出るので便利ですが、糖質が多い証拠ですね。

良く糖質制限ダイエットなんてダイエット法がありますが、糖質を抜くことは確かにダイエットに劇的な効果をもたらすことがあるんですね。

ですからご飯を抜いてお肉などたんぱく質をメインに食べることでダイエットに成功した、なんて方も多いのです。

糖質制限をしてご飯を抜いても玉ねぎなど糖質の多い野菜を食べ過ぎては意味がない、ということになります。

糖質の多い野菜は意外と多く、玉ねぎの他にはジャガイモなどの穀類やトウモロコシ、カボチャ、人参なんかも糖質が多いです。

またバナナなど甘めな果物も糖質が多いので要注意です。

某有名ダイエット会社のライザッ○も果物は禁止しているようですね。

とはいえ野菜は他の食材に比べれば糖質は少なめなので、食べ過ぎなければ問題はないと思います。

それに糖質が多いといっても、ビタミンやミネラル、食物繊維やファイトケミカルが豊富なものが多いので、全く食べないのは止めてください。

適量であれば玉ねぎで太る心配はないですから食べ過ぎには注意してください。

レンジで簡単!玉ねぎのチーズ焼き

料理するのって楽しいですが、ときには料理に手間をかけたくない、洗い物を少なく済ませたいと思う日もありますよね。

そんなときにおすすめなのが、玉ねぎのチーズ焼きです。

できれば新玉ねぎを使った方が甘味が出て美味しいので、あれば新玉ねぎを使いましょう。

玉ねぎのチーズ焼きのメリットは、調理器具を使わないので洗い物がほとんど出ない、レンジでチンするだけなので簡単です。

唯一面倒なのが玉ねぎをスライスするときぐらいでしょうか。

まず玉ねぎをスライスしたら、お皿に平らになるように満遍なく並べていきます。

できれば底が浅く、広めのお皿がベターです。

焦げ付かないようにお皿にバターを塗ってもOKです。

バターを塗ることでまろやかさも増します。

その後、玉ねぎの上にとろけるチーズを満遍なく散らしていき、レンジでチンします。

目安としては600Wで3分程、チーズがとろけて、ぐつぐつ沸騰しているのを確認できればOKです。

足りないようなら少しずつ加熱してください。

出来たらお皿ごとレンジから取り出し、カツオ節をお好みの量かければ完成です。

鰹節の旨みが調味料代わりになるので、これだけでも十分美味しく召し上がれます。

味にインパクトが欲しければ醤油を少量かけてもOKです。

チーズは牛乳の栄養素がぎゅっと凝縮されているので、少量で豊富な栄養を取ることが出来ます。

カルシウムも豊富で、他の食品に比べ、吸収率が高いのもポイントです。

さらにビタミンAやB2も豊富なので、皮膚や粘膜の修復、細胞分裂を活発にしてくれますから、美肌効果も期待できます。

ただちょっとカロリーが高くて心配と考える人もいるでしょう。

確かにチーズは多少脂質が含まれていますが、カルシウムが豊富なので、体脂肪の生成を抑制してくれます。

逆にカルシウムが不足すると、ちょっとの脂質を摂っただけでも、体脂肪が付きやすくなってしまいますので、気を付けてください。

ですからダイエットをしている人にもチーズがおすすめなのですね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*