玉ねぎでストレス解消?驚きの安眠効果

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎで熟睡できる?驚きの安眠効果

あなたは最近熟睡出来ていますか。

現代人は何らかの睡眠障害を抱えている人が多く、ちゃんと寝ているつもりでも、実は熟睡出来ていない可能性があります。

単純に睡眠時間が足りていない人もいるでしょうし、なんとなく寝足りないと感じている人もいます。

しかしながらまさか自分が不眠症であったり、何らかの睡眠障害を抱えているという自覚症状が無い人が実に多いのです。

人によって必要な睡眠時間は異なりますから、一概に何時間以上寝た方が良いとはいえません。

かのナポレオンは睡眠時間が3時間だったといいますし、一方でアインシュタインは9時間も寝ていたようです。

ただ睡眠時間は短すぎても長すぎてもダメなようです。

ただいずれにせよ睡眠の質は高めた方が良いので、もしあなたが最近熟睡出来ていないと感じているなら、枕元に玉ねぎを置く「玉ねぎ安眠法」がおすすめです。

玉ねぎの香りを嗅ぐことで、すやすやと安眠を誘ってくれるようです。

しかし玉ねぎの香りは決して良い匂いとは言い難いものですが、本当に効果があるのでしょうか。

この玉ねぎの匂いの正体は硫化アリルという成分が揮発することで発生したものです。

実はこの玉ねぎの香りはストレスを緩和し、気持ちを落ち着かせてくれるので、熟睡できるようです。

硫化アリルは長ネギやにんにく、にらなどにも含まれていますが、ちょっと匂いがきついので玉ねぎが一番最適かもしれませんね。

硫化アリルには咳を鎮める作用もありますから、風邪を引いているときや、喘息が心配な方にもこの「玉ねぎ安眠法」を試して欲しいのです。

玉ねぎですっきり快眠できたら、体の調子も良くなると思いますよ。

玉ねぎでストレス解消

玉ねぎに含まれる硫化アリルは血液をサラサラにする効果があるのは有名です。

しかしこの他にもイライラを鎮めて神経を落ち着かせたり、疲労回復など心身ともにリラックスさせる作用があります。

硫化アリルは玉ねぎの他にも長ネギやニラなどのネギ類やにんにくにも含まれており、独特な辛み成分に特徴があります。

硫化アリルを上手に摂取するには玉ねぎを生のまま食べて欲しいのですが、辛味を和らげようと水にさらしてはいけません。

硫化アリルは熱に弱い上、水溶性なので水に流れ出てしまうのです。

生玉ねぎを美味しく食べるにはサラダにして、お酢系のドレッシングをかけると辛味が和らぎます。

またカツオのタタキにポン酢をかけて一緒に食べると生玉ねぎは絶品ですね。

生姜も添えれば体も温まり、健康効果は高まります。

さらに玉ねぎには硫化アリルの他にもケルセチンという成分が含まれておりますが、ケルセチンもストレスに強い体作りに一役買っているわけです。

人間はストレスを感じると活性酸素が大量に発生しますが、ケルセチンにはこの活性酸素の攻撃を中和する作用があるとされています。

ストレスを感じると胃がキリキリすることがありますが、これも活性酸素が悪さをしているためです。

放っておくと胃炎や胃潰瘍を発症することもあるので、早期に解決しなければなりません。

普段から玉ねぎを摂取して、ストレスを上手に解消するようにしましょう。

玉ねぎですっきり快眠

皆さんは毎日熟睡出来ていますか。

寝たつもりが疲れが取れない、日中も眠気が取れない、そんな悩みを持っている方もいることと思います。

睡眠時間をある程度確保することも大切ですが、質の良い睡眠を取ることも又重要です。

枕の高さや弾力を変えたり、アイマスクを使ったり、色んな快眠グッズがありますが、質の良い睡眠を取るには「香り」を使うのも有効です。

例えばハーブを使ってみるのも有りだと思います。

快眠を促すハーブといえば、リラックス効果のあるラベンダーやカモミールが有名ですね。

ハーブも大別すると鎮静作用のあるものと、興奮作用のあるものがありますが、鎮静作用のあるハーブでしたら、ゆっくり休めるかもしれません。

それから香りといえば、玉ねぎの香りも忘れてはなりません。

玉ねぎと聞くと決して良い匂いというイメージがありませんが、枕元に玉ねぎを置くことで快眠できることは、実は科学的にも立証されているのです。

玉ねぎの鼻をつくような独特な刺激臭の正体は「硫化アリル」なのですが、この成分がどうやら質の良い睡眠に一役買っているようです。

硫化アリルには疲労回復や神経の興奮を抑え、イライラを鎮める作用があると言われています。

中には不眠症が改善したという人もいるようです。

ただ大量に玉ねぎを置くとさすがに強烈な匂いがしますから、逆に寝付きが悪くなる可能性はあります。

ですから枕元に玉ねぎを置くときは適量をスライスして置くように心がけるようにしましょう。

快眠の方法はこちらに詳しく書かれています。

よろしければご覧ください。

玉ねぎで鼻炎の悩み解消

現代は慢性鼻炎に悩んでいる人が多いようです。

花粉症に悩む人も増えていますが、花粉の季節を過ぎても鼻の痒みや鼻水、くしゃみが治まらないという人は多いのではないでしょうか。

春を過ぎて梅雨の季節になっても鼻炎の薬や鼻炎薬が手放せません。

お金もかかるし、年中鼻炎薬を飲んでいると頭痛などの副作用に悩まされることもあります。

通常花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎なのですが、花粉症という人はダニやハウスダストなどにも過敏に反応してしまうため、通年性アレルギー性鼻炎を併発していることが多いようです。

さてこうなると鼻炎薬を使わずに鼻炎を根本的に治療できる方法があれば良いとは思いませんか。

完治は難しくても症状を軽減できれば負担も軽くなるのではないでしょうか。

鼻炎に効く食べ物は色々ありますが、玉ねぎもその一つであることはご存じでしょうか。

その秘密は玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分にあるようです。

硫化アリルは私たちの体内に入るとアリシンという成分に変化するのですが、これが粘膜を刺激するので生で玉ねぎを食べると鼻がツンとしたり、涙が出てしまうのですね。

でも粘膜を刺激するということは鼻炎に悪影響を与えるのではないかと思いがちですが、アリシンには殺菌作用や抗菌作用、粘膜の炎症を鎮める作用があるので、鼻炎の症状も軽減するのです。

試しに玉ねぎを枕元に置いて就寝してみてください。

スーッと鼻の通りが良くなっていくのが分かると思います。

ちなみに最近鼻炎や蓄膿症の症状を和らげる方法として、鼻うがいをやっている人も増えているようですね。

鼻うがいは鼻腔内に溜まった花粉やウィルス、ハウスダストなどを洗い流してくれるので、思っている以上に症状が楽になったという人は多いようです。

一度お試しください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*