血管が若返る?玉ねぎでアンチエイジング

玉ねぎ
Pocket

玉ねぎで血管が若返る

玉ねぎには血液をサラサラにする効果があることは有名ですが、ある研究でも玉ねぎのエキスで血管年齢が若返ることが分かっています。

玉ねぎを1ヶ月食べ続けたところ、血管年齢が10歳から20歳も若返ったという研究結果が出ています。

これは玉ねぎに含まれるケルセチンというポリフェノールの一種が抗酸化作用に優れ、血液中の活性酸素を除去してくれるため、血管内皮機能が改善したというのです。

血管内皮機能は血管の健康状態を維持する上で大切な役割を担っており、血管の最も内側にある細胞機能です。

動脈硬化の第一歩は血管内皮機能の低下といわれるように、血管病を引き起こすのは血管内皮機能が弱まることから始まります。

活性酸素は血管内皮細胞にダメージを与えることが分かっていますから、抗酸化作用に優れた玉ねぎを食べることで血管の健康が保たれるのでしょう。

なお通常は捨ててしまう玉ねぎの外皮(茶色い部分)にケルセチンが豊富に含まれていると言います。

しかし玉ねぎの皮は固くて食べられませんから、お茶にしたりスープにしたりして摂取するのですね。

なおケルセチンは日光に当てるとその量が4倍にもなると言われています。

ですから玉ねぎの皮を食べられないという方は、外皮を剥き、1週間ほど日光に当てることでケルセチンの量を増やすことも出来るようです。

血管は私たちの頭の先からつま先まで、体中を巡っている大事な器官です。

血管の健康状態が悪くなれば、そのまま全身の健康状態に影響が出てきますから、玉ねぎを食べて血管の健康を維持したいものです。

なおごぼうも抗酸化力の高い根菜として有名ですね。

ごぼう茶が最近人気のようですが、ごぼう茶の作り方についてはこちらをご覧ください。

玉ねぎでアンチエイジング

玉ねぎにはさまざまな効能がありますが、アンチエイジングにも優れています。

玉ねぎにはケルセチンやアリシンなどの成分が含まれていますが、これらの成分は抗酸化力が高く、体を錆びさせる活性酸素を除去する上で重要な役割を担っているのです。

まずケルセチンはポリフェノールの一種で、玉ねぎ以外の野菜にも含まれている成分です。

しかし中でもケルセチンの含有量は玉ねぎがダントツです。

ポリフェノールといえば抗酸化作用があることで有名ですが、赤ワインなどにも含まれています。

年を取ると血管は固くなり、弾力を失っていきます。

さらに肥満や喫煙、ストレスなどは血管の硬化を促進させます。

血管の硬化が進むと動脈硬化などの血管病のリスクを高めます。

しかし玉ねぎに含まれるケルセチンは血管内皮機能を向上させて血管の弾力性を高めます。

ですからいつまでも若々しくて柔軟な血管を維持できるというわけです。

さらにアリシンにも強い抗酸化力があり、抗ガン作用や血栓溶解作用があります。

アリシンは玉ねぎの他にもにんにくやネギなどユリ科の植物に含まれる成分で、強烈な臭いの原因だったりします。

抗菌、殺菌作用にも優れているので、風邪や気管支炎予防にも効果的です。

またアリシンはビタミンB1の吸収を促進するので、豚肉などビタミンB1を多く含む食品と一緒に食べると疲労回復効果が高まります。

いずれにせよ老化の原因は活性酸素ですから、抗酸化作用の高い玉ねぎはアンチエイジングに優れた野菜といえます。

高血圧、糖尿病などの生活習慣病予防にも最適な食べ物といえるでしょう。

玉ねぎのケルセチンの働き

玉ねぎの重要な成分の一つにケルセチンがあります。

ケルセチンが何かといえば、ポリフェノールの中のフラボノイドの一つであり、抗酸化力の高さには定評があります。

私たちの体の中になるコレステロールは活性酸素の働きで酸化し、過酸化脂質に変化し、動脈硬化や心筋梗塞、血栓症の原因になったりします。

ケルセチンはビタミンCの吸収を助ける他、それ自体に高い抗酸化力を持っているので、活性酸素の発生を抑え、除去してくれる効果に優れています。

また、血管を強く丈夫にして、血流を改善するなど、生活習慣病の予防にも力を発揮します。

この他にもケルセチンはアレルギーの原因物質であるヒスタミンの放出を抑制したり、腸内環境を整えて免疫力を強化するので、玉ねぎを食べるとアレルギー症状の改善、緩和にも良いと言われるのです。

アトピーを治すには腸内の善玉菌を増やすことが重要です。

しかもケルセチンの働きはそれだけではありません。

ケルセチンは弱った肝臓の機能を正常化する作用があると言われます。

これはケルセチンに脂肪を吸収、排出する効果があり、肝臓に溜まった脂肪を排出し、肝機能を取り戻す手助けをしてくれるからだそうです。

逆にケルセチンに目立った副作用が無いことも魅力の一つです。

一日の摂取量上限の目安は500mgと言われていますが、ケルセチンは水溶性ですから、仮に摂取し過ぎたとしても体外に排出されますからそれ程心配する必要はありません。

それよりもケルセチンが不足することの方がリスクが高いのです。

特に日本人の平均摂取量は25mgと言われていますから、明らかに欠乏状態であることが分かります。

ケルセチンはケルセチンはリンゴやブロッコリー、ほうれん草など、野菜や果物に含まれていますが、中でもケルセチンの含有量がダントツで高いのが玉ねぎなのです。

ですから効率的にケルセチンを摂取するには玉ねぎを食べるのが一番良いというわけです。

特に玉ねぎの外皮にケルセチンは豊富なのですが、多くの方は玉ねぎの皮など食べずに捨ててしまっているのではないでしょうか。

玉ねぎの皮など固くて食べられたものではないし、料理するにも農薬が心配で、オーガニックでなければ皮などとてもじゃないけど食べられません。

玉ねぎの皮の料理法はまたご紹介するとして、玉ねぎの中身、つまり実の部分にもケルセチンは含まれていますから、外皮を食べる程ではないにしても、ケルセチンを摂取することは可能です。

ただ注意点を一つ上げると、玉ねぎは決して水にさらしてはいけないということです。

何故か、ケルセチンは水溶性なので、すぐに水に溶けてしまうのです。

スープに玉ねぎを入れて煮込むなら、スープを飲むことで溶け込んだケルセチンを摂取することは出来ます。

しかしながら玉ねぎをさらした後の水を捨ててしまっているなら、こんなに勿体ないことはありません。

玉ねぎは水にさらさず、カットした後に空気に触れさせておくだけで辛味は抜けていきますから試してみてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*