ストレス解消はできない?害が多いタバコ

喫煙
Pocket

タバコがもたらす害とは

タバコが身体に良くないことは誰でも知っていることです。

それでもタバコを吸ってしまうのは、タバコの害を身を持って感じたことがないからです。

 

しかし身体に異変が起きてからでは遅いといえます。

まずはタバコがもたらす害を知り、身体を壊す前にタバコから離れることが出来れば良いものです。

タバコを吸うデメリットとは

タバコを吸うと癌になる確率が高まります。

癌といっても肺がん、胃がん、肝臓がん、大腸癌など色々ありますが、タバコはどの癌を発症するリスクも高めます。

 

タバコには数千種類もの化学物質が含まれ、発癌を促進する物質だけでもおよそ200種類にも及びます。

代表的な物質としてタールがあります。

 

またタバコは癌だけでなく、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。

タールは発癌性物質ですが、ニコチンは血管を収縮させたり、中枢神経に作用し、中毒性も持っています。

 

タバコには一酸化炭素も大量に含まれているので、血液中のヘモグロビンと結合し、血中の酸素濃度を低下させます。

タバコは有害物質を多く含みますから、総体的に喫煙者の寿命は非喫煙者に比べ、短いことは統計的にはっきりしています。

 

さらにタバコは免疫力の低下を引き起こし、アレルギー疾患になりやすくなります。

アトピーとタバコの関係についてはこちらをご覧ください。

 

タバコは嗜好品ではなく、中毒性を持った薬物であると認識した方が良いでしょう。

タバコを止めるのに遅すぎるということはありません。

自分や家族の将来のことを考えるなら、タバコを止める決意をすることが大切です。

 

脳の働きが低下する

タバコを吸うことで頭がすっきりする、勉強の効率が上がるという人がいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

歴代の有名な作家たちもヘビースモーカーの人が多く、良い作品が書けるということでタバコを吸っていたようですが、そのせいで肺がんや喉頭がんなどを発症して志半ばで命を落とす方が多いのも事実です。

 

確かにタバコに含まれるニコチンには中枢神経に作用し、頭がぼんやりして働かないときは、精神を興奮させて頭を働かせてくれる作用があるようです。

しかしこれは既に喫煙者の方に対する効果で、非喫煙者にはこのような効果はありません。

 

つまりニコチン切れによって働かなくなった頭を、ニコチンによって働かせているに過ぎないということです。

実際に喫煙者の脳波を調べたところ、タバコを吸うことで、大脳皮質の興奮レベルを高めていることがわかりました。

 

しかしこれは喫煙によって、非喫煙者と同等のレベルまで脳波のレベルが上がっているに過ぎず、タバコを吸っていないときの脳波レベルは非喫煙者のそれよりも低い状態にあることもわかっています。

つまり喫煙者はタバコを吸わないと、非喫煙者並みの脳の働きに追いつかないということです。

 

それにタバコには一酸化炭素が含まれています。

一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合し、本来結合するはずの酸素と結合することが出来なくなります。

 

そのため酸素の不足した血液が脳へも巡ることになり、大脳の酸素不足を引き起こすことは間違いありません。

脳が働くには酸素が必要ですから、タバコによって酸素の不足した大脳では、知的作業能率を低下させることは言うまでもないでしょう。

 

また妊娠中の母親がタバコを吸っていると、IQ70以下のいわゆる精神発達遅滞児が生まれる確率が高くなることもわかっています。

この確率はタバコを吸う本数が多いほど顕著に高くなります。

 

タバコは脳萎縮も引き起こしますし、痴呆の原因にもなりえます。

あるJTの広告では「タバコはボケ防止になる」と謳われていますが、実際はそうではないようです。

 

オランダのある研究では、喫煙者の痴呆やアルツハイマーを発症リスクはおよそ2倍以上になることが分かっていますし、発症年齢も早い傾向にあるようです。

例え癌や心臓病で亡くならなくても、脳に障害をきたし、老後のQOL(クオリティオブライフ)が低下しては元も子もありませんね。

 

受動喫煙にも注意

受動喫煙という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

受動喫煙とはたとえ直接タバコを吸っていなくても、喫煙者のタバコの煙を吸うことで、タバコを吸っているのと同じ悪影響を受けることをいいます。

 

私はタバコを吸っていないので関係ないという人がいますが、喫煙社会である日本において、タバコの煙を一切浴びることなく生活することは不可能といえます。

タバコの煙には主流煙と副流煙があるのはご存じでしょう。

 

主流煙には約4,000種類もの化学物質と、200種類以上の有害物質が含まれています。

その中には発がん性物質とされるニトロソアミンやカドミウム、タール、酸素不足を招く一酸化炭素、血流を悪化させるニコチンなどもあります。

 

実は副流煙には主流煙と同等か、あるいはそれ以上の有害物質が含まれています。

また主流煙は酸性なのに対し、副流煙はアルカリ性とされ、アンモニアなどが含まれており、刺激が強いとされています。

 

受動喫煙は間接喫煙、不本意喫煙、強制喫煙とも呼ばれますが、例えタバコを吸っていなくても、急性、慢性のさまざまな健康障害を引き起こすとされています。

副流煙が目や鼻、のどの粘膜などに当たると、粘膜症状として、目のかゆみや痛み、涙、鼻づまりやくしゃみなどを引き起こすことがあります。

 

また気管を刺激して咳を誘因したり、喘息持ちの人は発作を引き起こすこともあります。

また煙を肺に吸い込んでしまうと、一酸化炭素によって酸素が不足し、頭痛を引き起こしたり、血管を収縮させて皮膚温を低下させることもあるでしょう。

 

受動喫煙の恐ろしいところは、主流煙より有害な副流煙であること、それから非喫煙者であるため煙に慣れておらず、タバコによる健康障害からの回復が遅い点にあります。

わずか2秒副流煙を吸っただけでも、健康被害は認められますから、喫煙は自殺行為ではなく、他殺行為ともいえます。

 

ですから喫煙者も非喫煙者も周囲への影響も考慮しなければなりません。

 

タバコはかえってストレスが溜まる?

喫煙者はストレスが溜まるからタバコは止められないといいます。

タバコを止めるとストレス解消できないし、かえってストレスが溜まると言い切る人もいます。

 

精神科の医師の中にもタバコを吸うことで精神的に落ち着くので、タバコを薦める人すらいる始末です。

確かにタバコに含まれるニコチンには、ドーパミンという神経伝達物質を増加させる作用があり、このドーパミンによって快感を得られると言われます。

 

この快感をストレスの解消と同視するようですが、健康に悪いことは言うまでもありません。

タバコを吸うと、ニコチンが交感神経を刺激し、心拍数や血圧が上がったり、抹消血管を収縮させるなど、心臓や血管に影響を与えます。

 

つまり喫煙は心臓や血管など循環器に対しては、かえってストレスを与えるのです。

タバコを吸うことで安堵感を得るのは、ニコチンが切れた状態の体にニコチンを補給することで得られる充足感にすぎません。

 

ですから非喫煙者がタバコを吸っても、このような快感や充足感を得られることはありません。

つまりタバコを吸うことでニコチン不足を補っている状態とは、一種の薬物依存症と同じなのです。

 

タバコを吸わずとも、ストレスを解消する方法はいくらでもあります。

事実、スポーツで汗をかいてストレスを解消したり、会話を楽しんだり、映画や漫画、音楽、ドライブなど趣味でストレスを解消している人もたくさんいます。

 

このようなストレス解消法を見つけることで、タバコに対する依存を断ち切っていくことも出来るのではないでしょうか。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*