接触性皮膚炎とアトピーの違いとは

シミ
Pocket

接触性皮膚炎とは

アトピーはとかく敏感肌かつ乾燥肌です。

皮膚の神経が過敏になっていますから、接触性皮膚炎なども併発することがあります。

 

接触性皮膚炎はアレルゲンに接触することが原因で起こる皮膚炎です。

原因は人によって異なります。

 

よく漆や金属に触れてかぶれが起こるといったことを聞きますが、これも接触性皮膚炎です。

漆は植物皮膚炎に該当し、かぶれたり、強いかゆみを伴います。

植物の他にも石鹸や洗剤、化粧品、衣類、おむつかぶれなどでも接触性皮膚炎は発症します。

 

どれも皮膚が赤くなったり、湿疹が出来たりします。

かゆみを伴うこともあるでしょう。

 

接触性皮膚炎の原因となるアレルゲンが判明したら、アレルゲンを避けるようにします。

また接触性皮膚炎は皮膚が乾燥して、敏感になっていることが考えられますから、皮膚が乾燥しないように、ローションや乳液、クリームなどで保湿をするようにします。

 

保湿をすることで、水分が保持され、かゆみも和らぎます。

しかし化粧品は、人によって湿疹やかゆみが出るものもありますから、原因となる化粧品は使わないようにしましょう。

 

また衣類も皮膚炎の原因であることがあります。

例えば、羊毛や絹、合成繊維などです。

 

そういった繊維の衣類を着ないようにしたり、下着などの肌に触れる衣類には使用しないようにします。

とりわけ綿はアレルギー反応が出にくいといわれています。

 

またおむつかぶれの場合は、刺激性皮膚炎といわれ、おむつに排泄物が長時間接触しているために発症します。

こまめにおむつを取り替え、清潔な状態を保つようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*