肉割れを防ぐ産後ダイエット成功法

ダイエット
Pocket

産後ダイエットを成功するには

女性にとって出産は大切なイベントですが、出産をきっかけに体質が変わってしまうことに悩む女性も少なくないでしょう。

子どもは欲しいけど、体質や体型が変わってしまうのは困りもの、出産後も妊娠前の体型に戻りたいと願う人も多いのではないでしょうか。

でも育児はもっと体力を使うし、たくさん食べてしまう、自分のペースで睡眠も取れないからダイエットなんてしている暇なんてないんです。

さらに妊娠、出産後はホルモンバランスも体調も安定していないから、ダイエットをする気力も起きません。

気が付いたらお腹周りに脂肪が付いてしまった、そんなことはよくある話でしょう。

 

産後は身体もデリケートになっているので、安全にかつ成果のあるダイエットをするには正しい知識が必要です。

産後ダイエットに成功すれば出産前と同様、あるいは出産前以上に綺麗なスタイルを維持することも可能です。

 

じっくり焦らず出産前の体型を取り戻しましょう。

そもそも妊娠中に女性が太りやすいのは、無事に赤ちゃんを出産するために起こる生理的現象です。

 

お腹周りに脂肪が付くのは赤ちゃんを守るため、またいつでも栄養を赤ちゃんに送り込むためには必要なのです。

お腹周りだけでなく、二の腕や太もも、お尻など、妊娠中は普段より脂肪が付きやすいのは仕方がありません。

 

でも産後は妊娠中に付いてしまった脂肪を落とさなければなりません。

でも妊娠中に付いた脂肪は流動性脂肪と言われ、比較的落としやすい脂肪といえます。

 

特に産後半年は脂肪を落とす絶好のチャンスです。

逆に放っておくと、脂肪が定着して落ちにくくなるので注意が必要です。

 

でも無理なダイエットをして急激に体重を落とすのは危険です。

産後は激しい運動も食事制限もしない方が良いですが、授乳をしていれば自然と体重は落ちていきます。

 

産後半年を目安に、徐々に出産前の体重に戻していきましょう。

産後は体調も優れないのに、育児や家事と忙しくなります。

 

かといって意識的にダイエットをしないと、あっという間に半年は過ぎてしまいます。

産後1ヶ月から2ヶ月はダイエットをする必要はありませんが、授乳の回数が減ってきたら、徐々にダイエットを始めてみてください。

 

でも絶対に無理は禁物です。

まずは食べ過ぎないこと、でも栄養はたくさん摂ってください。

 

多少カロリーを摂っても授乳中は問題ありません。

授乳の頻度に合わせてカロリーを少しづつ減らし、産後ダイエットを成功させましょう。

 

産後ダイエットは肉割れに注意

ダイエットをしていて、肉割れした経験をお持ちではありませんか。

肉割れは短期間で体重を落とそうとしたときに出来やすくなります。

 

肉割れは身体のどこにでも出来る現象ですが、特にお尻やふともも、お腹周りに出来る人が多いですが、比較的脂肪が付いている箇所に肉割れが出来やすいといえます。

何故肉割れが出来るかというと、脂肪が付いた箇所の皮膚が伸び、真皮や表皮が割れてしまったり、細胞間をつなぐコラーゲンなどが断裂してしまうからです。

 

肉割れはギザギザした稲妻のような形になり、時間の経過とともに次第に目立たなくなりますが、完全に跡が消えるものでもありません。

出来れば肉割れを起こさずにダイエットを成功させたいものです。

 

付いてしまった皮下脂肪が仕方がないので、過度なダイエットで急激に痩せることは避けてください。

無理な食事制限などで短期間で体重を落とすと、身体が飢餓状態となり、リバウンドの危険性を高めます。

 

飢餓状態とは少ないエネルギーでも生活できるように身体が順応しようとする防御反応で、カロリー消費を最小限にするよう脳が指令を出します。

よくあるダイエットの停滞期は、体が飢餓状態に陥っている可能性があり、いくら食事の量を減らしても体重が減りにくくなります。

 

この状態に陥ると、そんなにたくさん食べたつもりが無くても、普通の食事で体重が戻ってしまいます。

これは再び栄養が入ってこない時に備えて、体が栄養を溜めこもうとするために起こります。

 

ひどい時には元の体重を越えてしまいますが、これがダイエットによるリバウンドです。

リバウンドは急激に体重を落としたときに起こりやすく、再び短期間で皮下脂肪が蓄積するので、肉割れを起こしやすくなります。

 

さらにダイエット中の食事制限などで栄養が不足していると、お肌ももろくなって肉割れしてしまうのです。

早く体重を落とそうと焦る気持ちも分かりますが、肉割れしないためにも長いスパンでダイエットに臨み、リバウンドしないように注意してください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*