断食ダイエットならプチ断食がおすすめ

足のむくみ
Pocket

断食ダイエットはプチ断食がおすすめ

ダイエットと言えば食事制限をやる方が多いですが、やり方を間違えると危険なダイエット法です。

健康的に痩せることが出来れば良いですが、失敗すると栄養失調やリバウンドをしてしまう恐れがあります。

 

また味気ない食事や栄養面を補うために朝バナナや酵素ダイエットなどがありますが、食事制限ダイエットをするならプチ断食がおすすめです。

断食と聞くと僧の修行のような印象を受けますが、プチ断食は1日から3日という短期間断食を行うダイエット法です。

プチ断食の効果は痩せるだけでなく、健康や美容にも良いと昨今注目されています。

プチ断食と食事制限の何が違うかといえば、プチ断食はただ食べないので痩せるのではなく、内臓を休ませて新陳代謝を上げ、痩せやすい体にするという目的があります。

 

ここで内臓を休ませるという意味ですが、人間に睡眠が必要なように内臓にも休息が必要です。

内臓は食事をするたびに常に働き続けていますから、プチ断食によって内臓を休ませると、色々な機能が回復するのです。

 

プチ断食を繰り返すことで次第に代謝が向上し、痩せやすい体へと変化していきます。

ただ体重を落としているだけではないので、リバウンドのリスクも少ないといえるでしょう。

 

ただプチ断食は正しい方法で行わなければ意味がありません。

断食を行う前から食事に気を使う必要があるので、前日の夕食は控えめにし、カロリーが低く消化に良い、胃腸に優しい食事をします。

 

こうすることで断食当日の胃腸を綺麗な状態にしてプチ断食に臨みます。

プチ断食の期間は1日から3日ですが、最初は1日から始めてみましょう。

 

プチ断食中のルールとして、固形物は一切口にしないというものがあります。

しかし水分はしっかり摂らなければなりません。

 

お水だけでも構いませんし、味気ないという人は野菜ジュースや酵素ドリンクを活用しても良いでしょう。

しかし糖分の多い清涼飲料水やカフェインの入ったコーヒーなどはNGです。

 

特に夏場は体力を消耗するので、しっかりと水分補給をしないと体調を崩す元となります。

激しい運動は避け、自宅などでゆっくり静養しながら行います。

 

また断食中にごぼう茶を飲むと代謝機能が高まる上、栄養補給や水分補給も出来ます。

ごぼう茶のデトックス効果はこちらもご覧ください。

 

そして断食を終えた翌日は、前日の夕食同様、軽めの食事をします。

消化に悪い食事や高カロリーな食事は胃腸に負担をかけるので、具なしスープやお粥を食べるようにします。

 

断食後数日、少なくとも1日はこのような回復食を継続します。

プチ断食は簡単に出来るダイエット法ではありますが、やり方を間違えると健康を損なうリスクすらあります。

 

少しでも体調が悪いと感じたら、無理は禁物ですので断食は控えます。

体調の良い時に行うようにし、自分に合ったペースで行いましょう。

 

断食中は麦茶を飲もう

麦茶はダイエット中の水分補給におすすめです。

正直麦茶を飲んだから痩せる、というものではありません。

 

よくある黒ウーロン茶のように脂肪を燃焼させる効能などないのです。

ではなぜ麦茶を進めるかというと、ダイエットを成功させるためには水分のこまめな補給が大切だからです。

 

ただのお水では味気ないですし、特に食事制限をしていると、味のあるものを口に入れたくなるでしょう。

またお水よりは栄養が豊富です。

 

その上麦茶はノンカフェインなので、神経を刺激したり、胃を痛める心配がありません。

要は麦茶にはダイエットを阻害する要因が見つからないのです。

 

麦茶に含まれるピラジンという成分が血流を改善して、血行が良くなります。

また胃の粘膜を強化する効果があるので、空腹時の胃酸の過剰分泌などで胃の粘膜を傷つける恐れがありません。

 

麦茶に含まれるミネラル成分も利尿作用を促し、代謝機能を向上させる働きがあります。

むくみが心配な方も麦茶をこまめに飲むと良いです。

 

さらにお茶はカロリーが低いので、多少飲み過ぎてもカロリーを心配する必要もありません。

ただがぶ飲みは避けましょう。

 

ちなみにウーロン茶や緑茶などは同じお茶でも、カフェインを含んでいるので、ダイエット中は控えた方が良いです。

また麦茶が良いとはいっても、冷えた麦茶は身体を冷やすので、出来れば常温又は温めて飲むことをおすすめします。

 

またノンカフェインのお茶としてごぼう茶があります。

ごぼう茶のダイエット効果はこちらをご覧ください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*