睡眠に良い効果を与えるパジャマの素材

パジャマ
Pocket

パジャマを着ると熟睡できる?

寝るときに着るものといえば、多くの方がパジャマと答えるでしょう。

しかしながら、実際にパジャマを着ている人は少ないことがわかります。

おそらくTシャツやスウェット、ジャージなどを着て寝ているのではありませんか。

しかしパジャマを着た方が、熟睡でき、質の高い睡眠がとる効果があるとも言われています。

なぜパジャマが睡眠に良い効果を与えるのか、そしてどんな素材を使ったパジャマが良いのでしょうか。

パジャマが睡眠の質を高める理由

なぜパジャマが寝ているときに適した服装なのでしょうか。

一般的にパジャマは普段着に比べ、ゆったりしていて体を締め付けないようになっています。

そのため、血流を阻害しませんし、筋肉や神経の緊張も緩み、リラックス効果が期待できるのです。

自宅でゆっくりしたいときは、スーツやネクタイ、ジャケットなどを着ない方が、リラックスできますね。

同じように寝るときも、体を締め付けない衣類を着た方がリラックスしやすくなります。

それに血の巡りが良くなって、体の体温調節もうまくいくようになり、睡眠の質が高くなるといわれています。

また、パジャマのようなゆったりしている服装であれば、寝返りもしやすくなるでしょう。

寝返りは多すぎても良くありませんが、少なすぎても睡眠の質を低くしてしまいます。

ですから、自然な寝返りすら妨げるような寝巻はよくないのです。

このようにパジャマには睡眠の質を高める効果がいくつもあることが分かります。

快眠に最適なパジャマの素材

人間は眠っているときに、コップ1杯分、つまり約200から300mlの汗をかくといわれています。

この量の汗をかけば、当然着ている服は湿っぽくなり、着替えたくなりますね。

このような状態で寝ていても不快指数が上がり、睡眠が浅くなってしまいます。

ですから、寝ているときにかいた汗を素早く吸って、発散してくれる素材のパジャマが望ましいことになります。

吸湿発散性ともいいますが、この性質が高いと汗をかいても快適で、眠りが深くなりやすいのです。

吸湿発散性が高い素材が天然素材といわれていますが、例えばシルクや綿(コットン)、麻などがありますね。

これらの素材を使ったパジャマは、汗をかいても快適さが続き、着心地も良いのでおすすめです。

特に寝汗が気になるという人は、いま着ている寝巻の素材を確認してみてください。

もしポリエステルなどの素材を使っていれば、汗を吸わないし乾きづらく、じめじめしている可能性が高いです。

ですからパジャマの素材はぜひ、天然素材を使ったパジャマを選ぶようにしてください。

 

また寝る前にパジャマに着替えることで、意識を眠りモードに切り替えることもできます。

スーツを着れば会社モードになりますし、制服を着れば学校モードになりますね。

寝る前にパジャマに着替えることを入眠儀式といいますが、眠りに入りやすくなるのです。

布団に入っても興奮して眠れないという人は、まだ体が睡眠モードになっていないのかもしれませんね。

パジャマに着替えることでこれまで以上に心地よい眠りを手に入れてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*