子供のベッドに2段ベッドは危険?意外なデメリットとは

寝ている赤ちゃん
Pocket

2段ベッドのデメリット

お子さんが大きくなってくると、子供用にベッドを買うことを検討してはいませんか。

特にお子さんが何人かいる場合、2段ベッドを選択する人もいるでしょう。

2段ベッドは確かに省スペースで済みますし、2つもベッドを買う必要がなく、経済的です。

子供にとっても2段ベッドは秘密基地のようで魅力的、2段ベッドに憧れてる子供もいるでしょう。

しかし2段ベッドは良い面ばかりではありません。

2段ベッドのデメリットを知り、子供のベッドに何を選ぶべきか考えてみましょう。

転落の危険性

確かに2段ベッドは経済的であり、スペースを取らない点は非常に魅力的なベッドです。

しかし高さが高い分、子供が使うには危険であることも忘れてはなりません。

例えば2段ベッドの上段に寝ているとき、万が一転落してしまったら怪我をする恐れがあります。

いくら柵がついているとはいえ、100%転落しないとはいえないのです。

実際私も2段ベッドの上段から落ちたことがありますし、しばらく息ができなくなったことがあります。

特に子供は大人より寝相が悪いですし、転落するリスクも大きいものです。

もちろん寝ているときだけでなく、2段ベッドで遊んでいて転落することもあるでしょう。

お子さんは興味本位で色んなことをしますから、なるべく危険なものを遠ざけてあげる必要があります。

また、2段ベッドの上段に寝るには梯子を使わなければなりません。

寝るときや起きたときも、必ず梯子を使うわけですから、寝ぼけて梯子を上り下りすれば、転落の恐れがあります。

こういった転落のリスクが2段ベッドには付きまとうことを覚えておきましょう。

それから地震が起きたときの危険性についても考えなければなりません。

日本は地震の多い国ですし、地震が起きたときのケースを想定しておくことは必要です。

特に2段ベッドは普通のベッドに比べ、地震が起きると激しく揺れるものです。

そうなればスムーズに避難もできませんし、地震に対する恐怖は倍増します。

それに揺れるだけならまだしも、ベッドの脚が折れて上段のベッドが落下することもあるかもしれません。

2段ベッドを設置するときの対策

このように2段ベッドにはなんらかのリスクが伴います。

どうしてもスペースの問題で2段ベッドを設置しないと寝る場所を確保できないというご家庭もあるでしょう。

ですから2段ベッドを設置する場合、上記のようなリスクを想定して、できる対策はしてみても良いのではないでしょうか。

例えば以下のような対策が考えられます。

  • ベッドの片側を壁に付けて設置する
  • 必ずベッドの柵は設置する
  • 柔らかいマットをベッドの周囲に敷く
  • 組み立てた後、揺らすなどして耐震性を確かめる
  • 2段ベッドで遊ばないようしつける
  • 子供が上り下りしやすい梯子のベッドを選ぶ
  • 高さの低い2段ベッドを選ぶ

いかがでしょうか。

これらの対策をしたからといって必ず安全とはいえませんが、やってみる価値はあります。

子供の安全を守れるのは大人ですから、きちんとリスクマネジメントするようにしましょう。

おすすめの2段ベッド

こちらのベッドは、下段のベッドを引き出すタイプで、高さの低い2段ベッドです。

寝るときはスペースを取りますが、転落による怪我の心配が少なくて安心です。

使わないときは下段のベッドをしまっておけるため、省スペースで助かります。

 

しかし、やはり下段のベッドを引き出すのは手間、引き出すスペースすらないという人もいるでしょう。

こちらの2段ベッドは少し高さが出ますが、高さも160cmと低めに作られています。

フィンランド産のパイン材を使っていますが、第三者機関の検査でも、高い耐久性が証明されています。

値段もお手頃ですし、高い2段ベッドはいらないが安心できるベッドが良い人におすすめです。

 

2段ベッドで心配なのはやはり強度であり、上段部分のベッドが破損したり、落下する事故も起きています。

こちらのベッドは直下型、横揺れ型の地震に備えて開発された、もしもに備えた耐震仕様に2段ベッドです。

31.5cmという高めの柵も転落の危険性が少なくて安心です。

楽天でも良く売れているようですし、2段ベッドの安全性を重視する人にはおすすめです。

 

寝ているときはどうしても無防備になってしまいますから、安心できるベッドで寝たいですね。

命に代えられるものはないので、納得できる2段ベッドを選びましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*