涙が出ない玉ねぎの切り方とおすすめレシピ

女性
Pocket

玉ねぎを切るとなぜ涙が出るの?

玉ねぎを包丁で切ると涙が出たという経験をお持ちの方は多いでしょう。

涙が出ない内に素早く切ってしまうのも一つの手ですし、あるいはゴーグルをしたり、鼻にティッシュを詰めて玉ねぎを切るのも良いですね。

しかし涙が出ないための玉ねぎの切り方というものがあります。

玉ねぎの匂いを嗅ぐとツンとした香りがしますが、これは硫化アリルという成分が玉ねぎに含まれており、気化することで目や鼻の粘膜を刺激するからなのです。

硫化アリルは揮発性が高いので、少し玉ねぎを切っただけで大気中に飛散するのです。

特に切れ味の悪い包丁を使っていると、細胞が破壊されやすく、硫化アリルが大量に飛散します。

包丁のお手入れをしっかりすることも玉ねぎを切って涙が出ないための一つの方法なのです。

しかしもっと簡単に涙が出ないようにする方法があります。

それは玉ねぎを冷やすという方法です。

冷やすとはつまり、玉ねぎを切る直前まで冷蔵庫に入れておくだけです。

こうすることで硫化アリルが飛びにくくなり、涙が抑えられるのです。

ちなみに玉ねぎをレンジなどで温めても硫化アリルが気化してしまうので涙も出にくくなります。

ただし玉ねぎを水にさらしたときと同様、硫化アリルの含有量が減少するので、硫化アリルの健康効果も減少します。

ですので個人的に一番良い方法は玉ねぎを冷やすことでしょうか。

硫化アリルには血栓を溶かして血管の詰まりを防いだり、殺菌作用、抗酸化作用があります。

玉ねぎを切ると目や鼻がしみたり、涙が出てしまいますが、硫化アリルを失うことなく、十分効能を享受したいものです。

サーモンと玉ねぎでできるさっぱりマリネ

玉ねぎを生でさっぱり美味しく召し上がるにはマリネがおすすめです。

マリネはお魚と相性抜群なので、お刺身を買ってきて一緒にお皿に添えても良いですね。

今回はサーモンのマリネの作り方をご紹介したいと思います。

サーモンは普通のサーモンでも、スモークサーモンでもどちらでもOKです。

でもマリネだと、玉ねぎが辛さが気になるという人もいるでしょう。

その場合、わざわざ水にさらさなくても、玉ねぎを繊維を断ち切るようにスライスし、少し空気にさらしておくと、辛味や苦みがしっかり抜けてくれます。

何故辛味が抜けるかというと、繊維と垂直に玉ねぎを切ることで細胞が破壊され、硫黄化合物の酸化が進むからなんです。

さて、マリネといえば調味料が大事なのですが、使うのはお酢とオリーブオイル、それから砂糖、醤油です。

塩、コショウも少々使います。まずボウルにお酢とオリーブオイルをそれぞれ大匙2杯くらい入れます。

砂糖、醤油は小さじ一杯程度でOKです。

サイトによって分量は異なりますが、お好みで分量は調整してOKです。

調味料をボウルなどに入れて良く混ぜ、そこにスライスした玉ねぎを入れて、良く和えます。

その後サーモンも入れて軽く混ぜ、お皿に移して、サーモンのマリネが完成です。

グレープフルーツなど柑橘系の果物も、マリネとは非常に相性が良いですし、ビタミンCも一緒に摂れるので美肌効果アップですね。

玉ねぎは新玉ねぎでも良いですが、新玉ねぎだと水分が多いので、若干傷みやすいです。

ただ早めに食べれば問題はありません。

玉ねぎの硫化アリルと、サーモンのEPAの効果で血液サラサラになること間違いなしです。

EPAを摂取すると血小板が固まりにくいので、血液の流れが良くなるんです。

昔はお寿司といえばマグロでしたが、最近はサーモンの方が人気が高く、日本人が一番買うお魚はサーモンだそうです。

さらに美容のプロであるIKKOさんもサーモンが大好きで、美容のために良くサーモンを食べているようです。

サーモンにはアスタキサンチンが含まれており、その抗酸化作用はビタミンEの1,000倍もあるそうです。

アスタキサンチンは赤い色素でエビやカニなどにも含まれており、細胞を老化させる活性酸素の発生を防いでくれます。

さらにサーモンには、人間が体内で生成できないオメガ3と呼ばれる必須脂肪酸が含まれており、免疫性の疾患を防ぐ作用があるそうです。

DHAを摂取すると頭が良くなると言いますが、脳の働きを向上させるので、うつ病や認知症予防にもサーモンは力を発揮します。

お酒のおつまみにも良いので、サーモンのマリネ、是非ご自宅で作ってみてください。

玉ねぎとトマトで作る簡単サラダ

玉ねぎを使ったサラダって美味しいですが、トマトと一緒に和えるだけで簡単に出来るサラダがあります。

作り方は簡単、玉ねぎとトマトを切ってお皿に並べます。

玉ねぎはみじん切りでも、櫛切りでも結構です。

トマトは輪切りにします。

それからごま油と醤油、お酢、白ごま、砂糖で味付けしたドレッシングをかけて完成です。

お酢と醤油は多めで大匙1から2杯、ごま油と砂糖は小さじ1杯ぐらいでOKです。

ちなみにごま油の代わりにオリーブオイルを使ったり、醤油の代わりに塩、コショウにしてもOKです。

トマトと玉ねぎって本当に相性が良いんです。玉ねぎとトマトを使った料理って多いですよね。

オムライスもそうですし、ミートソースにもトマトと玉ねぎが使われます。

食べものの多くは単体で摂るよりも、食べ合わせる方が栄養効果が2倍にも3倍にもアップしますし、味は10倍にも美味しくなると言われています。

代表的な成分である、トマトのリコピンと玉ねぎのケルセチンは植物性栄養素の一種で、いわゆるファイトケミカルと呼ばれ、今注目を浴びている健康成分です。

トマトに含まれるリコピンは新陳代謝を活性化してくれますし、血糖値を下げ、血液をサラサラにする効果もあります。

さらに玉ねぎのケルセチンは脂肪の吸収を抑え、血管の酸化を防ぎますし、リコピン同様、抗ガン作用、抗アレルギー作用があります。

玉ねぎのカリウムは塩分を排出し、むくみを解消、さらにトマトのクエン酸で疲労も回復します。

さらにトマトは乳酸菌を増やす作用があり、腸内環境を整えて、玉ねぎのアリシンで腹痛が起きるのを防いでくれます。

まさに最強の野菜がタッグを組んだといっても過言ではないでしょう。

白鳥早奈英という方が、「長生きしたけりゃ、トマトとたまねぎを食べなさい」という本を出しているのをご存じですか。

白鳥早奈英さんは管理栄養士や調理師などたくさんの資格を持っている方で、国内でも海外でも多くの講演を行い、TVにも数多く出演されている方です。

まさに食べ合わせの提唱者でもあるのですね。

そんなすごい方がトマトと玉ねぎの食べ合わせを推奨しているのだから、信憑性は高いですね。

アレルギーの気になる方は睡眠をしっかりとることも大切です。

こちらにはアトピーと睡眠の関係が詳しく書かれていますから、ご覧ください。

玉ねぎおろしソースを使えば何でも美味しくなる

色んな食材と味の相性が抜群な玉ねぎですが、玉ねぎをおろして絶品ソースを作ることも出来ます。

例えば鶏肉をソテーして、おろした玉ねぎでソースを作ってかけると、鶏肉もしっとり柔らかくなって美味しさアップ、食欲をそそります。

お肉にお魚に玉ねぎソースをかければ、臭みも消えますし、たんぱく質が分解されて、身が柔らかくなるのが特徴です。

お肉はすじ切りしておくと、玉ねぎが繊維に沁みてさらに柔らかくなります。

玉ねぎのおろしソースの作り方ですが、まず玉ねぎをすりおろしていきます。

2人前でしたら、玉ねぎ1/2を使えば十分な量になるでしょう。

味付けは醤油、みりん、お酒、お酢を各大匙1杯くらい入れて混ぜ、砂糖、生姜、にんにくを少々加えれば、絶品玉ねぎおろしソースの完成です。

鶏肉に牛肉に、ハンバーグにお魚に、どれにかけても外れがありません。

それこそレストランで出てくるような料理になります。

さらに玉ねぎが消化しにくい動物性食品の消化を助けてくれるので、体にも吸収されやすくなります。

さらに硫化アリルがビタミンB1の吸収を高めてくれるので、慢性的な疲労の解消も見込めますし、すりおろすことで健胃効果がアップし、胃腸の調子が良くなります。

お肉を食べ過ぎるとどうしても癌を発症しやすくなりますから、玉ねぎおろしソースをかけて食べると癌予防の効果も期待できます。

なお、癌予防にごぼう茶もおすすめです。

ただご自宅で玉ねぎを擦り下ろすと、どうしても苦くなってしまう人がいます。

その場合、すりおろしたりんごを混ぜると、苦みが消え、味が優しくまろやかになります。

中には擦り下ろす前にお水にさらす人がいますが、栄養素が水に溶けてなくなってしまうので、お水にさらすのはNGです。

またどうしても玉ねぎがばらけてしまって上手に擦り下ろせない、涙が止まらないという人は、玉ねぎの皮を剥いた後、冷蔵庫で良く冷やしておくと、すりおろすときに玉ねぎもばらけませんし、涙も出ないのでおすすめです。

さらに、すりおろすときは玉ねぎの根を切らずに残しておき、頭の方から擦り下ろしていってください。

こうすることで玉ねぎを無駄なくおろすことが出来ます。

ちなみに擦り下ろした後の玉ねぎはすぐに品質が落ち、風味もなくなってしまうので、すぐに使い切るようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*