簡単にできる水虫の予防法と治し方

足かゆい
Pocket

簡単に出来る水虫の予防法とは?

水虫は誰しもかかりたくない病気ですが、正しい知識を持って生活していれば水虫になるリスクは相当下げることが出来ます。

水虫にならないためには自分自身が水虫にかからないように気を付けることと、それから感染しないように気を付ける必要がありますね。

水虫は誰でもなりうる皮膚病の1つですが、予防策といってもそれ程難しいものではありません。

水虫予防にとって一番大切なことは自分の体と住環境を常に清潔にしておくことです。

それだけで水虫になるリスクは相当下げることが出来ます。

自分の体を清潔にするとは、毎日お風呂に入ることを意味します。

さらに手足の指と指の間まで念入りに石鹸で洗うようにします。

仮に水虫の原因菌である白癬菌が皮膚に付着しても、毎日お風呂に入っていれば水虫にはほぼ感染しません。

高麗人参の石鹸なんかもあるようなので、使ってみてはいかがでしょう。

高麗人参には保湿効果があるので、体がカサカサになりすぎず、皮膚が弱い人にも使いやすいようです。

それから住環境を清潔にするとは、掃除をしっかりと行うことを意味します。

フローリングや絨毯、畳に限らず隅々までしっかり掃除機をかけるようにします。

フローリングであれば除菌タイプのウェットシートでフローリングワイパーをかけるのも有効でしょう。

白癬菌は除菌タイプのウェットシートに含まれるエタノールで無害化することが出来ます。

さらに床だけでなく、布団やソファなども掃除機をかけたり、日光に当てて殺菌すると良いでしょう。

仮に家族内に水虫の人がいても、このような日常的な掃除を行うだけで白癬菌は蔓延ることが出来なくなるはずです。

さらに自分自分が水虫にならないようにするには、通気性の良い靴や靴下を履くようにし、足の蒸れを最大限抑えることも重要です。

夏にブーツなどもってのほか、オフィス内では革靴からスリッパなどに履き替えるようにするのも非常に効果的です。

とはいえ仕事柄靴を履きかえることが難しいという人もいるでしょう。

そういう人は通気性の良い靴下と革靴を履くようにしましょう。

それから同じ靴を毎日履いているという人は2足以上靴を用意し、毎日靴を交換するようにしてください。

履いていない方の靴は換気の良い場所で乾燥させておくと、次回使うときに白癬菌の繁殖を抑えることが出来ます。

もし雨などに濡れた靴を半渇きのまま次の日も履いているとしたら、危険信号です。

このように水虫予防は意外と簡単に出来ます。

全部やれとは言いませんが、出来る範囲で水虫予防に取り組んでみてください。

エタノールで水虫は除菌できる?

エタノールは除菌用ウェットティッシュなどにも使われていて、皮膚にもそれ程害がないことから消毒、殺菌に用いられています。

結論を言えば、エタノールは白癬菌などの真菌の殺菌、除菌には一応有効といえます。

住宅内にカビが生えたときもエタノールを使って除菌、殺菌出来ます。

同様に水虫の人の患部には白癬菌がいますから、エタノールで菌を殺すことは可能でしょう。

しかし水虫の人の場合、白癬菌が皮膚の内部の角質層まで入り込んでいることが考えられます。

ですからエタノールで皮膚表面を殺菌することは可能でも、皮膚内部に入り込んだ白癬菌を除去することは難しいといえます。

それにエタノールは揮発性が高いため、皮膚の水分まで奪ってしまい、長期使用するとかえって皮膚を傷めることにもなるでしょう。

ですから水虫を治したいのであれば、専用の治療薬を用いた方が良いといえます。

もし患部にエタノールを用いてかゆみやかぶれが起きたことがある人は使用を中止した方が良いかもしれませんね。

水虫の原因菌である白癬菌はカビやキノコと同種の真菌ですから、強力な殺菌薬を使用すると人間の細胞まで破壊してしまう危険性があります。

ですから水虫治療薬も1度や2度使っただけでは完全に菌は死滅せず、通常は2,3か月使用を続けないと水虫は完全には治らないようです。

1,2週間使えば症状は大分改善するようですが、完治するには治療薬を使い続けなければなりません。

水虫治療にエタノールを用いるのを止めはしませんが、根本的な治療にはならないと考えておきましょう。

水虫は冷やして治す

水虫というと不潔な男性がなるものというイメージがありますが、そんなことはありません。

最近ではブーツを履く女性が増えたこと、女性が社会進出したことにより蒸れ易い靴を長時間履くことが多くなったため、女性の水虫も実は増えているのです。

水虫の原因は白癬菌という真菌の一種ですが、カビ同様湿気を好み、通気性の悪い状態が続くと誰でも水虫になってしまいます。

女性に意外と多いのが爪水虫で、最初は痒みを伴わないため放置しがちなのですが、悪化すると爪が黄色く変色したり、原型もないほど爪が変形したり、ボロボロになったりします。

ですから水虫の疑いがある場合は早めに皮膚科にかかり、早期に水虫の芽を摘むようにしましょう。

さて高温多湿を好む白癬菌ですから、湿度の高くなる春から夏にかけて水虫になる人が多くなります。

逆にいうと冬場の乾燥した季節は水虫の症状は一旦和らぎます。

ここまで説明して気づいた方もいるかもしれませんが、水虫の原因菌の白癬菌は低温、乾燥に非常に弱いのです。

ですから水虫になったら患部を冷水で冷やすというのも意外と効果があります。

やり方は簡単で、洗面器等に水を張って氷を入れ、そこに足を痛くなるまで入れて出すという方法を繰り返します。

それからなるべく通気性の良い靴や靴下を履くようにし、いつでも足をサラサラな状態にしておく必要があります。

こうすることで水虫の症状は次第に和らいでいくはずです。

ただし重度の水虫の場合は治療薬を使用するのも忘れないようにしましょう。

白癬菌は生命力が強く、剥がれ落ちた皮膚の中でもしばらく生き続けます。

ですから冷水治療も根気よく続けることが大切です。

床やマットもこまめに掃除、洗濯をして、清潔な状態に保つようにしましょう。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*