お風呂や温泉で水虫はうつらない?

かゆい
Pocket

お風呂で水虫はうつらない?

お風呂は誰でも素足で入りますから、お風呂で水虫が感染しないか心配かもしれません。

しかし結論から言うとお風呂で水虫がうつることは考えにくいものです。

というのも水虫の原因菌の白癬菌は水で流れてしまうので、水虫がうつることはありません。

仮に白癬菌がお風呂のタイルなどに残っていて、足の裏に付着したとしても水で流せば大丈夫です。

白癬菌が付着したからといってただちに水虫になるわけではなく、皮膚の奥深くの真皮層まで入り込むのに24時間程度かかるからです。

ですからお風呂で足を石鹸などで綺麗に洗えば白癬菌も流れていきます。

水虫がうつらないように注意しなければならないのはお風呂場よりもバスマットです。

バスマットは水虫がうつる場所ナンバーワンといっても差し支えないかもしれません。

バスマットは白癬菌が好む湿気の多い場所ですから、白癬菌が生き続けます。

もし家族内に水虫の人がいるのであれば、バスマットは水虫の人とそうでない人で分けて使うべきです。

ただバスマットを変えたからといって、水虫が感染しない保障はありません。

というのも水虫の人がいる住居内でばバスマットだけでなく、床や畳、スリッパや布団、ソファなどいたるところに白癬菌が存在していたからです。

ですからお風呂で水虫がうつらないといっても感染経路はたくさんあることを理解しておきましょう。

とはいっても特殊な掃除はする必要がありません。

普段通り掃除、洗濯をすれば水虫の感染リスクを減らすことは可能です。

温泉で水虫に感染しないために

温泉は疲労回復や病気治療、リラックスなど健康にも良い効果があります。

でも不特定多数の人が利用する温泉ですし、裸足で施設を歩き回りますから、水虫にうつる可能性も高くなりますね。

せっかく健康になろうと温泉に行ったのに水虫になって帰ってきては最悪です。

では外出しなければ良いのかといえば、それも息が詰まってしまいますね。

温泉に限りませんが、こういった不特定多数の人が利用する施設に行く場合、いくつかのポイントを抑えておけば水虫になるリスクを大幅に下げることが出来ますので、是非覚えていってください。

こういった施設を利用する際、水虫の感染経路となりやすいのはバスマットやスリッパ、サンダル、そして更衣室の床などですね。

これらは裸足で触れることが多いですからどうしても皮膚から剥がれ落ちた白癬菌が付着しやすいのです。

この白癬菌が皮膚に付着してしまうと水虫になってしまうのですが、白癬菌が付いたからといってすぐに水虫になるわけではありません。

皮膚に付いた白癬菌はおよそ24時間かけて皮膚の内部に入っていくわけですが、この間に石鹸などで足をよく洗い、よく乾燥させておけば白癬菌を死滅させることが出来ます。

ですから、温泉に行った後はよく足を洗うようにしてください。

どうしてもすぐに足を洗える環境にないときは、除菌用のシートで足をふき取るだけでも効果があります。

白癬菌が付着したすぐあとであれば、まだ皮膚表面に白癬菌がいますので、除菌用シートでも菌を除去することが出来ます。

それから白癬菌は高温多湿の環境を好みますから、通気性の良い靴下や靴を履くのもおすすめです。

最近では5本指ソックスが登場していますが、5本指ソックスも足が蒸れにくいので、水虫になりにくいですよ。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*