履かない方が良い?水虫さんの靴下の選び方

シルク靴下
Pocket

靴下は履かない方が良い?

水虫の人は周りの人間に感染させないためにも、靴下を履いた方が良いと言います。

あるいは今現在水虫でない人も靴下を履くことで感染を防止することが出来ます。

 

しかし水虫である方にとっては靴下を履くことで水虫の症状を悪化させる、あるいは治療期間を長くしてしまうというデメリットがあります。

靴下を長時間履いていると足が蒸れますが、通気が悪いと靴下の中は高温多湿になり、白癬菌を増殖させてしまうのです。

それに皮膚から分泌された汗や皮脂が靴下の中に溜まっていくので、雑菌を増やす原因にもなるでしょう。

そうは言っても靴下を履かないと、白癬菌の付いた角質をばらまくことになってしまうので、履かないことはお勧めしません。

 

それよりも通気性の良い靴下や5本指靴下を履くと良いかもしれません。

靴下は綿素材のものが汗を吸収してくれますし、通気性も良いのでおすすめです。

 

また5本指靴下は足の指と指が接触するのを防ぎ、通気性を良くして垢や湿気が溜まるのを防いでくれます。

足の指の間に水虫が出来やすいのは、足の指の構造が原因となっており、白癬菌が繁殖しやすいのです。

 

靴下を履かずに靴を履くと、足も蒸れ易いので、外出時も靴下は履いた方が良いといえます。

革靴やブーツは蒸れ易いのでなるべく履かないようにすること、オフィス内ではスリッパやサンダルなどに履き替えるにも足を乾燥させやすいのでおすすめです。

 

外回りの営業の仕事である人は、せめて休憩中などは靴を脱ぎ、通気性の良い状態にしてください。

またこまめに靴下は清潔なものと取り換えること、間違っても1日以上同じ靴下を履かないようにしてください。

 

雨などで靴下が濡れたときはそのまま履き続けるのではなく、予備の靴下を持ち歩いて履き替えるくらいの準備はしても良いかもしれません。

1人暮らしの人であれば、部屋の中では素足で過ごし、足を乾燥させた方が水虫も早く治りやすいでしょう。

 

床やマットに落ちた角質は、こまめに掃除、洗濯することで部屋の中から白癬菌を除去することが出来ます。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*