腰痛持ちは三つ折りマットレスをおすすめできない?

腰痛
Pocket

三つ折りマットレスは腰痛に悪い?

三つ折りマットレスを使っている人は多いと思いますが、寝心地はどうでしょう。

個人的には折り目付近と中央部で硬さや反発力が異なるのが気になります。

連結していないため、体圧分散性が発揮できるのか、不安の残るところです。

実際腰痛のある方は三つ折りマットレスを使わない方が良いという意見もあるようですが、実際のところどうでしょう。

三つ折りマットレスでもおすすめできるものはあるのか、あるいはやはり1枚もののマットレスの方が良いのでしょうか。

1枚ものの高反発マットレスがおすすめ

結論を申し上げると、腰痛に悩んでいる方は、個人的には1枚もののマットレスを使った方が良いと思います。

三つ折りマットレスのすべてを否定するわけではありませんが、下手な三つ折りマットレスはやはり腰に悪いからです。

腰痛のある方は1枚ものの、さらに高反発のマットレスをおすすめします。

低反発マットレスは反発力がないため、腰が沈みすぎてしまうため、腰にはあまりよくないといわれています。

ですから、重さのある腰も押し返すような、反発力のある高反発マットレスをおすすめしているわけです。

腰痛の方はモットンというマットレスをおすすめしていますが、詳しくは返金保証のついたマットレスモットンの口コミをご覧ください。

モットンは反発力の高いマットレスで1枚ものですが、丸められるので収納にも困りません。

メリットたくさん三つ折りマットレス

さて、それでも三つ折りマットレスを使いたいという人もいるでしょう。

三つ折りマットレスは折り畳むことができますし、省スペースで済みますし、押入れやクローゼットに収納するのも楽です。

マットレスはベッドの上に敷きっぱなしという人はともかく、お部屋が狭いという人は1枚ものより三つ折りマットレスの方が何かと便利です。

いざというときのために、来客用にマットレスを置いておきたい場合も、三つ折りマットレスが活躍します。

反発力と耐久性に不安が残る

ではなぜ三つ折りマットレスは腰痛持ちにおすすめできないのでしょうか。

それはやはり、マットレスが連結していないため、体の沈み込みが連動しないこと、つまり場所によって反発力にムラがあるためです。

1枚もののマットレスは体全体の重量に合わせて、体圧分散できるように体が沈み込むように設計されています。

しかしそれぞれのマットレスが分断されている三つ折りマットレスでは、それぞれの動きが連動しないため、反発力に差が出てきてしまうのです。

さらに重量のかかりやすい箇所が先にへたりやすく、耐久性という面でも1枚ものに劣る可能性があります。

おすすめの三つ折りマットレス

とはいえ三つ折りマットレスでも、サイドと中央部のマットレスを入れ替えできるものや、素材の質を向上することで、体圧分散性や耐久性の不安を解消しているマットレスも存在します。

三つ折りマットレスの方が寝心地や体圧分散性、耐久性が劣るのは、あくまで一般論です。

ですから、どうしても三つ折りマットレスを使いたいという人は、このようなマットレスを探してみるのも良いでしょう。

三つ折りマットレスでも、量販店などに売られているような1枚ものの安いマットレスに比べると良いマットレスはたくさんあります。

特におすすめしたいのは、マニフレックスのメッシュウィングというマットレスです。

メッシュウィングは三つ折りマットレスですが、十分な硬さと反発力があり、三つ折りマットレスとは思えないような寝心地です。

腰痛の人にマニフレックスのメッシュウィングをおすすめしている口コミも良く見かけます。

もちろん三つ折りマットレスに限らず、1枚もののマットレスもたくさん展開されていますので、ご覧ください。

公式サイトであれば、保証もついていて安心です。

三つ折りマットレス

【マニフレックスの正規通販】 はこちら

 

腰痛といっても重度の人から軽い人まで、程度はさまざまです。

もちろん三つ折りマットレスでも十分だと考えている人もいるでしょう。

ただ1枚ものの高反発マットレスの方が腰痛改善には良いと個人的には思います。

マットレスを選ぶときはぜひ参考にしてみてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*