老化とともに減少する酵素を補給して癌を予防

女性
Pocket

老化とともに酵素は減少する

酵素は人間が生命活動を行う上で欠かすことのできない成分です。

私たちが呼吸をするのも、筋肉を動かすのも、内臓の活動にも、細菌やウィルスと戦うための免疫力の維持にも酵素が重要な働きをしています。

 

そんな酵素も一つではなく、人間の体内には1万種類以上の酵素が存在しているのをご存じでしょうか。

しかし体内に存在する潜在酵素は老化とともに減少していきます。

老化とは、つまり酵素が無くなっていくことを意味し、年を重ねるごとに体にガタがきたり、病気にもかかりやすくなるのは自然の摂理なのです。

しかしながら、酵素の減少速度を緩めたり、酵素を外部から補って、若々しい体を維持することは可能なのです。

 

最近はアンチエイジング目的で酵素ダイエットを始める人も多いようですが、特に痩せたいという方でなくても、健康で若々しい体を維持するために酵素は是非摂取してほしいものです。

一方、酵素ダイエットをする上で大切なことは、色々な食材をバランスよく食べるということです。

 

生の野菜や果物を酵素ダイエットに用いている方は多いでしょうが、加熱食や動物性の食事からしか摂取できない栄養もあることを忘れないでほしいのです。

酵素食や酵素ドリンク中心の食生活では、かえって老化の原因ともなり得ますので注意しましょう。

 

酵素でガンを予防する

酵素ダイエットを始めて良かったこと、それは風邪を引きにくくなったことです。

人間の体には免疫システムという働きが存在し、ウィルスや細菌から体を守っていてくれます。

 

免疫力が低下すると、風邪だけでなく癌などの大病を発症する原因ともなりますが、ここに癌を発症する人の食生活が免疫機能の異常に大きく影響していることがあるようです。

がんにかかった人の多くは、あまり生の野菜や果物を食べないという傾向があります。

 

一方加熱したお肉やファーストフードなどを好んで食べる人が多いようです。

つまり体内酵素が不足する食事というわけです。

 

酵素は人間の生命活動の全てに関わっており、不足すると免疫力も弱くなります。

ダイエットをしていない人でも酵素の摂取は大事だということを物語っています。

 

実際にアメリカでも食生活の見直しを行い、癌患者が減少傾向にあります。

好きなものを好きなだけ食べるというのも結構ですが、酵素を補う大切さを検討してみてください。

 

>>酵素ドリンクおすすめランキングはこちら

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*