高血圧でも大丈夫?血圧と高麗人参の関係

寝ている男性
Pocket

高血圧の人は高麗人参を飲んではいけない?

日本人の中で高血圧の疑いがある人は多く、実際に健診で高血圧と診断された人は3割以上、男性に至っては4割に届く割合を示しています。

高血圧とはその名の通り、血圧が高い値が続いている状態を言いますが、具体的には収縮期の血圧(上の数値)が140mmHg以上と言われ、拡張期の血圧(下の数値)が90mmHg以上と言われています。

 

一日を通して血圧は乱高下するため一時的な数値ではなく、上記の血圧が一定の間継続するようであれば高血圧ということになります。

血圧が高いと血管に与える負担も大きく、血管がもろくなったり、動脈硬化や心臓病、脳こうそく、脳卒中といった病気を併発するなど、非常に危険な状態です。

高血圧にならないためには普段の生活習慣を見直すことが大切です。

具体的には高脂肪、高カロリーの食べもの、つまり太りやすい食べものばかり食べている食生活は改善しなければなりません。

 

血圧を下げる食べ物を食べるようにするのも良いでしょう。

また仕事が忙しくて運動が出来ていない、ストレスを溜めているという人は必然的に血圧が上がってしまいます。

 

一昔前は日本人の血圧は低めであったのですが、食習慣や生活習慣が時代とともに変わったことで、高血圧に悩む日本人が増えてしまったのでしょう。

少し前までは高血圧の人は高麗人参を食べてはいけないと言われていました。

 

しかし近年の見解では高麗人参を摂取することで、血圧の数値が改善することが分かっています。

高麗人参にはサポニンやアルギニン、ビタミン、ミネラルといった栄養素が豊富です。

 

食生活が乱れて栄養が偏っている人は足りない栄養素を補うことも出来ますし、サポニンは血栓を除去する働きもあるようです。

血栓が出来ると血液が流れる通り道を塞いでしまいますから、当然血圧は上昇してしまいます。

 

ですから高血圧の原因が血栓の疑いがある人は、高麗人参の摂取によって、驚く程血圧が下がることもあります。

なお、生の玉ねぎは血栓を溶かすと言いますから、玉ねぎを生で食べるのも良いでしょう。

 

また高麗人参は血圧を上げる食べ物と言われていましたが、そうではなかったのです。

血圧が低い人の血圧を上昇させることはありますが、血圧の高い人の血圧は降下させる作用があるということが分かったのです。

 

つまりその人の状況に合わせて、血圧を正常な値に調整する、というのが高麗人参の正しい働きであったのです。

ただし高麗人参にも種類がありますから、血圧調整作用があるのは紅参という種類ですので、間違えないように注意しましょう。

 

毎日のイライラに高麗人参がおすすめ

最近イライラして怒りっぽい、そう感じている人はいませんか。

もしかしたら更年期なのかもと不安になる人もいるでしょう。

現代はストレス社会ですから、知らず知らずにストレスが蓄積しているのかもしれません。

思い通りにいかないことも多いことでしょう。

仕事や人間関係が上手くいかない、何らかの不安を感じている人も多いはずです。

不規則な生活リズムや食生活も自律神経のバランスを崩し、イライラの原因になっている可能性もあります。

もしかしたら自律神経失調症を患っているかもしれませんし、放っておくと鬱になることだって否定はできません。

精神的な疾患は自分では気づきにくいのですが、それゆえに気付いたときには症状がかなり進行していることも良く見受けられます。

しかしストレスが引き起こすのはこのような精神的な症状だけでなく、身体的な疾患も引き起こす可能性もあります。

人間はストレスを感じるとストレスホルモンが分泌されるのですが、このホルモンが過剰に分泌されると、心身ともに不調を感じるようになります。

例えばストレスホルモンの分泌によって血液の流れが悪くなることも分かっていますし、ストレスから冷えや肩こり、腰痛を感じる人も多いようです。

さてストレスが如何に怖いものか分かってきたと思いますが、高麗人参がストレス解消に良い影響を与えてくれるのをご存じでしょうか。

高麗人参といえば漢方に良く用いられ、滋養強壮にも効果を発揮する食べものですが、実は不眠や鬱などの精神的な疾患にも効くと、中国では昔から高麗人参が活用されていました。

高麗人参のサポニンという成分がストレスホルモンの分泌を抑制し、神経を落ち着ける作用があることが分かっています。

ですから鬱や自律神経失調症にお悩みの方にも高麗人参はうってつけな食べ物なのです。

最近なんとなくイライラしているが、病院には行くまでもないという人は高麗人参を試してみてはいかがでしょうか。

 

低血圧に効果のある高麗人参

高麗人参は高血圧の人の血圧を下げ、低血圧の人の血圧を上げるなど、血圧を正常な状態にする作用があります。

ですから血圧が高い方も低い方も高麗人参を摂取して良いのです。

 

高血圧というと、死亡リスクの高い病気になりやすいことから早期に改善した方が良いことは想像に難くないでしょう。

しかしながら低血圧も寝起きが悪い、頭痛やめまいを引き起こしやすい、脱力感があるなどの症状があるため、低血圧であることに悩んでいる人も少なくありません。

 

それに低血圧の人は副交感神経が優位の状態であり、血液の循環が悪く、冷え性である人も多いようです。

体温が低いために免疫力が弱く、細菌やウィルスに対する抵抗力が弱いという欠点もあります。

 

ですからこのような悩みを解決するためにも是非高麗人参を摂取して欲しいのです。

高麗人参には交感神経を活性化し、自律神経のバランスを整える作用があります。

 

高麗人参に含まれるサポニンは別名ジンセノイドといいます。

このジンセノイドが乱れた自律神経のバランスを治し、精神的にも良い影響をもたらしてくれるのです。

 

さらに高麗人参には血管拡張作用や、赤血球や白血球の生成を促進する作用があり、血液の循環が良くなります。

ですから貧血も治りますし、頭痛や肩こりなど血流不全から引き起こされる症状を改善する上でも効果があります。

 

こんな優秀な高麗人参ですが、副作用などのリスクは無いのかと勘ぐってしまいますね。

しかし高麗人参や医薬品ではなく、天然の植物ですから心配には及びません。

 

ただ人によっては好転反応が出たり、アレルギー反応が出ることもあります。

また持病をお持ちの方は高麗人参の作用が体にとって悪く働いてしまうこともあるので、服用に当たっては医師に相談すると良いでしょう。

 

高麗人参で朝に強くなる

毎朝起きるのが辛い、午前中は仕事に身が入らない、寝坊が多いという人はいませんか。

そんな朝が弱い人に高麗人参を使ったお茶やお酒、サプリメントをおすすめします。

 

朝に弱い人というのは確かに存在します。

決して意思が弱くて起きられないわけではありませんから、気合でなんとかしろと精神論で苦手な朝を克服できるものではありません。

 

朝が弱いのは科学的に証明されており、セロトニンというホルモンの分泌量が不足している人に朝が弱い人が多いのです。

ドーパミンやアドレナリンという言葉は聞いたことがあるでしょう。

 

セロトニンもドーパミンやアドレナリンと同様、神経伝達物質の一種です。

セロトニンは心の安らぎを感じたり、精神状態を正常に保つ上で必須のホルモンで、不足するとうつ病などの精神障害を引き起こすといわれています。

 

同時にセロトニンの分泌が少ない人は不眠症に悩む人が多く、中々寝付けなかったり、しっかり寝たつもりでも、心身の疲れが取れていなかったりします。

セロトニンの分泌が少ないのは体質的なものもありますが、体質を改善する意味でも高麗人参を飲んだ方が良いでしょう。

 

通常人間は日の光を浴びて目覚め、日が沈むと眠りに着きます。

これを体内時計と言いますが、朝が弱い人は体外体内時計が狂っていて、眠るべき時間に眠ることが出来ないのです。

 

おそらく日中ストレスを浴び続け、肉体的にも精神的にも緊張状態が続き、活動状態と脳が認識しているため、自律神経の切り替えが出来ていないのだと思います。

体内時計が狂っていると、朝が弱いだけでなく、その内さまざまな生体機能に障害が出てきます。

 

今の内に高麗人参を飲んで、体内時計を戻した方が良いと思います。

なお自律神経を整えるにはごぼう茶もおすすめです。

 

ごぼう茶が売っている場所についてはこちらもご覧ください。

 

高麗人参酒で体ぽかぽか

高麗人参酒というお酒を飲んだことがありますか。

高麗人参といえば、漢方薬というイメージがありますが、お酒で飲む方法もあるのですね。

 

高麗人参は元々血液の循環を改善するために漢方薬として愛用されてきましたが、アルコールと合わせることで、血行促進効果が高まるのです。

高麗人参酒を実際に飲んでみると、血液の流れが良くなるのが分かり、体の芯からぽかぽか温めるのを実感出来ます。

 

意外と漢方薬をお酒に漬けて飲むという方法は、中国ではポピュラーな方法です。

高麗人参酒の作り方は簡単で、35度の少し温めのホワイトリカーやブランデーに高麗人参を漬けこむだけです。

 

ただ1ヶ月以上かかりますし、完成品でも販売されているので、わざわざ作る必要は無いと思います。

高麗人参の品種や品質によって値段は安いものもあれば、高いものもあります。

 

まずは手頃に3000円から5000円くらいのものから試してみると良いでしょう。

高い高麗人参酒を買っても飲まなかったら勿体ないですし、まずは手頃な値段もものを買い、続けられそうなら高いものを買えば良いと思います。

 

ただ高価な高麗人参酒は数万円もするので、続けるにもランニングコストがかかってしまいますので、そこはお財布と相談してください。

さて、高麗人参酒をそのまま飲む人もいますが、基本的には漢方独特の香りや風味があるので飲みにくいです。

 

そのまま飲んでも高麗人参の甘味が出ているので多少甘味はありますが、私の場合はナツメを入れたり、蜂蜜を入れたりして甘味を加えることで、なんとか美味しく飲むことが出来ています。

中にはロックにしたり、炭酸水で割って飲んでいる人もいますし、お湯割りで飲むと真冬でも汗が出てくるぐらい体が温まります。

 

冷え性の人にはとくにおすすめですし、コラーゲンの生成を促すのでアトピーに悩んでいる人にもおすすめです。

アトピー肌はコラーゲンが少ないと言われていますから、是非高麗人参を摂取して、コラーゲンをたくさん作りましょう。

 

高麗人参で肩こりが無くなる

毎日忙しく働いている社会人の方、お疲れ様です。

特にデスクワーク主体の方、デスクに張り付いて、パソコンの画面とにらめっこしていると思いますが、肩こりがひどくなったりしませんか。

 

デスクに座ってパソコンを操作していると前かがみにもなりますし、運動といえば指の運動だけ、目も酷使して目が疲れると肩こりの原因になってしまうのです。

でも仕事だから仕方が無いと割り切るのも良いですが、肩こりって日本人しか感じないってご存じですか。

 

同じような作業をしているはずなのに、外国人は肩こりにならないのは何故でしょうか。

日本人はなで肩の人が多く、筋肉量も外国人に比べると少ないですね。

 

こうした体型の違いも関係していると考えられます。

この他にも、正座をしたり、あぐらをかいたり、相手の話に頷いて相槌を打ったりするのも日本人特有の動作ではありますが、こういった動作も肩こりに影響しているようです。

 

とはいえ外国人でも肩の筋肉が張ることはあります。

ただ肩こりという言葉が無いだけなのですが、つまりは精神的な影響も大きいということになります。

 

自分は肩こりだと思うと、肩こりの症状が余計にきつく感じてしまうわけです。

ちなみに肩こりという言葉が生まれたのは日本で、夏目漱石の小説に初めて登場したようです。

 

肩こりを治すにはずっと同じ姿勢でいないこと、仕事中もたまに体を動かすなどして筋肉が固まったり、血液が下半身に溜まらないようにした方が良いでしょう。

血行を良くするために高麗人参を摂取するのもおすすめです。

 

高麗人参は血栓が出来るのを防いだり、毛細血管を拡張して、頭から爪の先まで血液がスムーズに流れるようになるので、血の巡りがとっても良くなります。

さらに言えば、ストレスを感じて緊張している神経や筋肉をほぐす作用もあるので、肩こりが自然と改善しますよ。

 

また肩こりを治すには、普段使っている枕を替えてみるのも良いでしょう。

快眠博士のテクノジェルという枕は、使ってみると心地よく眠ることができ、体にかかる圧力を分散するため、肩こり対策にもおすすめです。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*