高血圧や認知症予防に生姜が効果あり?

ショウガ
Pocket

生姜が認知症を予防できる理由

認知症になる人は年々増え、現在200万人を超えていると言われています。

現在高齢者の方もそうでない方も、自分もいつか認知症になるのではないか、もしなってしまったら家族にも迷惑をかけてしまうのではないかと不安に思う方もいるでしょう。

認知症にも色々と種類がありますが、多くはアルツハイマー型と呼ばれる認知症にかかる人が多いと言われています。

初期症状としては何度も同じことを言ったり、自分が今どこにいるのか分からなくなったり、簡単な計算が出来なくなったりと、新しい情報を一時的に保存する海馬が損傷を受けることで、新しく覚えた物事をすぐに忘れてしまうようになります。

原因についても全てが解明されているわけではありませんが、活性酸素や過酸化脂質などの酸化ストレスや炎症反応によって、脳の神経細胞が破壊されることが認知症の発症原因とされています。

しかしながら最近の研究で、生姜に含まれる成分には、このような酸化ストレスや炎症反応を抑える働きがあることが分かっており、認知症の予防にも有効であると注目を浴びています。

この生姜に含まれる成分とは、ジンゲロンという成分で、生姜に熱を加えることで生成されると言われています。

ジンゲロンは炎症を抑える作用があることから、認知症だけでなく、癌や糖尿病、血管性疾患など炎症反応に起因して発症する、多くの病気を未然に防ぐ効果も発揮します。

実際に生姜を摂取することで、記憶力や学習能力が向上する、あるいは低下を抑制することが分かっていますから、高齢者はもちろん、若い内から積極的に摂取したい成分であります。

また生姜に含まれるクルクミンという成分も、アルツハイマー型認知症の発症原因とされる、アミロイドβと呼ばれるたんぱく質の蓄積を抑える働きがありますから、認知症予防に生姜が効果的なのでしょう。

なおうつ病の予防には高麗人参の働きも注目されています。

高血圧予防に生姜が効く

心筋梗塞や脳卒中など、高血圧によって引き起こされる病気は死に直結する程厄介なものです。

最近高血圧が気になるという人は血圧を下げる努力をしないと、取り返しのつかないことになります。

高血圧予防に良い食べ物はたくさんありますが、その一つに生姜があります。

生姜を食べると体が温まるので、一見血圧が上がるような感覚ですが、実は生姜には血圧を下げる効果があるんです。

高血圧の原因は肥満、喫煙、ストレス、過剰な塩分摂取などありますが、これらの行為は血液量を増大させたり、血管を収縮させるので、血圧が上がってしまうのですね。

では何故生姜によって血圧が下がるかというと、生姜にはショウガオールという成分があり、血管を拡げて血流を改善してくれるからです。

血液の循環が良くなると脂肪燃焼もしやすくなりますし、血栓も出来にくくなるので、ダイエットや健康にも効果が期待できます。

それに体が温まるので、関節痛が緩和したり、免疫力の強化にも繋がるわけです。

最近運動不足で汗をかいていないという人は、是非生姜を食べてみてください。

体がぽかぽかして汗をかきやすくなりますよ。

さて生姜は料理にも使えて万能な調味料ですが、料理をしないという人やオフィスでお水代わりに生姜を摂取したいという人は生姜湯を試してみてください。

生姜は熱を加えると、ショウガオールが増加すると言われますから、そのまま生姜を食べるより、ショウガ湯にすると体を温める効果がアップします。

どんな方法でも良いので、高血圧が気になるという人は生姜を毎日摂取するようにしてください。

なお高血圧にはごぼう茶も良いようです。

ごぼう茶の有効成分がこちらに書かれていましたので、参考にしてください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*