赤ちゃんも水虫になる?子供の水虫対策

寝ている赤ちゃん
Pocket

赤ちゃんも水虫になるって本当?

水虫というと大人の男性がなるものというイメージがありました。

しかし水虫は男性も女性も、子どもも大人も発症するものです。

最近ではブーツを履く女性が多いので、女性の中にも水虫に悩む人は多いようです。

また水虫は赤ちゃんでも発症することがあります。

赤ちゃんが水虫にかかるなんて意外と思われるかもしれません。

しかし赤ちゃんはまだ皮膚が弱く、抵抗力が無いので、皮膚疾患にかかりやすいのです。

大抵は水虫を持ったご両親やご家族から感染することが多く、大人と同様指の間に出来たり、爪に出来たりします。

症状としては皮膚がふやけたり、水疱が出来たりしますが、アレルギー性皮膚炎やガンジタ菌など他の皮膚病と見分けが付きにくいものです。

症状から特定できなければ、一度医師に診てもらうと良いでしょう。

白癬菌が存在すれば、間違いなく水虫です。

赤ちゃんが水虫にならないためには、寝具や衣類を清潔な状態にしておくことです。

ハイハイや伝い歩きをし出したら、色んなものを触ってしまいますから、部屋の中を清潔にしておくことも大切です。

また赤ちゃんはオムツを履きますが、オムツが蒸れることで水虫になることもあるようです。

大人の靴下同様、オムツも蒸れたまま放っておくと、白癬菌が繁殖する温床となってしまいます。

ですからオムツはこまめに取り換えるようにしてください。

最近のオムツは半日取り換えなくても大丈夫なものもあるようですが、油断は禁物です。

赤ちゃんの水虫の治療も薬剤を用いますが、市販薬などでは赤ちゃんには刺激が強かったり、負担となってしまいます。

ですから赤ちゃんが水虫になったら、まずは病院に受診し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

水虫は遺伝するの?

アトピーなどの皮膚病はアレルギーが原因ですから遺伝することはあります。

しかしながら水虫の原因は白癬菌というカビですから、遺伝ではなく誰にでも発症する可能性はあるのです。

しかしながら水虫になりやすい体質というものはあるかもしれません。

水虫の原因である白癬菌はカビですから、高温多湿の環境を好むのは何となく分かると思います。

ですから体質的に皮脂の分泌量が多い人や汗をかきやすい人は水虫になりやすいかもしれません。

心当たりのある人は、通気性の良い服や靴を身に付けたり、タオルを持ち歩いてこまめに汗を拭くようにすると良いでしょう。

もちろんお風呂は毎日必ず入り、夏場などは2回シャワーを浴びるなどして、体を清潔にしておくと水虫を予防することが出来ます。

また水虫は足や足の裏、指の間などに出来やすいもので、水虫のおよそ9割は足に出来ると言われます。

ですから仕事中革靴やブーツなどを履いている方は、オフィス内ではサンダルやスリッパなどに履き替えることも有効な対策といえます。

最近では通気性の良い5本指ソックスも人気があるようですね。

また白癬菌が繁殖しないよう、皮膚の抵抗力、免疫力を高めることも水虫予防には効果があります。

アトピーなどにかかる人は体質的に皮膚の抵抗力や免疫力が弱い人がいますから、そのような人は特に注意が必要です。

子どもが水虫にならないために

水虫は大人がなるものと勘違いしていませんか。

大人だけでなく子どもが水虫になる可能性は十分にあります。

当然家族の水虫がうつってしまうこともあるでしょうし、外で遊んでいる内に靴や靴下が濡れ、そのまま放っておいて水虫になることもあるでしょう。

よくも悪くも子どもは雑菌やウィルスには無関心で、手足が汚れていても大人ほど神経質ではありません。

ですから知らず知らずのうちに水虫になってしまった、そういうこともあります。

痒みが生じれば子どもも訴えるでしょうが、痒みが無いと自分自身では水虫だと認識できない可能性があります。

ですから子どもと一緒にお風呂に入るなどして、子どもの体の変化に気づいてあげるようにしましょう。

そうしないと子どもの水虫が悪化するばかりか、感染者を無闇に増やすことになります。

逆に気づいていれば、水虫がうつらないようにそれなりに配慮が出来るはずです。

子どもの水虫治療も大人同様、市販の塗り薬で行います。

子どもは大人に比べて新陳代謝も活発なので皮膚が早く生まれ変わり、大人より治りが早いかもしれません。

とはいえ痒みが治まったり、見た目がきれいになっても水虫菌は完全には消えていない可能性があるので、治療は根気強く続けてください。

子どもは症状が治まったら治療は止めてしまう傾向にありますから、大人がしっかり指導してあげてください。

また水虫は趾間に出来やすいのですが、子どもは自分で足の指の間など細かいところを洗っていない恐れがあります。

ですから子どもが小さい内は一緒にお風呂に入って、体の隅々まで洗ってあげるか、洗えるように教えてあげてください。

なお犬も水虫になるのをご存じですか。

犬の水虫も人間にうつるので注意してください。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*