体がかゆい原因は化学繊維の布団?

疑う女性
Pocket

体が痒い原因は乾燥だけではない

冬になると肌が乾燥し、体がかゆいと感じる人は多いと思います。

私自身もそうですが、乾燥肌なので冬になると体中が痒くてかきむしってしまいます。

しかし最近気づいたのですが、体が痒いのは乾燥だけが原因ではありませんでした。

というのも化学繊維の布団や肌着、パジャマが影響していたのです。

石油系の化学繊維に要注意!?

羽毛布団などの天然繊維にアレルギーを持つ人がいます。

ですからアレルギーをもっている人はどちらかというと、化学繊維の布団を使うことを推奨されていました。

しかしながら中には化学繊維に対してアレルギーをもっている人も少なくないのです。

特にポリエステルやレーヨン、ナイロンといった石油が原料の化学繊維に対して、アレルギーをもっている人が多いようです。

というのもこういった石油原料の化学繊維はその生成過程で薬剤が使用されているからです。

もしかしたらこの薬剤に対してアレルギー反応を起こしているのかもしれません。

実際ポリエステルなどの化学繊維で作られた洋服を着て、体が痒くなったという経験があるのではないでしょうか。

私も一時期冬は必ずといってよいほど、ヒートテックの服を着ていました。

そのころは毎日のように体が痒かった記憶があります。

しっかり保湿をしたり、乾燥肌用の石鹸やボディーソープを使っていたのに、体が痒くて仕方がありませんでした。

痒くて体をかきむしるのでひっかき傷ができたり、発疹が出たり、かぶれたり、赤くなったりしていました。

体が乾燥しているので、余計に化学繊維の刺激を受けやすかったのかもしれません。

お肌に優しい天然繊維の布団

このように化学繊維に対してアレルギーをもっている人は意外に多いのではないかと感じています。

そのような人は洋服や肌着はだけでなく、布団に使われている化学繊維にも気を付けなければなりません。

実際、化学繊維の布団を使っている人は多いのではないでしょうか。

化学繊維を使った布団は安価で大量生産が可能、機能も優れているので多くの人が使っていることと思います。

しかしお肌に優しいのは化学繊維よりも天然繊維であるといえるでしょう。

布団に良く使われる天然繊維といえば綿、羊毛、シルク、羽毛でしょうか。

化学繊維の布団を使っていて体が痒いと感じている人は、こういった天然繊維の布団を使ってみるのも良いと思います。

天然繊維を使った布団は化学繊維の布団より高価ですが、側地だけでも綿100の布団に変えたり、あるいはカバーやシーツだけでも綿やシルク100のものに変えてみても良いでしょう。

 

こちらのデイリーサテンの敷き布団カバーは安心の西川製、綿100です。

イージーケア加工によって皺ができにくく、乾燥機対応で縮みにくいという特徴を持っています。

花粉症でベランダに布団が干せないという人や、高層マンションにお住まいで乾燥機が必須という人には有り難いですね。

人気のサテン織で上品な艶となめらかな肌触りがあるのもおすすめポイントです。

ピンクの他にもブルー、グリーン、ホワイト、ベージュなどカラーバリエーションも豊富です。

なお掛け布団カバーはこちらです。

 
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*