快眠できる敷布団の選び方

敷布団
Pocket

快眠に直結する寝具は敷布団

快眠のためにできる方法はいくつかありますが、最も重要でなおかつ手っ取り早いのがどんな寝具を使うかにあります。

良い寝具を使えば、当然快眠できる可能性は高まりますが、人によって最適な寝具は異なるでしょう。

寝具にも敷布団、枕、掛け布団など色々ありますが、快眠に直結するのは一番敷布団が大切であると考えています。

なぜか、敷布団は体にかかる負担を和らげ、無理のない姿勢を作り出す上で重要な役割を担っているからです。

敷き布団に求められる機能

さて、ではどんな機能が敷布団に求められるのでしょうか。

最近は敷布団ではなく、ベッドやマットレスを使っている人も多いでしょう。

しかし、敷布団であっても、マットレスであっても、必要な機能はそれほど変わりません。

理想的な寝姿勢になる

まず、一番大切なのは、理想的な寝姿勢を作り出す敷布団であることが重要です。

人間の体を支えているのは背骨であり、多くの神経が通っている場所でもあります。

この背骨が変な方向に曲がっていたり、圧力がかかっていれば、快眠などできないでしょう。

特に仰向け寝のときで、背骨がS字を描くような寝姿勢になるのが理想的であるといわれています。

背骨は真っすぐ伸びているように見えて、実は緩やかに曲がっていて、ちょうどアルファベットのSのような形になっています。

この背骨がS字である状態が正常であり、背骨にとっても最も負担の少ない形なのです。

そして横向き寝の時は背骨がまっすぐになるように、体を支えてくれる敷布団が理想です。

硬すぎる敷布団もよくない

このような理想的な寝姿勢を作り出すのは、敷布団の絶妙な硬さ、体圧分散性、そして弾力性が必要になってきます。

柔らかくて気持ちが良い敷布団は、腰が沈み込んで、背骨がくの字になってしまうため、背骨や腰に負担がかかります。

ですから硬い布団が良いのですが、ただ硬いだけでもダメなのです。

横向き寝の場合も、硬すぎる敷布団では、肩や腰などの出っ張っている部分が浮き上がってしまい、背骨がまっすぐになりません。

つまり、肩や腰が適度に沈み込むような体圧分散性が求められるというわけです。

体圧分散性に優れていれば、肩や腰など負担のかかりやすい場所を圧迫することがありません。

そのため血流を妨げず、余計な寝返りも増えませんし、血行が良くなって熟睡できるわけです。

適度な弾力性があること

また寝返りを妨げないよう、適度な弾力性があることもポイントです。

いくら体圧を分散して、血行が良くなっても、全く寝返りを打たないというのはよくありません。

適度な寝返りを打つためには、寝返りのしやすさも確保しなければならないのです。

低反発すぎてもダメ、高反発すぎてもダメ、適度な弾力性が重要なのです。

吸放湿性と断熱性も重要

それから、人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくというのは、ご存じでしょう。

このたっぷりかいた汗を素早く吸って、空気中に放湿する、また熱を逃がさない断熱性も必要になってきます。

快眠できる寝具内の環境はある程度決まっていて、温度32,3度、湿度が50%程度といわれています。

人間は背中に良く汗をかきますし、湿気も下の方に向かっていく習性があります。

ですから、理想的な温度と湿度を保つためには、敷布団にも吸放湿性や断熱性が必要というわけです。

敷布団にこうした機能性があると、寝具内の快適さは随分と変わってくるのです。

寝具内が不快であるのは、敷布団が全く汗を吸わなかったり、湿気を逃がす機能がない素材でできているのかもしれません。

また掛け布団をいくら掛けても寒いのは、敷布団の断熱効果がなく、熱が下から逃げている可能性もあります。

手入れのしやすさと耐久性はバランス

これらが、快眠できる敷布団に求められる機能ですが、他にも手入れの楽さなども重要になってきます。

どんなに優秀な機能を持っていても、重すぎては畳んだり、干すのも大変、手入れもおざなりになってしまいます。

ですから敷布団は軽い方が良いのですが、ただ軽いだけでは、耐久性や弾力性に問題があったりします。

重さと寝心地、耐久性など、適度なバランスを持った敷布団を選ぶようにしましょう。

また昨今は畳のない住宅も増え、フローリングに直接敷布団を敷く人も多いのではないでしょうか。

畳であればある程度の湿気を吸ってくれますが、フローリングでは全く湿気を吸ってくれません。

フローリングに敷布団を敷く場合は、このような湿気対策を怠ると結露が発生したり、カビが生えることがあるので注意してください。

敷布団自体の通気性が良いものを選ぶことはもちろん、除湿シートを使うなどして、湿気対策を忘れないようにしましょう。

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*