女性の喫煙は男性以上に注意が必要?

タバコ
Pocket

女性は特に喫煙の影響が深刻

妊娠中のタバコが良くないことはご存じでしょう。

病院にも喫煙のリスクを語ったポスターがでかでかと貼ってあります。

 

しかし妊娠中だけでなく、女性は男性より喫煙による影響が深刻です。

なぜなら男性よりも体に与える悪影響が大きいからです。

妊娠中のタバコが良くない理由

妊娠中は胎児への影響を考えなければなりません。

 

喫煙を続けている女性は低体重の子どもを出産することがよくあります。

これは喫煙によって胎児に十分な栄養が届けられないためで、胎児の成長を妨げるためです。

 

栄養が届けられないということは、発育だけでなく、脳や骨の発達にも影響を及ぼします。

未熟児や知能の未発達な子どもが生まれる危険があるのです。

 

さらに死産の可能性も高めるでしょう。

タバコを吸う量にもよりますが、喫煙者の流産率は非喫煙者の2倍以上とも言われます。

 

仮に少量のタバコなら大丈夫という方もいますが、1日数本でも胎児への影響は深刻です。

また自分が吸っていなくても受動喫煙も喫煙しているのと同じ効果があります。

 

非喫煙者は特にタバコの煙に対する免疫がなく、主流煙よりも有害な副流煙を吸ってしまうと、未熟児や早産、流産の可能性を高めてしまいます。

妊娠中は特に周りの環境にも気を使い、胎児や母体の健康を第一に考えるようにしましょう。

 

女性が禁煙すべき理由

タバコは発がん率を高めるとされますが、特に女性の場合、子宮がんを発症させやすくします。

またタバコのニコチンは血管を収縮させるので、血行不良を引き起こします。

 

その結果、代謝の低下から肌荒れやシミ、皺の原因ともなります。

タバコは口臭や歯槽膿漏、体臭の原因ともなりますから、女性にとって良いことなどありません。

 

タバコを止める人が増えていますが、それでも中々禁煙できないという人も多いのではないでしょうか。

数は減ったものの女性でもタバコを吸う人をたまに見かけます。

 

女性の社会進出が増えている一方、社会で受けるストレスが大きくなっているのかもしれません。

女性の喫煙者はあまり良い印象を受けませんが、男女差別はいけませんね。

 

ただ男性よりも女性の方が喫煙による体への悪影響は大きいことをご理解いただきたいのです。

実はタバコを吸うと女性ホルモンが分解され、分泌される量が低下することが分かっています。

 

女性ホルモンは女性らしい体を作り、美肌や美容を保ち、妊娠、出産に欠かせないホルモンです。

喫煙によって女性ホルモンの分泌量が低下すると、生理不順や更年期、さらには妊娠や出産が出来ない体、つまり不妊になってしまうリスクを高めます。

 

生理が毎月きているから大丈夫と思っていても、無排卵といって妊娠出産が出来ない体になってしまった人はたくさんいるのです。

また女性ホルモンはお肌を女性らしく、やわらかく潤いのある状態に保つ働きもあります。

 

これはエストロゲンの働きによるもので、若々しく美しいお肌を保つには必要なホルモンなのです。

タバコは女性ホルモンの分泌を阻害するばかりか、活性酸素を発生させ、お肌を乾燥させたり、コラーゲン線維を破壊することもあります。

 

タバコは血行不良にもなりやすいので、お肌に栄養を届けることができなくなります。

喫煙者は非喫煙者に比べてお肌の老化が早く、血色が悪く、シミや皺だらけの顔、カサカサと乾燥したお肌になりやすいのです。

 

一方で男性ホルモンの分泌を促進するので、髪の毛が抜けやすくなったりすることもあります。

またタバコは吸っている人だけでなく、周りにいる人にも被害を及ぼします。

 

受動喫煙といいますが、喫煙者でなくても煙を吸っていると、健康な赤ちゃんを産むことができなくなるかもしれません。

受動喫煙によって胎盤の血行が悪くなると、赤ちゃんに十分な栄養が届かず、低体重新生児になったり、早産のリスクも高めます。

 

このように喫煙は病気の発症リスクを高めるだけでなく、美容にも悪いこと、妊娠や出産も阻害してしまうことは理解できるでしょう。

女性は特に禁煙した方が良いといえます。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*